お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2013年04月07日

ドラマ「ガリレオ 第1シリーズ #2 離脱る」子の心親知らず



親の心子知らず。

これはもう、仕方のないことですよね。
私も自分が親になって初めて、
「こんなふうに愛されていたのか〜」と実感できました。
だから、「親の気も知らないで!!」と言いたくなるようなことを、
息子がしても、まあそんなもんだと思うしかない。
いつか、息子が親になったときにわかってくれればいいと・・・

できればわかって欲しい親心の話をしましたが、
そんなことを話している私も、実は
子供の気持ちを理解してなかったな・・・と反省することは多々あります。

まさに、子の心親知らず。


テレビドラマ「ガリレオ」の第1シリーズの第2話、「離脱る」を見ました。

夏の暑さが残る9月。その日は記録的な猛暑となりました。
夏の疲れが出たのか、8歳の少年、上村忠広は夏風邪をこじらせて、
熱にうなされていました。

落ちぶれながらもフリーライターをして
忠広を男でひとつで育てている父、上村宏は、
仕事部屋の冷房が壊れたせいで、暑さたまらず忠広の部屋に
頭だけつっこんで涼んでいました。

すると、忠広がもうろうとしながら言いました。
「タケダのオバちゃんがくる・・・」
宏が「?」と思っていると、すぐに呼び鈴がなり、玄関前には、
訪ねてきた近所の竹田のおばちゃんが立っていました。

「フワッとして、竹田のオバちゃんが川の向こうの道を
歩いてくるのが見えたんだ」
そういった忠広は、そのとき一緒に見た赤い車の絵をスケッチしていました。

数週間後、警察ではOL絞殺事件の容疑者として、
被害者と関係のあった保険外交員の栗田を逮捕していました。
栗田は事件当日のアリバイを主張していましたが、
証人がまったくいないため警察で厳しい取調べを受けていました。
ところが、上村親子からスケッチの写真が郵送されてきて、
それは忠広が部屋から栗田の主張するアリバイ通りに
赤い車を見たことを意味するものでした。
しかし忠広の部屋と目撃した車の間には工場があり、
窓から工場の向こう側を見ることは不可能でした。

警察が少年の証言を無視する中、父宏はマスコミに息子が幽体離脱をして
見えないものを見たんだと売り込み、テレビ出演などで金儲けを始めました。


内海刑事と変人ガリレオこと湯川センセは、上村親子の証言の
ウソの部分と、ホントの部分の両方を暴いていくことになります。

8歳の少年、忠広がもうろうとする中、赤い車と
歩いてくる竹田のオバちゃんの姿を見たことはどうやらホントのようだ・・・
しかし幽体離脱はないだろう・・・ということですね。

忠広の父、宏は息子にウソをつかせて幽体離脱という
センセーショナルな話題をでっち上げ、テレビの出演料をせしめていました。
忠広は罪悪感はありながらも、
男手ひとつで自分を育ててくれている大好きな父が、
自分がウソをつくことで、お金を儲けて幸せになれるのならという思いから
そのウソを受け入れます。

湯川センセは、見えないはずの景色が見えた物理的原理の証明と、
親を思う8歳の少年の心の両方と向き合うことになります。


簡単に考えれば「お金儲けのために、子供にウソをつかせて・・・
なんて酷い親だ!!」となりますが、
我が子に少しでもいい暮らしをさせたいと思うのは親心ですよね。
忠広はいつも自分のために一生懸命な父親の思いをわかっているからこそ、
ウソを突き通そうとする。

しかし、やはり8歳の子供に親が背負わせるにはあまりに
罪深いウソではないでしょうか?
宏は、息子がその重荷を背負ったということに思い至らなかったんですね。
息子を思う気持ちが裏目にでた。

子の心親知らず・・・。


私の息子もちょうどいま8歳です。
彼も親が考えている以上に、いろいろなことを感じ、
親の想像を超えて、深く考えていることを思い知らされることがよくあります。

親の心子知らずなんて、当たり前。
それよりも子の心親知らずだとうことに目を向けて、
子供の様子を出来るだけ注意深く理解しながら、
親として適切な在り方ができるようにしておきたいと思います。



                      全ての物語のために













posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。