お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2012年08月25日

「サマーウォーズ」のハイテクバランス



久しぶりに更新します!!

この夏の初めに金曜ロードSHOW!で、
「サマーウォーズ」という日本のアニメ映画が放送されましたね。

公開時から話題にはなっていたので気にはなっていたんですが、
結局レンタルでも手が伸びず、TV放送時に一応予約録画しました。

放送当日は予約したことも忘れていた私。
23時過ぎに帰宅すると、小学2年生の息子がまだ起きていて、
「チチが録ってたやわらかい映画、面白かったね~~♪♪」と上機嫌。

息子は実写を「かたい」アニメを「やわらかい」と表現します。
CG作品は「かたやわらかい」んだそうです。

その息子が夏休みの間に3回も観かえしていたので、
そんなに面白いのかと、先日やっと私も鑑賞しました。

感想は、テンポもよく、非常に楽しめました。

番組が始まる前の、こども店長?くんの解説では、
「家族の絆」がテーマという宣伝でした。

たしかに、そうでしたね。


ストーリーセラピー的に注目したい点は、インターネット上のバーチャル世界の
怖さと希望を見事に表現して伝えてくれたなぁという点です。

インターネットの登場とパソコンやモバイル機器の普及で、
バーチャルの世界に引きこもり、現実社会での人間関係を構築できない
若者が増えていると言われ始めてもう何年もたちますよね。

またハッキングなどで個人情報が盗まれたり、
システムがダウンしたりという脅威は現実に起きています。

ですが、もちろんそんなに悪いことばかりじゃないですよね?
世界中の人と簡単につながれるようになり、
しかも自動の翻訳サービスなどもあるので、
現在は実際に海外の言葉をしゃべれなくても
個人単位で海外の方とビジネスを展開したり、
facebookなどのソーシャルメディアで知り合ったりして、
様々な可能性が広がっているのも既に現実のことです。

つまり、自動車にしろ包丁にしろ便利な道具は、
私たちの暮らしを向上させてくれるのと同時に、
使い方を間違うと凶器になる。

インターネットも同じだということ。
(もちろん社会に与える影響力の大きさは全然違いますが)

そして、自分の世界に引きこもったり、悪意を振りかざす人間は、
ネット社会でも現実社会でもいます。
だから、どちらにしても人と人のつながり方、コミュニケーションのとり方は、
当たり前のマナーが必要だということ。

インターネットは直接対面しない分、相手の気持ちを慮るという点では、
現実よりもより想像力が必要とされます。
それだけに現実よりも高度なコミュニケーション能力が必要だともいえるのかもしれませんね。

そんなことを、たぶん私の息子の世代は当たり前のように受け入れていくんだろうな・・・。

「サマーウォーズ」のように分かりやすく、面白く、そして大切なことを深く、
伝えてくれる作品があり、それをすんなり受け入れる世代ですからね。

私が息子の年齢のころ、「機動戦士ガンダム」というアニメで、
「ニュータイプ」=人の革新、という言葉が流行りましたが、
これからのこどもたちがまさにそういう世代なのかもしれません。


                          全ての物語のために。









posted by ストーリーセラピスト at 02:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。