お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2013年02月11日

アニメ「宇宙兄弟 #43 ブライアン」迷子になった子に伝えたい親心



前に息子が門限を過ぎても帰ってこなかったときの話をしました。

日曜日の午前中に妻とケンカをした小学1年生の息子が、
そのまま家を飛び出して、昼も夕方17時の門限も戻らずに、
19時過ぎに戻ってきたときの話ですね。

私は仕事場から妻に何度も電話やメールをしてヤキモキしました。
妻は近所やお友達の家を探しながら、でも帰って来た時のために
家にもいたいしで、両親とも生きた心地がしなかった一日。

ケロッとした顔で帰ってきた息子は、
そりゃ〜もう!(笑)妻にこっぴどく叱られたわけです・・・



2月3日い放送されたアニメ「宇宙兄弟」、第43話「ブライアン」は、
見ていて非常に苦しかったです。

「もう!この演出家、絶対ドSだろう!」と
勝手に毒づきながら見ていました(笑)
それだけ入り込ませる力があるということなんですけどね。



月で遭難した宇宙飛行士ヒビトと相棒のダミアン。
ダミアンは宇宙服の温度調整機能が故障。
ヒビトはメインの酸素タンクが破損し、予備タンクの残りが8分。
体が冷え切っていたダミアンを太陽光のあたる場所に出し、
今度は暑すぎないように絶妙な調整をして助けたヒビト。
ダミアンは動けないので、助けを待つことになりますが、
ヒビトは動けはしても、酸素残量が8分。
助けに向かっている他のクルーはヒビトのところまであと12キロ地点。
どう考えても、間に合わない。
日本のJAXAでも、ヒビトと通信は出来ませんが
酸素残量はモニターされていて、どんどんカウントダウンされています。
宇宙飛行士選抜試験に受かり、JAXAに入社したばかりの兄ムッタは、
別室で待機していましたが、
「通話が出来るわけじゃないのに、知らせてもただ酸素残量が減っていく
カウントダウンを見せるだけになる」
というJAXAスタッフのホシカさんの意思でムッタには知らされませんでした。
控え室のような個室で独り椅子に座っていたムッタ。
椅子を振りながら、鼻歌を歌っていますが内心は・・・
「ヒビト・・・、いつものように、
なんにもなかったみたいに・・・帰って来いよ」
カウントダウンはじわじわと続いて、ついに酸素残量ゼロに。
それでもまだ、息が出来ずもがき苦しむヒビトの様子を
しばらく見続けることになります・・・

見ていてとてつもなく長く感じました。
酸素が尽きて、呼吸が困難になり、体が熱くなってくる・・・


ムッタは「なにもなかったように、帰ってこい」と思ってます。
内心は、心配で心配で仕方ないのは言うまでもありません。
椅子に座る前は、部屋の中をうろうろしていました。

大切な家族が、自分の知らない場所でどんな目に会っているのか・・・

したくもない悪い想像をしてしまって、
泣き叫びたくなるはずです。

家を飛び出した私の息子が門限までに帰ってこない、というだけでも、
私たち夫婦は「いつものように帰ってくる」ことを信じながらも、
ギリギリのところでなんとか平常心を保っていたくらいですから。

私たちは、息子が戻って来たときに叱ってしまいました。
実際には私は居なかったので妻が叱ったわけですが、
家に居たのが私だったら、私も叱っていたに違いありません。

でも、例えば遊園地で小さい子に
離れるなと言っておいたのに離れて迷子になったり。
私達のように喧嘩をして出て行き
門限を過ぎて帰ってこなかったときなど、
ついつい怒ってしまいますが、
本当に伝えたいことはそれでは伝わりにくいんですね。。

それでは、言われたことを守らなかったから怒られた。
と子供は受け取ってしまう。

でも、親が子供に伝えたいのは、親がどれだけ心配するか
ということですよね。

安堵したとたんに、心配が怒りに変わる・・・でもその怒りは、
無事に帰ってきてくれたこと、安心できたことによる反動です。
「心配で仕方ない」→「帰ってきた!よかった!」
→「どれだけ心配したと思ってるんだ!!」

なぜか、最後だけ伝えちゃう・・・

これを、最後だけは伝えるの止めて、
心配しているときの心情を「君にあえなくなるんじゃないかと、
どれだけ怖かったことか」という風に伝えてみたら・・・
そして、無事に自分たちにのもとに大切な我が子を戻してくれたことを
神様なり御天とさんに心から感謝を表してみたら・・・?

子供は、きっと自分がどれだけ大切にされているかを
感じ取るんじゃないでしょうか?


椅子を揺らしながら、鼻歌を歌い、
自分の感情と向き合っているであろうムッタを見ながら、
そういうことを考えていました。


                  全ての物語のために






posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | TrackBack(1) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

◎宇宙兄弟#43『ブライアン』
Excerpt: |ヒビト:一度でいいからあってみたかったんだよな、月面を一人で散歩|>>ヒビト、ヒビト|酸素残量8分か、クソ・・・どうせ死ぬなら谷に落ちて星でも見ながらがいいな|あれは?↓...
Weblog: ぺろぺろキャンディー
Tracked: 2013-07-07 21:42