お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2013年10月31日

ドラマ「HOMELAND(ホームランド)#5 死角」愛を行動でどう表現する?



あなたが男性なら
好きな女性にアプローチするとき、
どうしますか?

プレゼントを贈る?

モノを送らなくても、
態度で示すとなると、優しくするとか、
重い物をもってあげるとか…

そういうことを思い浮かべますよね。

あなたが女性ならどうでしょうか?

2年ほど前、私の妻が、
バレンタインの日に、わたしが以前から欲しかった
スリープトラッカーという時計を
プレゼントしてくれて、
驚きと一緒に飛び上がって喜んだことがあります。

相手に対する想いを行動で示すというと、
なにか献身的なことを思い浮かべます。


TBS系列で深夜に放送されているアメリカのドラマ

HOMELAND(ホームランド)

第5話を観ました。


アフガニスタンのアルカイダの基地から
ブロディが救出されたときに、
1人だけ生き残っていたテロリストがいました。

彼の名はハミド。

そのハミドの身柄が確保されたという情報がキャリーと
キャリーの恩師ソールに届きます。

CIA副長官エスティースはハミドの尋問を2人に担当させました。

そこにはブロディを立ち会わせて反応を見ることになるのですが、
ブロディがスパイだという疑いに固執するキャリーは猛反対します。
そんなことをしたらこちらの事が奴らに筒抜けになる!

尋問では、かつて自分に残酷な拷問を行ったハミドに
怒りをあらわにするブロディ。

最終的に、キャリーたちは
ハミドから仲間の名前とメールアドレスを聞き出すのですが…。



今回とても感動的にショックを受けたのは、
ブロディの妻ジェシカの振る舞いです。


CIAに呼ばれたというブロディを心配する妻ジェシカ。
CIAでハミドの尋問に協力をして帰ってきたブロディは
ひとりテラスで物思いにふけっていました。

帰った時ジェシカは在宅ではなかったようです。

そこへ戻ってくるジェシカ。

気配に気づいたブロディが反応すると
考えごとの邪魔をしたことを謝るように
「ごめんおどろかせちゃった?」と声をかけます。

どこへ行っていたんだ?と尋ねるブロディに、
ジェシカはショートヘアを見せて、
今朝まで髪があったあたりを手で仰いで見せました。

「髪を切ったのか?…とてもいいよ」と言うブロディに
ジェシカは答えました。

「教会へ一緒に行ってくれたお礼をしたいと思ってたのよ…」


家族と共に教会に行ってくれた…
ということのお礼が、
自分のヘアスタイルを変えて見せること…


この感覚にハッとさせられました。

なんてステキな感受性、そして関係性。


あなたは奥様にお礼の気持として、
いつもはしないオシャレをして見せるという感覚がありますか?

わたしにはありませんでした。

「君のために、ちょっとカッコよくなって見せたよ」

なんて、言えない…

ジェシカも「どう?」とききはしましたが、
あなたのためにキレイになったよとは、もちろん言いません。

しかし、少しでも素敵になろうとした。。。
ということ??

日本人が普通にやると「はあ?」って言われそうですよね。
「なんだ自分がカッコイイと思ってるのか?」みたいな…
あるいは、そう思われるんじゃないかと思ってしまう自分・・・みたいな。

この違いはなんだろう…


ジェシカがナルシストだったという話ではありませんよ。


もっと深い。

ちゃんと愛されていることを認めています。
あなたの愛を受け入れています。

という心の下地がある。
相手の自分への愛を喜び、感謝するだけじゃなくて、
敬っている。
そして相手が自分の愛を受け入れてくれていることを
信頼している。

あなたに愛されている私が
私をより魅力的にすること(そうなろうと努力すること)で、
あなたへのお返しになる。

こんな感じでしょうか?

きっと、日本人特有の「殻」を破った先にある感覚。
そんな気がします。

ヤバい…
こんな夫婦になりたい…

なんて、マジで憧れました。


            全ての物語のために













posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック