お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2013年02月03日

「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」 自由に、もっと自由に! 



職場の後輩が、近々退職します。
彼が新人のころ、私がメンタルサポート担当だったこともあり、
今でもたまに話をする仲になっていました。

入社して2年弱、早い退職なのかもしれません。
仕事は出来るので、会社も手放したくなかったはず。
でも、私は数ヶ月前に彼から辞意を聴いたときから応援していました。



「神出鬼没の俺たち、特攻野郎Aチーム。
助けが必要なときはいつでも呼んでくれ!」
Aチームのリーダー、ハンニバル・スミス役の声優さん、
羽佐間道夫さんのナレーションと、
軽快なテーマソングを思い出すだけで今でもワクワクしてきます♪

子供の頃、日曜洋画劇場や、
1時間のテレビシリーズでよく見ていた「特攻野郎Aチーム」。

「ルパン三世」のように、警察に追われながら、
悪いやつらをやっつけていく。
頼りになる、陽気なオジサンたち。


1月27日に日曜洋画劇場で放送された
「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」を見ました。

映画館でも見たんですが、これはやっぱりテレビがいい!
いや、出来が悪いとかテレビで充分っていう意味じゃないですよ。
Aチームはテレビのヒーローなんです。
テレビに戻って来てくれたのがとっても嬉しい。

テレビシリーズのナレーションでは「ベトナムで鳴らした俺たちは〜」
という台詞がありましたが、今回は・・・
湾岸戦争で鳴らしたアルファ部隊、通称Aチームという設定。
イラク戦争で再び集められた4人がメンバー。現役の軍人。
バグダッドのゲリラがドル紙幣の偽造原版と偽札を持って逃亡しようとしている
という情報がCIAから寄せられ、ゲリラを倒し、偽造原版を奪還します。
ところが基地に戻って来た直後、命令した上官が爆死。
偽造原版も混乱の中何者かに持ち去られ、挙句の果てAチームは、
上官殺害と偽造原版横領の罪を押し付けられ、懲役刑。
それでも、4人は屈しません。秘密裏にCIAの協力を得て脱獄しちゃいます。
当局の追跡をかわしながら、自分達の汚名を返上するために反撃にでます。



プロローグは4人の出会いから始まるのですが、
のっけから気持ちがいいくらい型破りな面々で、爽快。

テレビシリーズとは役者は違っても、雰囲気はそのままで、
ファンを裏切りません。

しかも、リーアム・ニーソン演じるリーダー、ハンニバルの親友で、
最初に指令を出す将軍の声を、テレビシリーズのハンニバル役、
羽佐間道夫さんが担当されていて、なおかつ、
ラストカットのあとに少しだけテレビのオープニング調の映像で
締めくくられますが、そのナレーションも羽佐間道夫さんでした。

吹替え版を演出した人も、ちょっと粋です。

国の為に正義を全うしただけなのに、
罠にはめられて犯罪者の汚名を着せられて投獄。
脱走して汚名を返上したと思えば、汚名は返上できても
脱獄は罪だとやっぱり逮捕。
幾多の理不尽を何度でもぶち壊し、ぶち壊すたびごとに、
彼らの笑顔は光り輝いていきます。

自分たちを縛り付ける鎖を引きちぎるたびごとに自由になっていく。

自分達の正義にのみ忠実。まさに愉快、痛快。
4人のメンバーのうちのプレイボーイな調達係、
何でもそろえちゃう通称フェイスマン。
彼の笑顔がラストカットですが、「さあ!また自由になろうぜ!!」
という気分満々の素晴らしい笑顔です。


間もなく退職する後輩は、自転車で日本一周の旅を始めるそうです。

もともとそういうことを趣味にしていた彼、そのガッツが買われ
採用にいたったのですが、
そんな自由人がいつまでも縛られているはずがありません。

最初に話を聞いたときは、なんかムズムズしてきた
という程度のものでした。ことばでは「迷っている」と・・・
でも、その話を聞いただけで分かりました。
「ああ、彼はまた旅立つな」と。
日本一周にかかる日数や金額、準備するものなどを考えるだけで、
ワクワクして仕方がないと語った彼は、
その数週間後には、会社へ辞意を表明。
何とか退職時期を引き延ばそうとする会社との交渉の末、
若干ゆずったものの、見事に自分の意思を通しました。

今、出発に向けて準備や調整をしている彼の背中には、
自由の翼が見えます。


                          全ての物語のために


P.S.映画の予告編にテレビ版のオープニングの音声をかぶせた動画がありました♪

ピッタリですね♪






posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。