お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2013年01月07日

ドラマ「ラッキーセブンスペシャル」コンサルタントの正しい使い方


「大変なときは助けてくれとすがって来て、
問題が起ると、自分の経営能力は棚に上げてコンサルタントのせいにする。
だからダメなんだよ!」

フジテレビの新春スペシャルドラマ「ラッキーセブンスペシャル」

で、及川光博さん演じる悪徳経営コンサルタントが、
お金を騙し取られた被害者の経営者に吐き捨てるように言った酷い言葉です。

※正確な台詞ではありません。趣旨はこういうことでした。

「ラッキーセブン」は日本テレビの「家政婦のミタ」が終了し、
その次のシーズンの月9(ゲツク=月曜夜9時からのフジテレビの目玉番組)
として始まったドラマです。
「家政婦のミタ」で無表情なミタさん役を終えた松嶋奈々子さんが、
一転して優しい社長役。主演は嵐の松本潤くん。
ラッキー探偵社という小さな探偵事務所の7人の面々が、
色々な依頼を解決していく様子を楽しい雰囲気でみせる探偵モノです。


松本潤くんと競演の瑛太が魅せるカンフーアクションが結構よくて、
毎週楽しみに見ていました。

その、スペシャル版の新作がお正月にありました。

今回の依頼は、有名な和菓子店を継ぐのを嫌がり飛び出したボンボンが、
何年も口をきいていない父親を探してくれと頼んできます。
「お父さんはこれから人を殺して、自分も死にます」
という留守電を息子の携帯に残して失踪した父。
親父を殺人犯にしないでくれ!という息子の思いを汲んでラッキー探偵社が動きます。
そこで分かってくるのが、お祖父さんからその店を継いだお父さんが、
経営に困り、コンサルタントに相談したところ、融資してくれる金融会社を紹介されて、
そこでお金を騙し取られてしまったという事実。
自分を騙したコンサルタントにお父さんが金融会社とグルだったのか?
と詰め寄ったときに、悪徳のコンサルタントが吐き捨てるように言ったのが、
冒頭のような台詞でした。

実際、金融会社もニセモノで、その騙し取ったお金はこのコンサルタントの懐に入っていました。

お金を騙し取っておいて、人を自殺にまで追いやり自業自得という。
本当に悪党です。


ただし、冒頭に紹介した台詞・・・。
ドラマ上の悪役で悪事を働いたということや人間性などを除いて、
経営コンサルタントとクライアントである経営者、
という立場の正しいあり方として考えると、
じつは言ってることは間違っていないんですよね。

経営コンサルタントに限らず、コンサルタントというのは、
困っていることに対しての助言、つまりアドバイスをしてくれる人です。
それだけに、「助けてくれる人」と思ってしまいがちですが、
本当は自分を助けるのは自分でしかない。

例えば経営戦略にしろ、広告の打ち方にしろ、
「こうやれば絶対に大丈夫」なんてことは無いわけです。

「こういう方法も考えられる。上手く行くかどうか分からないけど、
試してみよう」
の「こういう方法も考えられる」という部分を、外部から見て客観的な意見をくれるのが
経営コンサルタントです。

そのコンサルタントを選ぶのも、アドバイスを採用するかどうか決めるのも、
クライアント(依頼人)自身が決めること。自己責任ということですよね。

困ったときは人任せ、上手く行かなかったらその人のせい。
「アンタが言ったからやったらダメだったじゃないか!」
というのは、依存型。
そもそもそういう依存型の人が、経営なんてしちゃダメでしょう。
ということを、冒頭の台詞がいっているとすれば、とても大事なことでもあるんですよね。

コンサルタントはアドバイスをくれますが、コーチやカウンセラーとなると、
アドバイスすらくれないことが多いです。

なぜなら、自分で気付いたり、悩みを解決することがとても重要だとしっているから。
例え、こうすればいいのにと思っても、「悩みはその人の人生の宿題」だから、
「成長するチャンスを奪ってはいけない。という思いを持っています。

コンサルタントも、コーチやカウンセラーも、あなたを助けてくれる人ではなくて、
あなたが自分で自分を救おうとすることのホンのお手伝いしか出来ないということを、
しっかりと心に秘めてやっている人は、本物です。

だから、「私が助けてあげましょう」という人は、頼りになるように見えるかも知れませんが、
気をつけたほうがいい。

もちろん、自己責任につけ込んで、騙そうとする人もいるので、
「人を見る目」はちゃんと自分でやしなう必要がありますよね!

コンサルタントなどの職業の人に関係なく、
友人や家族に相談するときも、実際に決断をして行動するのは自分自身!!


                         全ての物語のために


ラッキーセブンオフィシャルサイト







posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。