お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2013年05月06日

フジテレビ版ドラマ「家族ゲーム #3」 ストセラは「正解」じゃない




今シーズのドラマでイチバン楽しみにしていたのは
「ガリレオ」第2シリーズでしたが、

フジテレビ版の「家族ゲーム」の方が、
毎回次を楽しみにしてしまっています。

「ガリレオ」が面白くないわけではないです。
逆に信頼しきってるからでしょうね。安心してる。
どうせ面白いから・・・と、面白くて当然になっちゃってる。
贅沢なもんですね。


「家族ゲーム」の方は、1980年代に何度も作られた旧作たちとは違って、
まさに今、現代の問題に合わせたテイストでリメイクされているので、
毎回先が読めなくてワクワクしてしまいます。


とはいえ、「家族ゲーム」のお話自体は知っている。
ラストも旧作もいろいろありましたが、
どれも明確に答えを出してしまうような終わり方ではありませんでした。

今回のラストがどうなるのかはわかりませんが、
「正解」が出せるようなドラマではないことはわかります。


わかりやすさを重視するハリウッド映画なら、
「正解」が出たような雰囲気の終わらせ方をすることが多いですが、
実際に劇中で起る葛藤や投げかけるテーマは、
明確な答えが出せないようなものが多いですよね。
それでも葛藤や挫折を乗り越えて成長する姿というのが
気持ちよい終わり方を魅せてくれるように作られている。
という構造が多いのではないでしょうか?



今回のフジテレビ版「家族ゲーム」の第3話は、
「家族ゲーム」の物語を知っている旧来のファンにとっても
まったく先の読めない展開でしたし、
今後どうなるの!?
という方向へお話が引っ張られました。

イイネ〜♪


せっかくいじめられなくなったんだからと、
茂之の誕生日会をしようと言い出す不気味な家庭教師、吉本先生。

しかし、これまた吉本先生の企みによって
家族が窮地に見舞われます。

吉本の素性を探っている茂之の兄、慎一は、
吉本に「それ以上詮索しない方がいいよ」と言われながらも、
なんとか謎を暴こうとしています。

吉本の狙いはなんなのか・・・




脚本家や小説家、漫画家、戯曲家、ノンフィクションライター・・・

物語をつむぐ人たちの多くは、
答えの出ない問に自ら挑むようにして、
まるで旅に出るような感覚で創作に取り組んでおられるようです。

作品や、作家によっては逆に明快な答えを持っているから書ける。
という方もいるようですが、
そういう作品を見ると、面白くて見ごたえのある作品の殆どは
先ほどのハリウッドの例のような構造が多いようです。

そうでないものは、そもそも答えは誰もが知っているものを
テーマとして取り上げているか、
そうでなければ薄っぺらい内容になってしまっているか・・・。


なんども書いていますが、映画は娯楽です。
ドラマも漫画も小説も娯楽だと思っています。

このストーリーセラピーでは、
敷居の高い文芸作品や芸術作品ではなく、
私達が日ごろ普通に楽しむエンターテインメントに触れ、
感じること、感動することが、人の幸せ力を引き出して、
磨いていくことを信じて書いています。

ひとつひとつの作品を観て書くので、
もちろん内容や登場人物の行動や葛藤から、
書き手である私が解釈をしていくことになります。


でも、私は「正解」を書いているつもりはありません。

人生における正解があるのなら、私も知りたい!!

それぞれの人生で、悩みながら成長していくのが人生です。
悩みはその人の人生の宿題です。
宿題は自分で解かなければ意味がありません。

私は自分の人生の悩みと共にいつも映画や小説がありました。

沢山のヒントを得てきました。

その経験が誰かの役に立つならと思って書いています。

「正解」めいた書き方をしていても、
本当にそれがあなたの人生においての正解かどうかはわかりません。
私自身にとっても正解が変わることなんてザラにあります。

でも、私のようなエンターテインメントとの付き合い方が、
あなたが自由に作品と接するときの、
何かの参考になったり、刺激になったり、キッカケになったり・・・

ということが起れば、やっている意味があるのかなと思っています。



                    全ての物語のために












posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック