お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2013年12月08日

ドラマ「安藤ロイド #8」その2 エンターテインメントの楽しみ方




この「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」
では、いわゆる”文芸作品”は、
できるだけ取り上げないようにしています。

いい映画を観なさい。
いい文学に触れなさい。
いい芸術に触れなさい。

というとき、大体が徳の高い、
文学作品や文芸映画を念頭において言われます。

わたしはそういう状況が嫌いでした。

確かに、いい映画はいいですよ。

でも、いわゆるエンターテインメント作品が
劣っているのか・・・というと、
決してそうではありません。

そのことを伝えたくて、こういう活動をしているともいえます。
だから、できるだけ
エンターテインメント作品を取り上げるようにしています。

要は、どれだけ感動できるか・・・

なんですから。

ところが、文芸的なものより
エンターテインメントを好んで見るような人たちが、
実はもったいない見方をしていることが
多いように感じるのも事実なんです。


前回同様、視聴率で苦戦中、
賛否両論ある実験ドラマ

「安堂ロイド」

第8話です。


麻陽(柴咲コウ)とのこれまでの記憶を失ったロイド(木村拓哉)

ロイドの記憶を取り戻すために協力する
星(桐谷健太)と刑事の葦母(遠藤憲一)。

黎士と同じ科学者である七瀬(大島優子)の
多重人確の発露・・・

サプリやロイドの感情と記憶。



何度も言いますが、
回を増すごとに盛り上がっていく
見事なエンターテインメント作品です。


でも、「なにが見事なの?」
と思う人も多い作品。

ストーリーや設定、演出は突っ込みどころ満載。
話のスケールに追いつけないテレビドラマの映像。

などなど・・・

たしかにそうですよ。
緻密なストーリーというわけではない、
どちらかというと大振り。

演出も、悪いヤツがなぜか優位に立つと
銃を構えてももったいぶって撃たない。

でも、このドラマで表現したいのは
そういうことじゃないと思うんです。

表現しているのは、時空を超えたロマンス。

それ以外は、可能な範囲で説得力を持たせる。
格闘シーンにしてもCG、VFXにしてもそうですよね。
妥協という意味ではなくて、
「少し無理して」頑張っている。
でも、もともと壮大な話だから
追いつかない部分はチープに見えるだけ。


わたしは被り物のキャラクターが
活躍する子供向けの舞台以降は、
演劇にしばらく縁がありませんでした。

学生の頃に映画を撮るようになって、
演劇部の役者さんたちに出演をお願いするようになってから、
彼らの舞台を見に行くようになりました。

映画の見方はわかるけど、演劇の見方がわからない。

どう楽しんでいいのかがわからない。
そんな状態で観始めたのですが、
観ていると徐々にわかってくる。

そのときに、モノには楽しみ方というものがあるんだ
ということに気付きました。

その作品が自分を楽しませてくれるのではない、
自分が楽しもうとしているかどうか・・・

実はその十数年前に映画ファンとしては
あるまじき体験をしていたんです。

映画好きなのに「レオン」を見てないなんて信じられない!

誰も彼もが名作だと絶賛する「レオン」

たまたま、縁が無くて見れていませんでした。


もう、誰もがあそこまで言うのだから、
さぞ面白いのだろう。

二つ年下の妹と2人、
ワクワクしながらレンタルしてきて鑑賞しました。

観終わって、妹と顔を見合わせました。

・・・?

2人とも同じ感想でした。
「そんなに・・・面白かった??」

つまり、期待値が大きすぎたんですね。

真保裕一さんの小説「ホワイトアウト」を徹夜で読み終えた朝、
織田裕二さん主演映画「ホワイトアウト」の公開日でした。

もう、小説で興奮したまま、しかも徹夜明けですから、
イメージはもう壮大なわけです。

結果がどうなるかわかりますよね?

「レオン」も「ホワイトアウト」も良く出来た映画です。
数年後にニュートラルな気持ちで見始めたら
本当に面白かった。

そういう経験から、
たいがいの作品で「つまらない」とは思わないようになりました。

どこを見れば面白いのか?

を探して面白がるようにしているから。


好みは色々あると思います。
エンターテインメントの楽しみ方なんて人それぞれ、
もちろん自由です。

でも、自由だから楽しみを味わい損なうのはもったいない。

本当はちょっと視点を変えるだけで味わえるような
喜びがあるのに、それをミスミス見逃している
・・・なんてのは、もったいないですね。

わたしの個人的な意見ですよ、もちろん。
あなたはどう思いますか?




                全ての物語のために











posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。