お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2013年06月26日

ドラマスペシャル「ガリレオXX (ダブルエックス)内海薫最後の事件 愚弄ぶ(もてあそぶ)」 生きる智恵としてのしたたかさ



芸能人同士の確執はゴシップネタとして、
ワイドショーなどでもよく取りざたされます。

誰と誰が仲が悪いだとか、俳優の誰々はワガママだとか・・・

そういう話を面白がる人は、
実生活でも同じような話をしてませんかね?

例えば会社でも、誰と誰が犬猿の仲だの、
なんたら派閥がどうのこうの、
だれ助くんとだれ子ちゃんがナイショでラブホに行っただの・・・


そして、そういう噂に聞き耳を立ててしまう言われた当人は
気にし過ぎて心を患って退職してしまったり、
芸能人でも自殺なんかしてしまった人もいましたね。
反対にメディアなんかで反論して火に油を注いじゃう人もいる。

火の無いところに煙は立たないとか言って、
うわさの裏にはそれなりの事実があるんだよと主張する人もいますが、
うわさ話の世界では放火なんて日常茶飯事。

会社や地域社会だろうが芸能界だろうが、
うわさの的になった当人がいちいち真に受けていたら身が持たないし、
時間も心ももったいない。

そう思います。



6月22日土曜日のフジテレビの土曜プレミアムは、
ドラマスペシャル「ガリレオXX (ダブルエックス)
内海薫最後の事件 愚弄ぶ(もてあそぶ)」

でした。

ドラマ「ガリレオ」の第1シリーズで、
準主役だった柴咲コウさん演じる内海薫刑事を主役にした
スピンオフドラマですね。

ガリレオシリーズ初の完全オリジナルで、
東野圭吾さんの原作にも無いお話。
しかも、脚本もいつもの福田靖さんではない。

ということで、どうなんだろう??と恐る恐る見ていましたが、
二転三転するストーリーに緊迫感もあって、
かなり力作なスペシャルドラマだったと思います。


現在放送中の『ガリレオ』第2シリーズ第1章で、
内海薫刑事はオクラホマへ研修にいくために、
新人刑事の岸谷美砂(吉高由里子)を湯川学(福山雅治)に紹介して
旅立って行きました。
この「ガリレオXX (ダブルエックス)内海薫最後の事件 愚弄ぶ(もてあそぶ)」
では、オクラホマへ旅立つ直前に内海刑事が担当した
難事件が描かれます。

貝塚北署に勤務する内海薫(柴咲コウ)は30歳を過ぎ、
警察署という男社会の中で居場所を見つけられずに、
体の良い厄介払い的に上司から米・オクラホマでの
一年間の研修を勧められます。

「30そこそこで人生の岐路に立たされてたまるか!」と、
オクラホマ行きを断る内海刑事は長野県警から指名手配されていることを知らずに
上念研一(ユースケ・サンタマリア)の身柄を拘束します。
上念は、すでに亡くなっている老婆を車椅子に座らせて東京の街を徘徊していました。
老婆の介護をしていた上念は、
介護先で老婆の娘を殺害し老婆と東京に出てきたのだと自白します。

内海は、容疑者を自供させたことで警察官としての自信を取り戻そうとしていましたが、
上念は、長野県警に移送された途端、自供の内容をくつがえし、
容疑を完全否定しはじめます。

誤認逮捕ではないかと疑われた内海は、長野に残ることになり県警のお坊ちゃん刑事
トンマこと当摩健斗(柳楽優弥)とともに再捜査を開始します。

そこへ甲本という記者から長野県警に「無実の記者を自殺に追い込んだ不正警察官がいる」
という怪文書が送られていたことを知らされます。
しかも上念が殺害したとされる老婆の娘のやその父親の関与が疑われます。
2つの事件にどのような関係があるのか?



今回の内海刑事はたくましく、湯川先生に頼らずに一人で命がけの窮地に立たされます。


男社会でつまはじきにされている内海刑事を飲みに誘った
長野県警の女署長は、その席で言いました。

警察の男社会の中で女性が真っ向勝負をしても、
男たちは余計に反発してつぶしにかかる。

それよりも、男達の中に溶け込んで、手柄をかすめとっていくくらい、
したたかでいなきゃ・・・

宿泊先に戻った内海刑事は、「キャリアは強いな〜!」
と女署長の強さに感嘆の声を上げていました。


しかしこの内海刑事、なかなかのしたたかさで、
突き進んでいきます。



柴咲コウさんの第2シリーズからの降板にまつわる様々な噂があります。
織田裕二さんとの確執だとか吉高由里子との確執だとか・・・
「踊る大捜査線」では、織田裕二さんと柳葉敏郎さんの確執も長い間
色々言われていたようです。
来シーズンのフジテレビのドラマに関しても、織田裕二さんの新作や
「救命病棟24時」の新シリーズに江口洋介さんが出ないことの真相など・・・
いろいろ言われています。

特に、誰かと誰かの仲が悪い・・・確執があるなんていうのはもう、
役者という仕事をしている以上はいちいち気にしてたら仕事にならないのでは
ないかと思います。

だから、俳優さん女優さんたちにはそんな風評なんか
したたかにやり過ごして、いつものように良い仕事をして欲しいなと思います。

言われなくてもそうできる人たちだから今があるのでしょうが。

「銀河鉄道999」という名作アニメの主人公、星野鉄郎の声は
野沢雅子さんが演じられました。ドラゴンボールの孫悟空ですね。
そして、もう1人の主人公、鉄郎の大切な人メーテルを演じたのは
池田昌子さん。今、「宇宙兄弟」でシャロンおばちゃんの声をされてる方ですね。
オードリー・へプバーンの声などをされてたベテランです。

「銀河鉄道999」では、この鉄郎とメーテルの間に愛が芽生えます。
収録期間中に、池田さんが男性と話をしているのを見ると、
野沢雅子さんは嫉妬心が芽生えたそうです。
池田昌子さんも、野沢雅子さんが女性と話しているのを見ると
不機嫌になってしまってしまうくらい。

野沢さんは女性ですよ。
それなのに、そんな気持ちになるくらい、役になり切ってやるんですよね。
プロって・・・

織田裕二さんも書籍やインタビューなどでもよく仰ってますが、
収録中は役に集中しないと、劇中ではライバルだったり敵対してたりする
役者がプライベートでは和気あいあいとしちゃうと、
そういうのが演技にも出てしまうんですね。

みんながみんなそうではないでしょうが・・・。

私も自分で役者を呼んで演出して映像作品を作ったりしますので、
その感じはよく分かります。

そういうプロフェッショナルたちが、
「現場では仲がわるかった」とかいう噂をいちいち真に受けてたら
仕事できるわけがありませんよね。


会社でも、本当はそうなんじゃないでしょうか?
会社は仕事場・・・つまりプロフェッショナルが集う場所です。

他人は影でも表でも好き勝手言ってるかもしれません。

でも、そんなことはしたたかに受け流して、
みんなが陰口叩いてる間にこっちは手柄を立ててやるぜ!
って言うくらい、プロの仕事に集中したらいい。

時には孤高の戦いになることもあるかもしれませんが、
大人としてプロとしてカッコよく乗り切って行きたいですね。

内海薫刑事、泣きながら仕事してる姿、
メチャメチャカッコよかったです。


                     全ての物語のために










posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | TrackBack(1) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

スピンオフ作品ながら!
Excerpt: SPドラマ「ガリレオXX 内海薫最後の事件 愚弄ぶ」を見ました。 22日フジにて9時にやってました ドラマ「ガリレオ」からのスピンオフ 1作目に出ていた内海刑事が主演のミステリー いやはや、こ..
Weblog: 笑う社会人の生活
Tracked: 2013-07-03 18:31
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。