お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2013年08月23日

「天地明察」命を使うために頬の筋肉を鍛える




20年くらい前だったと思います。
SMAPの中居正広さんの笑顔を見ていて、
ジャッキー・チェンと手塚治虫の笑顔がオーバーラップしたことがあります。

中居_1~1.JPGjackie.jpgosamusi.jpg


楽しいから笑っているんじゃない。
もっと、心の奥底から来る、誰にも壊すことが出来ないほどの
強さを秘めた、本物の笑顔・・・

そんな共通したイメージを感じたんですね。

一生懸命に工作をしたり、
カードゲーム用のカードを両手に持って
「カメハメ波〜!ドカ〜ン」と言いながら
戦いゴッコを繰り広げている息子を見ていると、
納得できます。

このまま、この子がいま感じているモノを大切に
大人になっていくことができれば、あの笑顔を引き出せるんだろうな・・・



以前から見たかった映画、「天地明察」をやっと観ました。

冲方 丁(うぶかた とう)さんという作家の小説
「天地明察」を映画化した作品です。

冲方 丁さんは、
若者向けのライトノベルから、アニメの原作、
SF小説、文学作品まで手がける若い作家さんです。

物語のつくり方の書籍もいくつか出されている方で、
物語の構造を研究していたころに冲方 丁さんの名前を知りました。


「天地明察」という物語は小説が書店にならんで、
本屋大賞などを受賞して話題になっているころから
ずっと映画を楽しみにしていました。



江戸時代前期。
安井算哲(岡田准一)は将軍に囲碁を教える碁打ちでした。

星の観測と算術の問いを解くことが大好きで、
あまりにも熱中しすぎて周囲が見えなくなることもしばしば。

算哲はあらかじめ勝敗が決まっていて、
形ばかりの勝負となった囲碁に次第に疑問を抱き、
真剣勝負の場に身を置きたいとの願いを持っていました。

そんな算哲を、将軍・徳川家綱の後見人である
会津藩主・保科正之(松本幸四郎)は、暦の誤りを正す任に抜擢します。

800年にもおよび使われてきた中国・唐の時代の暦に
ズレが生じてきたため新しい暦を作るというこの計画には、
星や太陽の観測をもとに膨大な計算を必要とします。

さらに、本来なら朝廷の司る改暦に幕府が口を出すということは
朝廷の聖域への介入という問題をはらんでいました。

算哲は師や友人、算哲を慕いやがて妻となったえん(宮崎あおい)や、
彼のよき理解者であった水戸光圀(中井貴一)らに支えられながら、
この難関に誠実に取り組んでいきます…。



岡田准一さん演じる算哲が、星の謎に思いをめぐらせているとき、
算術の問題を解いているとき、
まわりも見えないくらい夢中になっているんですね。

その様子が魅力的で、自然と応援したくなっちゃう。

まさに目をキラキラさせている子どものような笑顔で
問題を解いているんです。

岡田准一さん自身の魅力による部分も多いのでしょうが、
算哲が問題に挑んでいるときの笑顔はとても魅力的です。

頬の筋肉がつかめそうなくらいに上に上がっている。

幸せそうに仕事をする人と、苦しそうに仕事をする人なら
絶対に幸せそうにする人に頼みたいですよね。

しかも、仕事をたのむ頼まないとは違う次元で、
とにかく応援してあげたくなる。


算哲は夢中ですが、決して楽して好き勝手なことばかり
しているわけではありません。

国の人々の生活のために、自分の命まで架けて、
自分の研究に挑んでいきます。


算哲の師匠が少年のころの算哲に言います。
「思いのままに生きろ」

「七つの会議」というドラマを見ていて思いました。
あのドラマに共感をする人は多い。

でもあのドラマは、生活(命)を「守る」ために、
会社にしがみついて命をすり減らす人々の物語でした。

最後は、会社に残った人たちが命を「守る」から
命を「使う」に生きる姿勢が変わっていったドラマとも言えます。

「天地明察」の安井算哲は、命を「使う」って
こういうことだよ!!

というのを、喜びいっぱいに見せてくれた気がします。


♪笑顔でいりゃいい事、あると思えたら〜♪
♪それがいい事の〜、序章です♪
(※by MR.CHILDREN)


算哲みたいな笑顔で生きていれば、
「引き寄せの法則」でチャンスはいっぱいよってくるでしょう。

あの笑顔を創るためには、
スマホばかりいじって仏頂面でうつむいていないで、
頬の筋肉を鍛えないといけないですよね。

ほっぺのリハビリ。ほっぺの筋トレ。(笑)


笑顔で世の中を見渡さなきゃ。



                    全ての物語のために











posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。