お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2013年02月14日

アニメ「宇宙兄弟 #44 3人の宇宙飛行士」 それは意味の無いこと?



職場やサークル・・・チームで自分の意見を言うのって
結構勇気が要りますよね。

場合によっては家族への提案でも勇気がいるかもしれません。


言ったってどうせ聞いてくれないよ・・・
言うだけ無駄ムダ。
なに言ってるんだって思われちゃうよ。

たぶんダメだと思うし・・・
どうせ無理でしょ・・・

そんな無駄なことして、いったい何の意味があるの・・・?



私の大好きなアニメ、「宇宙兄弟」
2月10日に放送された、第44話「3人の宇宙飛行士」を見ました♪

第43話までは、月で遭難したヒビトとダミアンの
サバイバルにハラハラドキドキさせられましたね〜。
特に43話の最後のギリギリは、見ているほうも苦しくなるくらい、
ジワジワといじめられました(泣)

息が出来ない苦しみと、息が出来た後の「助かった〜!!」
という体に空気が入ってくる感じをリアルに想像してしまいました。
(いつの間にか息止めてたし、実際 ^^;)

さて、無事生還したヒビトとダミアン。
ヒビトは2日後、JAXAとの交信が許され、
日本で心配していた兄ムッタと話をします。

照れくさいのか、出来るだけいつものように話そうとするムッタ。
ムッタの雰囲気を察して、いつものように大した事なさそうに話し始めるヒビト。
少しずつ、大変な状況だったことを説明していきました。
そして・・・
「いろいろ聞かされたよ」とヒビト、「3人の宇宙飛行士に助けられたみたいだ」

ヒビトが残り酸素残量数分になり、死を覚悟し、
もう一度崖の下から綺麗な星空を眺めながら死のうと思いました。
そのとき、尊敬する今は亡き先輩飛行士ブライアンが置いていった人形に気付き、
歩を停めました。
また、予備の酸素がゼロになったギリギリのところで助けにきた、
酸素供給装置の「ブライアン」は、その先輩ブライアンの置き土産でした。
そして、2人目はアズマさん。
日本人宇宙飛行士としてNASAで見守っている先輩。
他の仲間からは、付き合いづらい人と思われ敬遠されていますが、
ヒビトとムッタは彼の本質を見抜き尊敬しています。
アズマさんもまた、2人を認めている。
ヒビトたちが遭難した場所から20キロも離れた場所へ
「ブライアン」を向かわせるように提案していたのはアズマさんでした。
そして最後、3人目はムッタ。
助けに向かう場所を、ヒビトとダミアンの遭難場所から20キロ地点に
変更して欲しいと最初に言ったのはムッタ。
ヒビトの性格と動くとしたらココというムッタなりの視点で場所を指定。
アズマさんはムッタの意見に賛同したのでした。
そしてヒビトは見事にそこに現われたわけです。

ブライアン、アズマさん、ムッタ。

3人のうちの一人でも、その行動を起こしていなかったら、
「ブライアン」がヒビトの元に到着することは無かった。

NASAには、そのミッションの最高責任者が居ます。
重大な責任を伴う決断を常に迫られている立場の人。

だからこそ、リスキーな決断は出来ません。
最初に、ムッタが救助に向かう先の変更をお願いしたとき、
その依頼はJAXAからNASAに伝えられますが、
責任者は遭難者は動かないのが基本だから、
そんな危険は冒せないと退けました。
そこで、救助員を向かわせられなくても、
無人のリモート酸素供給機ブライアンをムッタが指定した場所へ行かせよう
と強く提案したのがアズマさんなんですね。


みんな、常識では考えられないことでも可能性を考えて、
自分の意見をちゃんと伝えました。
その結果、ヒビトたちは命を落とさずに済んだんです。


もしかしたら、あなたは、
「自分の意見は別に人の命がかかっているわけじゃないし」
と思っているかもしれません。

でも、あなたの提案が、誰か一人を笑顔にする可能性があるのなら、
その笑顔が広がって、誰かに生きる勇気を与えるかもしれませんよね。
その生きる勇気をもらった人は、あなたの提案が発端だとは、
気付かないかもしれません。
だけど、あなたがそれを言わなければ、
その人は生きる勇気をもらえなかったのは事実です。
もちろん、その人に笑顔を運んだ人たちも。


それは、同僚の仕事をホンのひと手間だけ
減らす程度のワークフローの提案かもしれません。
それは、寒い中あなたを待っている友人に、
缶コーヒーを一本買っていくだけのことかも知れません。
それは、すれ違う子供に
ただあなたの微笑みを向けてあげるだけのことかもしれません。

たったそれだけのことが、どこかで誰かを幸せにしたり、
生きる勇気を与えたりしている。
それが、私たちの住むこの世界ですよね。

あなたに向けられた笑顔は、
誰のどんな行いが生み出したものなのでしょうか?



                     全ての物語のために





posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | TrackBack(1) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

◎宇宙兄弟#44『3人の宇宙飛行士』
Excerpt: |ヒビ:ハアハァハァ。フーヒビ:ついさっきまで暗闇の谷に落ちて、星空を見ながら死のうとしてた俺を呼び止めてくれたのか※すべてブライアンの計算通り《助かった!《よくぞ...
Weblog: ぺろぺろキャンディー
Tracked: 2013-07-07 22:21