お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2013年08月15日

ドラマ「スターマン この星の恋 #3」これもひとつの愛です!





愛とは相手の幸せを望むこと・・・

だとしたら、どんなに言いたいことを言える仲が理想的とはいえ、
ケンカして罵り合うのって、やっぱりどこか寂しいですよね。

罵りあうってことは、傷つけあうってことですから。

自分が何か言われて傷つけられたら、
じゃあ!アンタは!って、どうにかしてもっと傷つけようとする。
それが罵り合うという行為でしょう?



どんどん後回しにしちゃっていたら、
もう第6話まで進んでしまったフジテレビのドラマ。

スターマン この星の恋」の第3話を

今更ながら取り上げさせてもらいます。



宇野家に突如現れ、星男(福士蒼汰)を殴りつけたミチル(木南晴夏)に、
あ然となる佐和子(広末涼子)たち。。。

高そうな車に乗ったり大きなサングラスをかけたりと
派手な私生活が垣間見えるミチルは、
東京から星男を追って来た“元カノ”らしいのです。

星尾に向かって「いい加減にしなさいよ達也!」と怒鳴るミチル。
これ以上嘘をつき通せないと観念した佐和子は、
星男をだましていたことを早くも白状してしまいます。

状況がつかめず混乱する星男は、
記憶を失う前の自分が“達也”という名前で、
絶望するほどひどい男だったという過去を知りショックを受けます。

星男はミチルが東京に連れて帰ることになり、佐和子は落ち込みました。
佐和子の息子達、特に星男に反発していたはずの長男の大も、
どこか寂しげな様子でした。

それでも職場では気丈に働く佐和子。
惣菜売り場の同僚・重田(國村隼)は40年前にこの町に移り住み、
瀕死の自分を助けてくれた娘と結婚した事実を佐和子に話します。

それをなぜか興味津々で話しを聞く祥子(有村架純)。
同僚たちは佐和子の急展開すぎる恋の終わりにもちろん驚きを隠せません。

しかしそこに星男が戻ってきます。
佐和子との幸せな生活を聞いたミチルが、
「夢見る年増女におとぎ話をプレゼントしてやる」と星男を帰してくれたのでした。

真実を知ってもなお「佐和と一緒にいたい」という星男と
また共に暮らすことを決めた佐和子は、職場のメンバーに星男を紹介しました。
佐和子と一緒に帰宅した星男に、美代(吉行和子)や息子たちは大喜び。

その夜、「本当の俺は、最低な男だったみたいで…」と
過去の記憶が蘇ることへの恐れを打ち明ける星男を
「私があなたを守る。思い出したとしても元には戻さない」と佐和子はやさしくなだめました。
そして・・・星空の下、2人は初めてのキスを交わすのでした。

ところが、そんなときにまた、とんでもない事態が発生します。

佐和子の親友・節(小池栄子)が営むスナック「スター」に、
家族を捨て音信不通だった佐和子の夫・宇野光一(安田顕)が姿を現します。

その騒動のさなか「スター」に運転を誤ったトラックが
猛スピードで突っ込んで来るのですが突然のことにすっかり取り乱し、
逃げることもできない佐和子たちを助けたのは星男でした。
猛然と店を飛び出し、激突する直前だった車を素手で止めてしまったのです。
全員信じられない光景に絶句します。

一方、自分のとてつもないパワーに戸惑うばかりの星男に、
疑念を抱いた佐和子は、「星男……もしかして」とつぶやくのでした…。




ちょっと心を打たれたのは、星男とミチルがレストランで
向き合っているシーンです。

最初は星男が演技をしているものと思っていたミチルは、
どうやら本当に記憶を失っているらしいとわかり、
ろくでもない過去を思い出すより、今のほうが幸せかもと、
星男を佐和子のところに返そうと思うのでした。

何があったのかは分かりませんが、
良くは無かった過去・・・

ミチルにとっても星男(達也)が必要だったから
探していたのでしょうが、
自分の都合よりも、星男(達也)の幸せの方を大切にしたんですね。

その後東京に戻ったミチルは誰かに連絡していました。
そして達也は見つからなかったと嘘の報告をしたのです。


これは、もう愛ですよね。

求める愛ではなくて、穏やかに、相手の幸せを大切にできる心。


ろくでなしの人生を生きている人間にも、
そういう心はある・・・

そういえば垣根涼介さんの小説「人生教習所」も
そんなことを考える物語でした。


あなたが幸せなら、それでいい。

穏やかにそう思えたら、なんか自分を褒めてやってもいい気がします。



全ての物語のために








posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。