お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2012年11月02日

「20世紀少年」 ともだちのつくり方


金曜ロードSHOW!で「20世紀少年サーガ」3週連続放送してましたね。

確か、劇場版は全て2時間半くらいはあったんじゃないでしょうか?
それを、約1時間半ずつに構成しなおし、
劇場版では使われなかったカットも使って再編集した「特別版」ということでした。

劇場版は1作目は見ごたえがありワクワクしながら見たのですが、
正直2作目以降はしぼんでしまったイメージがありました。

しかし、こうして短くされたテンポのよいバージョンをみると、
最後まで中だるみせず、面白く見れました。

私も映像作家をしてますが、編集は「削っていく作業」です。
短くするとドンドン面白くなるという感覚は何度も味わいました。
「20世紀少年」も上手くいったんじゃないでしょうか?


核家族化が進み、親戚のオジちゃんオバちゃんやおじいちゃんおばあちゃんが、
いつも近所にいるという状況が非常に珍しくなってきた現代。
近所づきあいも、昔のように密接ではなくなってきたといわれ始めてもう20年強。

ともだちの作り方を知らない子供たちが増えているようです。

一昨年、NHKのBSの朝のニュースでは、大学を退める新入生が多い現状を特集していました。
その理由のひとつが、高校までのようにクラスが固定されていない体制の中で、
ともだちをどうつくっていいかわからないから、というものでした。

2年前の大学生の状況なので、現在の小中学生ともなるとこの流れはより進んでいるのかもしれません。

「空想科学冒険映画 20世紀少年」三部作。

そういう子達が、この映画のラストシーンから自分の中にある
「あと一歩を踏み出す勇気」に気付くことができたら素敵です。


                                全ての物語のために






posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。