お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2013年07月04日

小説「人生教習所(下) 垣根涼介 著」 自分の人生を創る他人




人生はやり直せるんでしょうか?

ダメダメな人生を再生させることはできるんでしょうか?



都会では近所づきあい、親戚づきあいが減って久しいと思います。

人との関係も希薄になっている。

物質的に豊かになったからでしょうか?

他人の心配なんてしなくても、
自分の心配だけしていれば生きていけるような社会になっています。

でも、それが寂しいことだとはみんな気付いていますよね。

ただ寂しいだけじゃなくて、
実際に色々な問題も出てきている。

不登校や引きこもり、モンスターペアレンツ、モンスター教師、
家庭内でも夫婦の不和、DV、子供の虐待・・・などなど・・・




垣根涼介さんの小説、「人生教習所」の下巻も読破しました!

最近小説を読むペースが早い・・・

しかも、アマゾンのレビューを見ていたら、
この作品に出てくる主役のひとり、元ヤクザの柏木は、
「ギャングスターレッスン ヒートアイランドU」に出てくる
バカな悪役のヤクザだったことが分かりました。

そしてサブキャラクターのおじいさんは、
「ゆりかごで眠れ」という別の小説のキャラクターなんだとか・・・

「ゆりかごで眠れ」は持っていないので、
次は「ギャングスターレッスン」を読み返してみます(笑)

いや〜楽しい♪


小笠原諸島で行われていた「人間再生セミナー」もいよいよ後半。

ちょっとした珍騒動もありながらも、
とても穏やかな人間賛歌・・・

登場人物たちがお互いに知り合い、
少しずつ再生していく様子は、
フィクション特有の省略的な急展開はなく、
とても現実的でした。

こんな行動で変われるなら・・・と、
やろうと思えば本当にだれでもやれるようなこと。

垣根涼介さんという人は、
きっと人間が好きなんだろうなぁと想像してしまいます。

出てくる登場人物みんなへの作者の愛を感じる。

そして、フィクションの世界だけではなく、
今回の作品はそのまま私たちの生活でも実践できることなので、
読者への応援でもあるのかもしれませんね。


「自分の人生は周りにいる人々の人生の断片で成り立っている」

という言葉が出てきます。

出会ってきた人々や、その人たちが出会ってきた人々。
すれ違うだけの人や、つかの間隣にいただけの人・・・

ホンの少しずつその人たちと関わったから今の自分がある・・・


自分のことを愛するということは、
その人たちの人生も愛するということ・・・


もし、都会の生活でクサクサしてるけど、
のんびり田舎に旅行なんて出来ない。

という人がいたら、あいている時間に読んでみてください。
余計な力が抜けていきます。
自分の人生のステージが上がっていくのを感じられるかもしれません。



                     全ての物語のために










posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。