お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2013年12月16日

アニメ「宇宙兄弟 #86 明日のために」生活空間が自分をつくる




先日ブックオフの105円コーナーで
1冊の本を手にとって迷っていました。
買うかどうか・・・

結局、おいてきちゃったけど
まだ迷ってる。

それは、子どもに勉強のやる気を出させるための
部屋の創り方が紹介されている本。
ペラペラめくっていて、
勉強の定位置を決めろ…みたいなことが書いてあって、
うちじゃ難しいかな・・・と置いてきちゃったけど・・・

部屋や住環境が、
そこに住む人の心にどれくらい影響を与えるか?
ということは、いつも意識しています。


アニメ「宇宙兄弟」
第86話、「明日のために」

観ました?最後に2014年映画化決定!

原作者の小山宙哉さんが
オリジナルストーリーを書かれるみたいで、
楽しみですね〜♪


NEEMO訓練中に、シャロンから
月面望遠鏡計画中止の知らせを受けたムッタは、
今は実現不可能なんだと気持ちを切り替えて、
自分が出した月面望遠鏡制作案を取り下げました。

そのかわりに出したムッタの案
『ソーラーミラーシステム』は、
ケンジやバトラー室長、
NASAの幹部たちまでも、驚かせ、話題になっていました。

『ソーラーミラーシステム』とは、
鏡の反射を使って、
窓のない基地に太陽の光を取り入れる、照明装置。

宇宙飛行士が月面生活のほとんどをすごすのは基地の中。
だから、月面でもし節電を余儀なくされた場合、
窓のない月面基地では、部屋も気持ちも暗くなってしまう。

そのことに気付いたムッタは、
『設備を追加するなら中を改善したい』と考えたのでした。

NASAの幹部たちは、
『自分が本当に月面にいるつもりでなければ思いつかないアイデア』
を出したとして、ムッタを高く評価したのです。



今、わたしが住んでいるマンションは、
妻との結婚を前提として
部屋探しをしたときに決めた部屋です。

不動産屋でもいろいろな条件を出して
アレでもないコレでもないと
探しているときに、建設中の新築ということで、
部屋は見れないけど図面だけと
お店のお兄さんが見せてくれた図面…
それにピンと来て選びました。

一応建築中の現場にはいきましたが、
部屋の図面と完成予想図だけでほぼ決めていました。

住む部屋。

部屋を決める時に
どこにこだわるか・・・
それはもちろん人それぞれあると思います。

それがどうであっても、
住んでいる部屋の様相は
住んでいる人の心にも影響を与える。

反対もありますよね。
住んでいる人の気持ちが荒んでいれば、
どんどん部屋が荒れていく…
なんてことはよくある。

でも、反対にちょっと台所を放置してしまうと
もう、洗い物する気がなくなってしまう…
なんてこともあると思うんです。

ほんのちょっとしたことの積み重ねですが、
それが生活の空間、自分の拠点
となると、その影響力はすさまじい。

自分の拠点なんですから、
生きる上での意思決定全てへの
影響をつかさどっている
と思っても悪くないくらいだと思っています。

わたしのマンションは、
外の壁の色や内装の色も
子どもが生まれてくる前に
子どもの精神状態のことまで考えて決めました。

家族みんなが落ち着いて過ごせるように。

車を選ぶ時も、車内の内装は、
子どもの目に入ってくる配色という視点で
選びました。

特別に色彩や色彩心理の勉強をしたわけでは
ありません。

でも、なんとな〜く、
普通に暮らしている中で、
生理的に自分以外の人間も含めて
総合的に落ち着けるだろうなと、
想像できる色にした。

部屋が暗いと気分まで暗くなる…

見過ごしやすいくらい身近なことですが、
自分たちの生活空間を整える、
快適にする
というのは、自分の心の中を
整えて快適にするということと
ほとんど同じ意味だと思います。


              全ての物語のために











ラベル:アニメ 宇宙兄弟 #86 明日のために 生活空間が自分をつくる ブックオフの105円コーナー 勉強のやる気を出させる 部屋の創り方 住環境が 住む人の心に 影響を与える 第86話 2014年映画化決定 月面望遠鏡計画中止 ソーラーミラーシステム 鏡の反射を使って 窓のない基地に太陽の光を取り入れる 照明装置 生活のほとんどをすごす 節電 部屋も気持ちも暗くなってしまう 気付いた 中を改善 自分が本当に いるつもりで アイデア 高く評価した 結婚を前提として 決めた部屋 図面だけ 住む部屋 部屋を決める時 住んでいる部屋の様相 住んでいる人の心にも影響を与える 反対もあり 人の気持ちが荒んでいれば 部屋が荒れていく 台所を放置 洗い物する気がなくなってしまう ほんのちょっとしたことの積み重ね 自分の拠点 影響力はすさまじい 生きる上での意思決定全て 壁の色 内装の色 子どもの精神状態のことまで考えて 家族みんなが落ち着いて過ごせるように 車を選ぶ時 車内の内装 子どもの目に入ってくる配色という視点で 色彩や色彩心理の勉強 勉強をしたわけではありません 普通に暮らしている中で 生理的に 総合的に落ち着けるだろうな 想像できる色にした 見過ごしやすい 身近なこと 生活空間を整える 快適にする 自分の心の中を 整えて快適にする ほとんど同じ意味
posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック