お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2017年03月29日

スペシャルドラマ「リーダーズU」あなたが本気で伝えたいことは何ですか?



オレが本気で伝えたいことは何だろう?

自分が生涯をかけて売っていくもの。
売っていくに値するもの。

それが何なのか、自問自答を繰り返している。

というのがちょうどこのブログを
毎日更新し始めた頃からのことです。

本気で売りたいもの。
つまり本気で伝えたいこと。

どんな商品、どんなサービス、
どんなサポートも、
そういう思いがあってこそ、
本当の意味で相手の心にまで伝わるものに
なるのでしょう。

少なくともわたしは、そういう手応えが
欲しいのかもしれません。



先立って放送されたスペシャルドラマ
「リーダーズ1 特別編ディレクターズカット」
をつい先日見終えて、続編の放送予告に
ワクワクしていました。

スペシャルドラマ
「リーダーズU」


を観ている真っ最中です。

1934年(昭和9年)、日本の自動車需要が
急速に加熱していたころ。

欧州勢に加えて、アメリカのフォード、GMの
本格参入によって日本の市場はまさに
外国車販売の戦国時代へ突入していました。

愛知にあるGM車販売店「日の出モータース」
ここの支配人、山崎亘(内野聖陽)は
アメリカ流の販売方針に抵抗し、
常々改善を訴えていました。

しかし、大阪に拠点を置く
「日本ゼネラルモータース(GM)」は、
一販売店の意見に耳を傾けけません。

ある日、山崎が大阪か戻る途中、
鈴鹿峠の山道で立ち往生している
シボレーのような車が目に留まります。

背広のまま車の下に潜って修理する男は、
愛知佐一郎(佐藤浩市)でした。

「アイチ自動車」販売店第一号となり、
佐一郎を支え続けることになる山崎亘。

佐一郎と彼の運命の出会いです。

国産自動車を売るためには
どうしてもトラックを売らなければならない。

その時、佐一郎の頭に浮かんだのは、
鈴鹿峠で出会った山崎でした。



日曜劇場「半沢直樹」や「下町ロケット」の
スタッフによる大型スペシャルドラマ。

さすが見応えありますね〜!

「1」とは違う視点で描かれ、
新たな登場人物を中心にして同じ頃の話が
描かれる。

こういう描き方でワクワクさせてくれるのは
小説「チームバチスタの栄光」シリーズや
同じ世界観で展開される海堂尊作品が
思い浮かびます。

さて、GMの代理店・「日の出モーターズ」
の支配人、山崎は正直な男でした。

GMの車を買うと言ってくれた客に
礼を言いつつ本当は
日本の道には向いていないからと
「買わない方がいい」なんて言ってしまう。

ある日、山崎は料亭の女将に言われます。
「山崎さんが本気で売りたい車は
どんな車なんですか?」
そのときに山崎の脳裏に蘇ったのも
鈴鹿峠で言い争った佐一郎の言葉でした。


あなたが本気で売りたいものは何ですか?


いま、どんな仕事をしているにせよ、
その仕事から伝わるものがありますよね。

やりがいを求めながら、目の前のことに
やりがいを感じられない人。

それは、自分がなにを、どんなことを
伝えていきたいのかがわかっていない。
という以前に、本当は自分の中に
そんな情熱があることすら気づけていない
というほうが正しいのかもしれません。

自分が本気で売りたいものが何か?
を考えることは、
自分が本気で伝えたいものを考えるのと
同じことです。

わたしの場合は、このブログで
書いてきているようなことを表現していきたい。

きっと改めてこのブログを俯瞰してみたら
自分が売るべきことも見えてくるでしょう。

というか、最近はそういう作業が
増えています。

それでもまだ漠然としている。

それを具現化して、役に立つものにしていきたい。

映画が好きな人、小説が好きな人、
ドラマが好きな人、アニメやマンガが好きな人

・・・そういう人たちだけではなく

ただ何となくそういうものを観ているけれど
自分の生活にいまいち「幸せ」を
見いだし切れていない人。

そういう人たちが、自分の中の幸せ力を
引き出し磨いていく過程をサポートしたい。
物語(フィクション)の力を
物語(人生)と共鳴させながら・・・

きっとそういうことなのでしょう。

それが実現していくことを考えると
ワクワクしますね。


          全ての物語のために












posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。