お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2013年12月11日

アニメ「弱虫ペダル #9 全力VS全力」後悔しない生き方のためにたっくさん後悔しよう




「我が生涯に一遍の悔い無し」

正確には覚えてませんが、
わたしが大好きなマンガ「北斗の拳」で、
ケンシロウの兄ラオウが、
ケンシロウに敗れて、
最後に残した一言だったと思います。

後悔しない生き方がしたい。

たぶん、みんなそう思っている。

だからラオウのセリフは、
今でも伝説になっているんだと思います。

悔いを残さないように全力でやる!

何かことにあたるとき、
しっかりと持っておくべき心構えですよね。

でも、何でもかんでも
そんな風に思え!と言われると・・・

なんだかな〜。もっと気楽にいきたいな〜。

と思うのもよ〜くわかります。

絶対に後悔しない生き方ってどんな人生?


爽快純粋自転車アニメ

「弱虫ペダル」

第9話、「全力VS全力」を観ました!

鳴子に背中を押され、
峰ヶ山での山岳賞を取る決意をした坂道くんは、
ケイデンス(ペダルの回転数)を最大にまで上げて
トップの今泉に並びました。

必死に食らいつく坂道くんを、
今泉も全力で引き離そうとします。

山頂までのラストスパート。
坂道くんは、鳴子から教えてもらった秘策をひっさげて
全力で今泉に、そして山頂へと挑んでいきます。


感動的な全力スポコンアニメ。

観ていて涙が出ました。

歩けなくなるほど全力を出して
山頂まで登った坂道くん。

しかし山は登ったら降りなければならない。
ゴールはまだその先です。

ゴール前のラストスパートは、
今泉と鳴子の全力対決になりました。

レース終了後、坂道くんは今泉と鳴子の様子をみて
自分の中に湧き上がるものを感じていました。

今泉くんも鳴子くんもスゴイ・・・
自分の全力は・・・あんなのはまだまだ全力じゃないんだ・・・


坂道くんは自転車レースのド素人です。
それでも全力で山を登りきりました。

しかし、坂道くんの中では、
まだやれたんじゃないか?

と悔しさがこみ上げているようです。

まだやれたんじゃないか?

・・・後悔です。後のまつり・・・


後悔しない生き方、悔いの残らない生き方
とは、

本当に死ぬ瞬間にどう感じるか?


ということだと思います。

それまでの通過点で、後悔しないように生きる。
ということとは違うのではないでしょうか?

もちろん、何事も悔いなくできれば言うことはありません。

でも、そうじゃなくて、
後悔しない最後を迎えるためには、
生きているうちに
たくさんの後悔をしなきゃいけないんじゃないか・・・?

と思うのです。

だって、後で振り返ったときに、
軽く「もっとこうしとけば良かったな」と
反省するよりも、

後悔すれば、「悔しい!!」
「次こそは!!」

って、心の底から感じられると思うからです。

後悔するから、次はもっと力を出そうとする。

坂道くんが
自分を振り返って
全力なんていったらダメなんだ・・・
という思いは、
「なんであのときもっとやろうとしなかったんだ!?」
という後悔と同じです。

だから、闘志が湧いてくる。

「次こそは!」って。


全力でやったはずなのに全力じゃなかった・・・
もっとやりようがあった・・・

満足できない。後に残る悔しさ。


それは次に更なる全力を出すための起爆剤。

何度も全力で後悔しながらつくられる人生が、
「生涯に一遍の悔いなし!」といえる人生なんじゃないかな。

失敗を恐れず、後悔することを恐れず
全力でぶつかりましょう!!

めいっぱい後悔すれば、次はもっとできるから!


                  全ての物語のために











posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。