お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2013年01月24日

「コクリコ坂から」 お話の主人公と脇役



私が通った高校は、なが〜い坂の上にありました。
もう20年前の話ですが、それでも時代遅れと言われる、
学生服に学生帽をかぶるのが校則で必須でした。
自転車通学をしていたので、冬でも坂を上りきると、
帽子の中は汗びっしょりです。
中学では、女子に声をかけられただけで
緊張していた私も、高校では恋が始まるヨ・カ・ン♪


1月11日に金曜ロードSHOW!で放送された
ジブリアニメ「コクリコ坂から」を見ました。

部室が集まる古く伝統のある建物を守る
秀才少年と、海が見える坂の上の家で、
船に見えるように毎日旗を上げつづける少女の
みずみずしい恋物語。

小学校高学年から中学生、高校生あたりまでを
観客層として想定しているんでしょうか?
美男美女の純粋で爽やかな、
そしてちょっとキュンとくるような設定。

お互いに自然と惹かれあって、思いを告げ合う。
青春時代に誰もが憧れるような恋模様を、
懐かしさを感じさせる時代をバックに
シンプルにつづっていました。



私は、「コクリコ坂から」のような文学的な作品ではなく、
小学校高学年からマンガを読み始め、
「タッチ」「みゆき」「めぞん一刻」「ツルモク独身寮」
といったラブコメマンガは何度も読みました。
さえない普通の男子が誰もが憧れるマドンナに恋をして、
読者をヤキモキさせながら実は両思いになっていく。

いや〜、憧れましたね〜!正直。

でも・・・現実はそうはいきませんでした。
高校生になってからは何度か恋はしても
完璧な一方通行のみ。

色気づいても、精神的には、ザ・少年!

マンガの主人公のような恋愛に憧れていても、
実際には主役カップルの周りで
振られていく脇役たちのような存在。


あなたは?

え!映画のような恋をしてたんですか?10代のころ?

うらやましいな〜!!

でも、もしお話の中の脇役みたいな恋しかしてなくても、
ふて腐れないで下さいね!

あなたをフッた人の恋物語では確かにあなたは脇役だったかもしれない。
でも、あなたの人生ではあなたが主人公であることは、
誰にも変えられない立派な真実!

あなたの人生を、
希望を持って堂々と最高のものに創っていけばいいんですから。
高校生じゃなくても、10代じゃなくても、
人生で一番若いときは常に「今」です。

あきらめずに、気負わずに、肩の力を抜いて、
「いまこの瞬間」にある幸せを出来るだけ多く見つけてみる。

それができるようになってくると
ラブコメよりも文学よりも素敵な愛にあふれ
楽しい物語を実感できるようになりますから!


                  全ての物語のために









posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | TrackBack(2) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

映画『コクリコ坂から』★自分の想いはこうして届く、誰かに……
Excerpt:                 公式..
Weblog: **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**
Tracked: 2013-01-24 17:40

「コクリコ坂から」 淡々と物語がすすんでいく
Excerpt: 「ゲド戦記」の宮崎吾郎監督の久しぶりの作品。 前作品から5年ほど経っていることに
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2013-01-26 00:15
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。