お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2013年09月03日

ドラマ「半沢直樹 #7」 世間の常識非常識




世の中そんなに甘くない!

このストーリーセラピーではときどき取り上げる言葉です。
そしてわたしはよく反論します。

世の中そんなに甘くないって言いながら、
夢をあきらめて幸せになれるほど人生は甘くない!

これは、好きなことや夢を追いたい人に対して
「バカなこと言ってないでマトモな職につけ!」なんて
無責任なことを言うジョーシキ人たちへのわたしの反論です。

しかし、夢や希望だけに限りません・・・

正しい行い、正しい仕事の仕方、
そういうことにも言えることです。

組織のなかであたりまえのこと、まっとうなことをしようとすると、
「世の中そんな奇麗事では回らない、
青臭いことを言っていないで上司の言うことを聞いていなさい」
というメッセージがそこかしこから聞こえてきます。

でも、そんな行いが経済の破綻を生んできたんじゃいですかね。
突き詰めれば。



ドラマ「半沢直樹」 第7話を観ました。


金融庁検査への対応と伊勢島ホテルの経営再建という、
2つの大きな課題を突きつけられた半沢直樹(堺雅人)。

「おひさしぶりね♪」と金融庁検査を先頭で率いるのは、
大阪西支店へ国税局査察部統括官として査察に入り、
半沢と真っ向からぶつかり合った黒崎(片岡愛之助)でした。

黒崎は国税局から金融庁に戻り、
東京中央銀行に対する検査の主任検査官になっているのでした。

半沢は、伊勢島ホテルが200億円の融資を得るために、
資金運用による損失の事実を隠ぺいする工作を行ったことを突き止め、
その黒幕を探し始めます。

同時に伊勢島ホテルを救い、東京中央銀行が金融庁検査で
巨額の引当金を積むことを避けるために、伊勢島ホテルの
聖域とも言われる領域に手を付けることを湯浅社長(駿河太郎)に進言しました。

それは湯浅社長自身も応援したい前社長、
つまり湯浅の父の夢を潰すことを意味していました。

そしてそのためには、湯浅社長と対立する羽根専務(倍賞美津子)の圧力をかわし、
羽根を新社長に据えようと画策するある人物と闘う必要があったのです。



羽根専務とある人物、そしてその下で指示を受けて
うごめいている人たち・・・

面の皮が厚いとはこういうことを言うのでしょうか?

本音と建前をあからさまに使い分ける大人。


さすがに、ドラマや映画に登場するほどずるがしこい人に
出会ったことはありませんが、
責任逃れの連鎖を見ることは多々ありました。

当たり前のことが当たり前に行われない。
当たり前を貫こうとすると、
とんでもなく沢山の障壁が存在する…

会社組織が大きくなればなるほどそうなのでしょうか?


そんな世の中でもやはり希望はあると思います。

「半沢直樹」がヒットしていることが何よりの証拠。

みんなホントは正しく在りたいんですよね。

第7話でも半沢の親友、近藤が出向先のワタミ電機で
気迫を見せてくれました。

赤字決済を隠していた社長に直に言い寄っていました。
「本気でこの会社を立て直す気構えがありますか?」と。

下から上にもの申すと、
上司によってはもみ消したり、はぐらかしたり、怒ったり…
まともに取り合ってくれない場合があります。

そういうことが続くと、
世の中ってそういうものなのかな…

って思ってしまうかも知れません。

でも、社会全部がそうではありません。

わたしはいくつかの転職を経験してきましたが、
結局は社内文化であったり、部署内文化であったり…
しょせんは小さな世界の話です。

もっと大きな目で見ると、
やはり当たり前のことを当たり前にできることが
信頼関係を生み、そこからビジネスも社会も動いています。


正義を行う人が主人公の物語がヒットする。
みんなが望んでいることが正義だからですよね。
そんな社会に希望は常にあると思います。



               全ての物語のために










posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。