お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2013年05月27日

「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」日本人の可能性




ザ・ハリウッド映画!というと、私は「アルマゲドン」を思い出します。

お話のつくり方が、これぞエンターテインメントだぜという
コッテコテのつくり方。

もちろんそれは高いレベルでそうなので、
何度見ても面白いな〜と思える。

日本映画はどちらかというと、やはり弱い。
批判をすればどこの作品だろうがキリがないと思うのでやめます。

ただ、「足りてない」「及ばない」と思うことは多いです。


もちろん、だからといって日本映画に希望がないわけではないでしょう。



1988年に劇場公開されたアニメーション映画
「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」を見ました。

当時私は小学6年生だったので、
非常に懐かしい作品です。

今読んでいる福井晴敏さんの小説「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」
が宇宙世紀0096年を舞台にしたお話で、
その3年前に当たる宇宙世紀0093の
第2次ネオ・ジオン戦争を描いたのがこの映画です。


このガンダムシリーズには
ニュータイプと呼ばれる人たちが出てきます。

人間が宇宙で暮らすようになって、
脳の地球にいたころには使わなかった部分を使い始め、
感知能力が増し、物事を誤解無く正確にとらえ
人とも心で感じあえる人。人間の革新。

シャアの亡き父、ジオン・ダイクンがそのように提唱し、
だから人間は地球の汚染を食い止めるために、
地球に済むのをやめ、みんなで宇宙に上がって、
ニュータイプとして覚醒しようよ。
みたいな理想を掲げたようです。

もともと地球連邦政府も、世界が一丸となって
人間が宇宙に出られるようにするために誕生したはず。
しかし、余剰人口を宇宙に追いやった後は、
いつまでも地球にい続けて、宇宙移民者には参政権も与えず、
地球から支配しようとしている。

「機動戦士Zガンダム」では、地球のために
アムロたちと一緒に戦ったシャアは、
そういう地球に住み続ける人たちに嫌気が差し、
今回のネオ・ジオン戦争を始めます。


なんと地球に隕石を落として、
地球を核の冬にして強制的に人間が住めなくし、
地球に休んでもらうというんですね・・・

メチャクチャですよね。

アムロも言います「それはエゴだよ!」
「俺達が人の可能性を見せなきゃならないんだろう?」
と・・・

アムロもシャアもニュータイプでした。

でも、もうみんながニュータイプになるのを待つなんて
悠長なことを言っていたら地球が持たないだろう!
と駄々をこねるシャア。

1個目の隕石を本当に落としてしまいました。

もう1個落とされたら本当に地球に人が住めなくなってしまう!



ラストはとんでもないことになっていきます。




アルマゲドンは地球に衝突する小惑星に人間が降り立ち
掘削機で穴をほり爆弾を使って小惑星を爆破しました。

これはこれで壮絶でしたが・・・

この映画が公開されたのは1998年。


その10年前に、
日本は隕石から地球を守る物語を映画にしていたんですね。

しかも、その隕石は「アルマゲドン」よりも地球に接近します。
壮絶です。
しかも、「アルマゲドン」の隕石は自然の驚異でしたが、
「ガンダム」では、人が落とそうとことを起こします。

深い・・・というよりちょっと寒気がしました。

人間に絶望して人間から地球を守りたいシャアと
人に希望を見出し人間も地球も守りたいアムロ。


「アルマゲドン」は尊い犠牲の話。

「ガンダム」は、絶望の中でも平和への希望を持ち続ける話。


福井晴敏さんの大ヒット小説「亡国のイージス」の
映画版を編集した、
ハリウッドの編集者ウィリアム・アンダーソンさんは、
「亡国のイージス」を編集していて、
日本人の平和への願いが強く感じられたと語っています。



日本映画がよくなるためにハリウッド映画を目指す必要は
ないと思います。

部分的に取り入れるのはモチロンありですが。

それよりも、同じような娯楽作品、アクション映画を作っても
日本人が創ったからこそ伝わる思いがあるようです。

大和魂=大いなる調和をもたらす魂

そんなことを考えると日本映画にも日本人にも
大いなる希望があるように思えてならないです。



                      全ての物語のために













posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。