お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2013年11月09日

アニメ「宇宙兄弟 #80 秘密」叶った夢に感謝を




小学3年生のわたしの息子は一人っ子です。
いっちょまえに口答えをしてきます。

わたしのしつけの下手さを
棚にあげてしまうわけではないですが、
一人っ子特有の我がままさも出てきているようです。

かと思うと、とてもナイーブな面もあり、
両親の機嫌というか、空気を読んで彼なりに
いろいろと気を使っている部分も見え隠れします。

息子が学校の友達と公園で遊ぶ姿を
眺める機会がありました。

あまりすばしっこくはない・・・
どちらかと言えばドンくさい彼は、
それでもみんなと対等な立場を貫こうとしています。

友達から見ると、逃げてばかりのクセに
言うことだけは言うヤツ・・・

みたいに、よくは思われないだろうなと心配する
言動もたまに垣間見えます。

まあ、彼の周りへの気の使い方を見ていると、
もう少し成長して、自分を客観的に見れるようになれば、
周りから自分がどう見えるかという感覚は、
人並み以上に持つでしょうから、
今はそのままぶつかっていけと、
おおらかに見守っています。



DVDをコンプリートしたいなと思うほど大好きなアニメ、

宇宙兄弟

第80話「秘密」を見ました。


月面バギー開発で見事成果を出すことができたムッタは、
先輩宇宙飛行士・ビンスに連れられ、
新たな訓練の説明会場へ向かいました。

会場に入ると、すでにケンジや新田など、
何人もの飛行士たちが集まっていました。

12名の飛行士たちが揃ったところで、
バトラー室長から訓練内容が明かされます。

ムッタたちは数日後からの約2週間、
NEEMO(ニーモ)という海底(水深20メートル)に設置された、
仮想月面基地で実践訓練をするととになりました。

そこでのシミュレーション生活は死の危険も伴うとのこと。
それでも、地球上で最も月面を再現できるため、
ムッタにとっては憧れの訓練です。

NEEMOまで、あと2日。
ムッタははロシアから帰国したヒビトと、
朝食を食べながら近況報告をしていました。
「やっと自分も月へ行くための第一段階に立てた」
と喜ぶムッタを前に、ヒビトの顔は今ひとつ晴れやかではありません。

その様子にムッタは怪しみますが、まさかヒビトがパニック障害で、
さらには安全スーパーバイザーに任命されたことなど、思いつきもしません。
ヒビトも、このことはムッタには隠し通すつもりのようです。

そしていよいよ・・・。
ムッタはケンジらと共に、2週間の月面シミュレーション生活へと突入します。

一方、ヒビトは・・・
安全スーパーバイザーに着任し、
与えられた立派なデスクを前に、暗澹たる思いでいました。

『一人でもリハビリ訓練をしないと…』
ヒビトが思案を巡らせていた丁度その時、
ローリーが台車を押して入ってきます。
「なんか君宛にものすごい荷物が届いたよ?」
大きなダンボールがあり、送付状はロシアからのもの。
イヴァンが、ヒビトのために集めたコスプレ訓練グッズ一式です。

決意の表情でヘルメットを手に取るヒビト。
「なあ、ローリー…。秘密、守れるか?」
ヒビトは、ローリーも巻き込み、
現状を打破するため秘密の訓練を決行するつもりのようです。


月面シュミレーション生活へ出発する日、
ムッタはケンジの家を訪れていました。

「じゃあ、行ってくるよ」と家族に伝えるケンジに、
ケンジの娘がしがみ付いてきます。

訓練へ向かう車の中、
ケンジの娘の話題で盛り上がるムッタとケンジ。

成長して以前のように「頑張って!」を「カペ!」とは
言わなくなったケンジの娘。
それを少し寂しく思うムッタでしたが、
ケンジ自身は、娘と色々な話が出来るようになってきたこと自体に
喜びを感じているようでした。



妻のお腹が大きかった頃、超音波写真で、
初めてその姿を見た日から、
息子と男同士の会話をする日がくるのを
楽しみにしていました。

今、わたしはあのころ描いた夢の生活をしています。

子どもをつくらない”主義”という夫婦も多い今日、
その主義に対してわたしがどうこう言うことはありませんが、
人として生まれた者として、
このかけがえのない奇跡への、
表しようのない感謝の思いは、できるだけ感じて欲しいと思います。

だって、その夢を叶えられず、命を落とした人もいる。
生きていても、どうしてもその夢を叶えられない人もいる。

それを考えると、やはり奇跡です。


子育てというのは、子どもの成長の早さに振り回されて、
目まぐるしく日々が過ぎていきます。

それだけに、日々変わっていく子どもの様子を見ると、
一瞬で過ぎ去っていく”今”の尊さを感じずにはいられません。


いっちょまえに口ごたえをするほど、
元気に育ってくれている彼を見ていられる奇跡。

反抗期には、取っ組み合いをする日がくるのでしょうか?
精一杯ぶつからせられるように、
心身ともに強い父親になって、その時もその一瞬を
感謝しながら味わいたいと思います。

息子が元気に反抗期を迎えられますように。
わたしや妻が、健康で元気にその日を迎えられますように。



                     全ての物語のために










posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | TrackBack(1) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

◎宇宙兄弟#80『秘密』
Excerpt: |イヴァ>なぜヒビチョフが帰らねばならんのだ|ヒ:明日には帰れってさ|イ>復帰することだけ考えるんだ|自分ひとりでだって克服するしかねえ|オリ)じゃあね|パニック障害を治した...
Weblog: ぺろぺろキャンディー
Tracked: 2014-07-09 23:48
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。