お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2013年02月08日

アニメ「ジョジョの奇妙な冒険 #15 ヒーローの資格」 ハッタリかませ世界に!



「去勢されるくらいなら虚勢を張れ」
高橋歩著「人生の地図」に確かこんなことが書いてありました。

福岡では、毎週月曜深夜(火曜日早朝?)に放送されている
テレビアニメ「ジョジョの奇妙な冒険」。
その第15話「ヒーローの資格」を見ました。
16話の紹介と順番が逆になってしまってすみません。
何を感じて何をかくかも、その時に言葉が出てきた順番になるので、
今回は逆になってしまいました。

3人の柱の男たちと遭遇したジョジョ一行。
ジョジョたちの波紋パワーによる数々の技を持ってしても、
まったく歯が立ちません。
しかし、お調子者のジョジョが放った不意打ちの技で、
敵の一人ワムウの顔に傷を負わせることが出来ました。
喜びもつかの間、少しだけ本気になったワムウは、
ジョジョを簡単に打ちのめします。
倒れたジョジョは、自分にとどめを刺そうするワムウに言います。

「あと1ヶ月あればなぁ、お前よりも強くなって見せるのによ〜」

仲間がいる場所からワムウを話すために、
ワザと逃げるような卑怯なマネをして見せたジョジョを、
「卑怯者」と言ったワムウ。
ジョジョはワムウがプライドを重んじることを見抜いて、
瀕死の状態でもなお、ハッタリをかましたわけです。

至上はじめて自分の顔に傷を負わせた人間、ジョジョ。
プライドの高いワムウは、ジョジョのハッタリに乗りました。

30日は殺さないでおく、と。


ふてぶてしいですよねぇ〜ジョジョ。
「鈴木先生」の話では、成長後の自分を演じて、
実際の自分をそこまで成長させていくという話をしましたが、

これは、もっと若くて勇ましい、ハッタリ。
10代、20代のワカモノには、是非、
世界に向けてハッタリかますくらいの勢いは持って欲しいですね。
30代はちょっとギリギリありですかね〜微妙ですね(笑)
勝算が無ければ誰も相手にしてくれないかも・・・
それでも30代以上のみなさん、勝算も根拠もない自信を、
内に秘めておくのは大事ですよ。
大人になれば、そのパワーの表現方法が変わるだけで、
勢いを失っていいわけではありませんからね。

みんなで、キラキラ輝きましょう♪




                   全ての物語のために






posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | TrackBack(1) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

◎ジョジョの奇妙な冒険第15話ヒーローの資格
Excerpt: >シーザ:こっちを振り向け!くらえシャボンランチャ! これはまさか?シーザのハモンはきいた>連弾をくらえ!>>やぶれた>ワイヤーの風圧が蹴散らしたのだ>>対ハモンの道具、原理を...
Weblog: ぺろぺろキャンディー
Tracked: 2013-06-08 22:58