お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2013年02月12日

「パッセンジャーズ」どうしても前に進めないとき


私は、ここ2〜3年で白髪がとても増えました(泣!)

特に去年はピークで、こめかみのあたりは真っ白でした。

もともと若白髪はあったので、
少しくらい増えるペースが速くなるくらいなら、
年齢のせいかなとも思えるのですが、
去年の夏〜秋にかけては異常に増えました。

明らかに精神的なもの。

いまでもその名残が少しはありますが、
かなり正常値に戻っていると思います。



「パッセンジャーズ」という映画を観ました。

「プラダを着た悪魔」「ダークナイト ライジング」
「レ・ミゼレラブル」などのアン・ハサウェイが主演。

感想は、アン・ハサウェイがキレイ…
じゃなくて!
作品の感想は…
「若干ミステリー」というジャンルを創りますか?
という不思議なテイストでした。

基本的にはヒューマンドラマ…だと思います。

コレ!とハッキリとジャンルを言えないのは、
いろいろな要素が繊細なバランスで配合されていて、
どう転ぶかわからない危うさで、
最後まで魅せられてしまったから。


アン・ハサウェイ扮するクレア・サマーズはセラピスト。
飛行機事故の生存者数名を診ることになりました。
グループカウンセリングが基本なのですが、エリックという男性だけ
自宅での個人カウンセリングを希望します。
グループカウンセリングのメンバーはそれぞれ
かなりのショックの影響が見られます。
しかし、エリックだけは努めて元気に振舞います。
徐々にエリックに惹かれていくクレア。
一方、事故の原因を隠しているのでは…?と
クレアは航空会社を疑います。
そして、証言者になりうるグループカウンセリングの
クライアントたちが次々に姿を消し始めます。
そして最後に明かされる、切ない真相…



事故のショックでから抜けられないクライアントたち…
彼らとの接し方、航空会社の疑惑、
数か月口をきいていない姉との関係、全てに行き詰まり、
足踏みするクレア…

誰もが、なかなか前に進めない苦しみの中でもがきます。


彼らを、前に進ませたものは…


現状を受け入れること。


見たくない事実にフタをしていては、
どうしても前に進めないときがあります。

自分の人生で、いま何が起きているのか?
それをしっかりと見極めてそれらを受け入れたうえで、
どのようにして幸せや心の平安を手に入れるのか。

誰の人生にもたびたびそういうときが訪れるのではないでしょうか?


昨年の秋ごろまでにどっさり増えた私の白髪は、
明らかにストレスによるものでした。

状況を把握しないまま、「なぜうまくいかない!」
ともがいていたから。

一瞬で解決!

とは行かなくても、これまでの行動とその結果が
「今」だということをしっかりと見つめて、
現状をしっかりと受け止めたことから、
足踏み状態を打破するための次の一歩が見え始めました。

そして、確実に一歩ずつ前進している実感が、
今はあります。


半年で、こんなに白髪が減るなんて!!

「今」を受け入れ、
より良い明日のために今できることを実行する。


あせらず、明らかに見る。という感覚。

「あ〜もう!なんで上手くいかない!!」
というときは、解決のヒントが隠れている「今」を
気持を落ちつけて、見てみてください。


                全ての物語のために





posted by ストーリーセラピスト at 08:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック