お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2013年03月08日

「バトルシップ」 あなたは今 蝶?さなぎ?幼虫?



幼虫に、蝶の言葉は通じません。
いくら思いを込めて伝えようとしても届かない。

それでも幼虫は一生懸命、蝶になろうとします。
やがて、サナギになる必要性と方法に気付き、
サナギの中でじっくりと変身していきます。



バトルシップ」という超大作を見ました。

こういうのをブルーレイで見れるということは幸せですね。

平日の昼間に、リビングの大画面で好きな映画を見る。
感謝しないとバチが当たりますね。


アレックスは仕事をせず遊び歩く、うだつのあがらないワカモノでした。
兄のストーン(「わらの犬」で悪役をした役者さんでした)は、
そんなアレックスの将来を案じて、自分と同じ海軍へ入れと誘います。
「今は仕事はいいよ」と全く乗り気でないアレックスは、
遅い時間に飲み屋に入ってきた女性サマンサに心を奪われ、
彼女が食べたいチリドックを入手するため閉店後のコンビニへ忍び込みます。
警察に追われ、電気ショック銃を撃たれながらも
サマンサへチリドックを手渡すアレックス。
彼女は海軍提督(リーアム・ニーソン)の娘でした。
無鉄砲な弟に業を煮やした兄ストーンは、
強制的にアレックスを海軍へ入れます。

数年後アレックスが海軍生活に慣れたころ、2012年。
世界14カ国の海軍将兵2万人が参加する
環太平洋合同演習(リムパック)が開催されました。
アレックスは参加艦艇の1隻である米海軍所属ミサイル駆逐艦、
USSジョン・ポール・ジョーンズの乗員でした。
恋人であるサマンサとの結婚を父親である提督に認めさせようとしていましたが、
演習に参加している日本の海上自衛隊の
ナガタ一等海佐(浅野忠信)と喧嘩沙汰を起こし、
結婚を認められるどころか、
演習後の懲戒免職処分を突きつけられてしまいます。

リムパック演習と時を同じくして宇宙から飛来した5つの正体不明の物体。

エイリアンたちが演習海域にドーム型のバリアを張り、
アレックスが搭乗しているジョン・ポール・ジョーンズと、
兄ストーンが艦長を務めるUSSサンプソン、
海上自衛隊ナガタ一佐艦長の護衛艦みょうこう
の三隻がバリア内に取り込まれてしまいます。

提督以下、他のリムパック演習参加船団はバリアの外からは手出しができません。

バリア内では、3隻の地球の船と、エイリアン戦艦との戦いが始まりました。

アレックスの決断力のなさ、指導力のなさは部下達もお見通しで、
まったく信頼を得ていません。

自分の船が攻撃を受け、艦長が命を落とし、
兄ストーンのUSSサンプソンが攻撃を受けたことで頭に血が上ったアレックスは、
何の配慮もなくただ、とにかく敵を倒せと突進を命じます。
その様子を見ていたナガタ一佐も「アホだなアイツ・・・」とぼやきながら
「ジョン・ポール・ジョーンズを援護するぞ!」と仕方なく援護しますが、
そのせいで護衛艦みょうこうは沈められてしまいます。

護衛艦みょうこうから脱出している搭乗員たちを救助すべきだという
部下の意見を完全に却下して、エイリアン艦隊へ総攻撃しろ!と息巻くアレックス。
結局部下に襟首をつかまれて、
「アンタも海の男だろ!今は救助を優先すべき時です!」と強引にたしなめられます。

助けあげられた自衛隊員たちを見ながら、自分のアホさに呆然としていると、
ナガタ一佐に襟首をつかまれ、
「お前のせいでこんなことになってるんだぞ!!」
と責められ、完全に自信を失ってしまいます。

それでも、艦長亡き今は、アレックスが艦長を務めるのが規則です。

その窮地の中で、アレックスがどのようにみんなの信頼を得て、
成長していくのか・・・



世界の艦隊、特にアメリカ海軍と日本の海上自衛隊が
力をあわせて、エイリアンたちと戦う熱いアツイ海の男達の物語。

問題ばかり起こすアレックスに、兄ストーンが
「お前はなぜそうなんだ?・・・せっかくいいものを持ってるのに・・・」
と愛するがゆえの失望を表すシーンがありました。

アレックスが、幼虫からサナギ、そして蝶として羽ばたくまでの物語。


蝶の言葉は幼虫には伝わりませんが、
幼虫は本能的に自分が蝶になれることを知っています。

地面をはいつくばりながらも、いつか羽を広げて飛び立てることを、
無意識で知っているのです。

私たちも、一人一人素晴らしい能力を持って生まれています。
それは、宗教や成功哲学をあげるまでもなく、
大脳生理学や能科学など、医学や科学の世界でも、
人間の脳の構造や体内で分泌されるホルモンやエンドルフィンなどの
機能や数値などでも証明されています。

今私自身は、サナギのような気がしています。
あなたはいまどこですか?

きっと、蝶になって飛んだときは、
今とは世界が全く違って見えるんでしょうね?

誰だって、泣かず飛ばずの時期はあります。
そういう時期に何をして過ごすのか・・・
それが、幼虫からサナギになり、サナギの中でじっくりと
蝶に変身していくことなのではないでしょうか?


                             全ての物語のために







posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。