お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2013年09月13日

アニメ「宇宙兄弟 #72 日々人の障害」悩みを引き出すキーワード




小学3年生のわたしの息子は、
一見能天気に見えます。
基本的には明るい。
まっすぐ育っています。

しかし、それに安心して油断していると、
独りで悩みやつらかったことを抱えているときがあります。

今のところはタイミングを見て、
親に話してくれます。

お風呂に入っているときや、
2人で遊んでいるときなど。
妻と2人のときもそうみたいです。

しかし、このタイミングを見て、
というところにヘンに大人びたものを感じます。
周囲を自分なりに観ている。

もう少しで第二次反抗期。

思春期に向かって、心がより複雑に
成長していきます。

親としてやれるだけの準備はしておきたいと思います。



久しぶりにこのストセラで、アニメ「宇宙兄弟」の話題です。
第72話、「日々人の障害」


ヒビトは月での遭難が原因で、
パニック障害になってしまいました。

日本に帰った時に、シャロンにだけは話していたのです。

「船外活動ができないうちは、
月ミッションへの参加はできない…
治るかどうか、わからない…」

重い口調で話すヒビトに、シャロンは微笑みました。

「治るわよ。ヒビトなんだから」

心を少し軽くしたヒビト。

実は治療のために、ムッタや家族には内緒で、
単身ロシアへ旅立とうとしていました。

その頃、ムッタとNASAの技術者たちは、
月面ローバーの改良案について相談していました。

月でのハンドリングやブレーキを改善するためには、
浮かないように車体を重くするしかありません。

しかし月へ物を送るには、重さによって
何百億円もの大金がかかるというのです。

現実的には不可能な案しか出ない中、
ムッタには閃くものがありました。

「解決できるかもしれない案を、思いついた…かもしれない」

そういったムッタは、以前勤めていた、
ミラクルカーコーポレーションに電話をかけました。

昔自分が企画した『飛行自動車』と
『フロントガラス』の設計を思い出し、
ローバーの改良に使えると考えたのです。

話しをしていると、電話は元同僚から
ムッタをクビにした張本人・間寺役員に代わりました。

間寺の要件は、娘が新田のファンなので、
サインが欲しいということ。

間寺の態度を察したムッタは、これをチャンスだと思い、
すかさず協力を求めるのでした。

「車のプロの実力をぜひ、宇宙で役立てたいんです!」

間寺は職場のデスクを
車のコクピット仕立てにするほどの車好きです。

ムッタの言葉に気をよくした間寺は、
NASAのローバー開発に、格安で協力することを約束するのでした。

さらにJAXAの星加とも連絡を取ったムッタは、
具体的な改良案を完成させ、
ついにプレゼンテーションまでこぎつけます。

もしもこの改良案が実現可能と判断されれば、
今度こそムッタにも月への訓練に参加できるかもしれない。

期待を膨らませバトラー室長らを待つムッタたち。
その手には、ダンボールで作られたローバーの模型がありました…。




わたしは、息子や妻の話を引き出せる人間になりたい。

職場でも、部下や同僚たちの話を聴きたいと思っています。

しかし、息子が「あのね…」と話し始めるまで
実は悩んでいたんだということに気づかない。

そういうときは、
まだまだだなあと反省します。


ヒビトははじめからシャロンに障害のことを
打ち明けられたわけではありませんでした。

ヒビトがプレゼントした鍵盤を楽しそうに
演奏しているシャロンを見ながら

「言えるわけないよな…」

と思っていたヒビトでしたが、
シャロンがそんなヒビトの様子に気づいたのです。

「話したいことがあるんじゃないの?」

その一言が、ヒビトの口を開かせる鍵になりまいた。


実際に職場でも辛そうにしている人や、
辛いはずなのに元気にふるまっているな〜
と感じる人に、

「最近どう?」と声をかけて、
近況を聞き出すと、
やっぱそれ大変だろう!
と思う状況になっていたりします。

「大変だよね。よければ話を聞かせてよ」

というと、怒涛のように話してくれることがあります。


わたしの息子は基本元気で、
独りで楽しそうに遊んでいたりします。

無邪気な子供だな〜とほほえましく思ってしまうのですが、
それは親が見たい子供の姿なのかもしれません。

無邪気に遊んでいた後に2人でお風呂に入って、
無邪気に体の洗いっこをして、
わたしが髭剃りを始めると、
「今日ね…」と、普通のノリで
学校であったことを話し始めました。

「え?」と思って振り返ると、
もう、顔が崩れていました。

「それは嫌な思いしたねぇ」としゃがみ込むと
もう泣き崩れました。

びっくりしました。

こんな想いを秘めたまま話すタイミングを
待っていたんですね。

話してくれてよかった。


なんでも話せる親でいたい。
日々これ勉強!!

しっかりと息子を見ていたいと思います。



                全ての物語のために












posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(2) | TrackBack(1) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すてきなブログですね、読ませていただき
ありがとうございます。
また来ます。
Posted by 遊びに来ました at 2013年09月17日 23:06
>遊びに来ました さん
ありがとうございます。
ぜひ、また来てくださいね!
Posted by ストーリーセラピスト at 2013年09月18日 16:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

◎宇宙兄弟#72『日々人の障害』
Excerpt: b>体調はどうだヒビトヒビ:ばっちしだよ.b>まあ気楽にやろうぜ:今回に限っては普段と間逆のことをいうぞ、宇宙だと思うな、ただのプールだOK:プールに降ろすぞ}ストップ!中...
Weblog: ぺろぺろキャンディー
Tracked: 2014-06-04 19:14
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。