お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2012年12月01日

「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」手助けではなくサポート




「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」という映画を見ました。

9,11、アメリカ同時多発テロで父親を亡くした少年が、
父親のクローゼットの中で古い鍵を見つけます。

父親との距離をもう一度近づけたい彼は、
その鍵が何の鍵なのか突き止めようとします。
その鍵に合う鍵穴を探してニューヨーク中を駆け巡るのです。



9,11を題材にした物語ですが、この作品はフィクションです。

フィクションですが、私にとってもとても大切な物語になりました。


9,11で亡くなった父親を演じているのがトム・ハンクス。
その妻で少年の母親を演じているのがサンドラ・ブロック。
その他、ジョン・グッドマン演じるマンションの管理人(?)や、
隣のマンションに住むおばあちゃんやその間借り人、
少年が訪ねていく先の人々・・・

大人達の「見守り方」が素晴らしいのです。
それを全部明かしてしまうと、映画の結末までバラしてしまうことになるので、
ここではその取っ掛かりだけ・・・


父親は「調査探検」と称して、
色々なことに興味をもち自分で調べることをひとつの”遊び”として、
少年に示していました。

疑問をもち自分で調べて、自分で考えて、
自分自身が納得のいく答えを導き出していく。

そのことを体験で学ばせたいんですね。

だから問題や、問題を創るキッカケは与えても答えは与えない。

ちゃんと「親」という字の通り、木の上に立って見ている。
決して下に下りてきて、手出しをしないんです。

もちろん、適切な手助けが必要な瞬間はあります。
それは要所要所でこの映画でも大人たちがキチンと魅せてくれます。

でも基本は見守るだけ、そして手助けしたいところでもできるだけサポート役に徹する。
手助けとサポートは違います。

手取り足取り「こうしなさい」というのと、
その子がやろうとしていることを影で支えることは違いますから。

カウンセラーやコーチが最初に学ぶのは
「悩んでいる人の悩みを、自分が解決してやろうと思ってはいけない」と言うことです。

「悩みはその人の『人生の宿題』」
だから、自分で解決していかなければならないもの。
成長するための課題です。
助けてしまうことは、成長する権利を奪ってしまうことになるからです。

だからカウンセラーやコーチは彼らが悩みを解決するためのサポートに徹します。

子育てをする親も、周りで見守る大人もそうです。

でも、「言うは安し」。
私自身、親です。教育者です。
実際に息子を目の前にして、ついつい手出し口出しをしてしまうことがある。

それでも、その本質を見失うわけにはいきません。

手助けではなくサポート・・・

作品全体で『この感覚を魅せてくれる』素晴らしい映画でした。


                                    全ての物語のために







posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは♪
意味深と言うか意味不明なタイトルと予告編に惹かれて劇場で鑑賞しました。もちろん、トムハンクス、サンドラブラックなどキャストの良さにも惹かれての鑑賞です^^

とにかくいろいろなことを考えさせてくれた作品でした。
手助けとサポートの違い・・・難しいですね。。。手助けは簡単にできそうですが、サポートって根気がいるような気がします(^^ゞ
私は息子たちをサポートしているのかな・・・
私の場合は手助けかもσ(^◇^;)

キャスト、ストーリー、音楽、結末、すべてにおいて素敵な作品でしたよね(^_-)-☆
Posted by ひろちゃん at 2012年12月02日 22:06
ひろちゃんさんのブログ見ていつも羨ましがってます!
劇場公開最新作をいっぱい見れてていいな〜!!!

>サポートって根気がいるような気がします

ホントそうですね。前にテレビで黒木瞳さんが言ってました。
「子育ては待つことです」って…

いや〜深いです。
Posted by ストーリーセラピスト at 2012年12月04日 00:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。