お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2013年08月03日

ドラマ「救命病棟24時 第5シリーズ #4」言葉よりも万能な表現力とは?





「おまえは、感情をあまり表にださないタイプだよな」

よくそう言われます。


十代後半ハタチ前後のころ・・・

思いを言葉にしたとたん、
言葉に込めた思いが伝わらないというもどかしさに
とても苦しんだ次期がありました。

単純にボキャブラリーの問題だけではなく、
自分が言葉で表したときにチープになってしまうというジレンマと、
そもそも言葉に対する受け取り側の定義が自分とズレている
というジレンマ。

ダブルのジレンマによる身もだえ・・・
みたいな感じ。
最近は、もう「そういうもんだ」とあきらめていました。
でも、その先があるんですね。

気付くって感動的。

この感じ、「分かる分かる!」といってくださる人も多いと思います。





フジテレビの人気ドラマシリーズ「救命病棟24時」
第5シリーズ 第4話を見ました。


救急搬送された患者、岩渕達也(森下亮)から、
安藤(児嶋一哉)が気管挿管時に歯を折られたとクレームをつけられたとのことで、
小島楓(松嶋菜々子)が杉吉康弘センター長(手塚とおる)に呼び出されました。

杉吉は病院に非がないという前提で、上手く謝罪し事態をおさめるよう指示します。
楓は詳しい話を聞こうと安藤を探しますが、行方不明。

結局、安藤の話が聞けなかった楓は、
桜庭睦子看護師長(安寿ミラ)と一緒に達也と対面することに。。。

しかし、達也はすでに弁護士と相談しているらしく、
自分の歯を折った麻酔医としか話をしないと息巻き出て行くだけでした。

その後も安藤は手術などの時には姿を見せても、楓が話をしようとすると、
逃げるようにどこかへ行ってしまいます。
そんな楓に安藤の恋人でもあるナースの中澤千秋(山田真歩)が
安藤は誤解されやすいが悪いドクターではないと訴えました。

「誤解」という言葉に何かひらめいた楓は慌てて何かを確かめようとしている様子。

そんなとき、救命センターに、サンバカーニバルの衣装を身に着けた
ブラジル人たちが押し寄せてきます。
カーニバルの練習中に仲間が倒れて搬送されたからでした。

肝心の患者とは言葉が通じず、困惑するナースや医師たち。

しかし、その様子を見ていた安藤が自ら患者に接近し、
言葉の壁を克服して体の具合を伝えてもらうことに成功します。

安藤はその患者とどんどん親しくなっていくのでした。



もともと、安藤は他のスタッフと接するときは、
余計なことを言わないようにしているのか、
特別口数の多いほうではありません。

誤解されることに慣れているのか、
諦めているのか。
そういう思いが余計に自ら壁を作ってしまっているようでもあります。

だからこそ、誤解もされ易いのでしょう。


でも、言葉の通じない相手とは、
そういった萎縮は一切取り払って、
身振り手振りと豊かな感情表現でコミュニケーションをとっていく。

言葉が通じる日本人同士よりも理解し合えているんですね。


わたしも、英語ペラペラではないのに、
ひとりでアメリカに旅行に行ったことがあります。

現地の人の家に泊めてもらいました。
日本語はまったく出来ない家族でしたが。

中学生レベルの英語で、
大事なことは通じ合えました。

しかも主義主張や哲学的な深い内容までですよ!


通じ合うという感覚が余計に研ぎ澄まされるのでしょうか?


もしかしたら、わたしは、
日本人同士でコミュニケーションをとるときに、

「言葉に甘えすぎている」状態なのかもしれないなと思いました。
「言葉に期待しすぎている」と言ったほうがいいのかな…。


言葉というのは、人間が編み出したとてつもなく便利で
価値のある知的発明だと思っています。


でも、実は言葉よりももっと素晴らしい表現力を、
私たちは生まれながらにして持っている。

言葉は、本来持って生まれた表現力を補完する道具、発明品にすぎません。


そう考えれば、もっと笑って、
もっと泣いて、もっと感情を表に出してもいいのかな…

そんな風に、わたし自身に許してもいいような気がしてきました。

表情筋を鍛えて、心のストレッチをしよ♪




                  全ての物語のために













posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。