お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2017年03月27日

ドラマ「A LIFE〜愛しき人〜 #9」なにも聞かないけど勇気づけることもできる



心理学は科学です。学問です。
ですから、基礎とは言え学問として
心理学を学んでいるとどうしても
頭でっかちになってしまっている自分に
気づかされることがあります。

カウンセリングもその科学からきた技術ですから
知識を活用した対話をもちろん行っていくのですが、
じゃあ何でもかんでもカウンセリングの
知識通りにやっていればいいのか?

というとそうはいきません。

リーダー研修なるなるものを受けてきた上司が
急にコーチングの技術を使って
面談をされたりしても、なかなか良い対話にならない。

なんてこともよくあります。

どうしてもその人の人間性や相性、
そして信頼関係が左右する領域は大きいでしょう。

いくら科学でも、人の心の全てを解き明かしきっている
わけではないのですから。

それでも、例えば、ドアオープナーと言って、
悩んでいるなとわかる相手に「話しを聞かせて」という
声かけをしたりすることがあります。

これは、本当に功を奏することはあります。

しかしだからと言って、悩んでいるな?と分かったら
誰かれ構わず、いつでも
心のドアをオープンさせれば良いわけではないですよね。

そもそも相談にのることだけが解決ではなく
本来は自らの気づきを手伝うのが目的。

その本質を見誤らないようにしなければ
下手に知識があるからこそ
”技に溺れる”状態になってしまいかねない。

やはり向き合うというのは技術以前に心と心ですよね。



春のせいでしょうか、勉強意欲がとても上がっています。
今のうちに色々なことを習慣化しておいたほうが
のちのち得をしそうですね。

ドラマ「A LIFE〜愛しき人〜」
第9話


深冬(竹内結子)が急変、脳内で出血し
沖田(木村拓哉)はもっと早く
手術をしていれば、と悔やみます。

そんなとき、壮大(浅野忠信)に
現職大臣のオペの相談が持ちかけられます。

日本初の難易度の高い手術で行うとこ決めた壮大は、
大臣の手術が成功したら
深冬は自分が手術すると沖田に言うのでした。

愛する妻の手術をするプレッシャーに
勝てることを大臣の手術で証明しようというのです。

本気かと問う沖田に、
壮大は「俺はお前とは違う」と言い放ちます。

それでも沖田は・・・。



最後の2話はまとめて観ました。
さすがTBS日曜劇場。
最後までしっかりと作られていました。

さて壮大、いよいよ最後の暴走でしょうか?

沖田は沖田でイラつきます。
父親の手術で一瞬でしたが自分の意に反して
手が動かなくなったことを
まだ、引きずっているようでもあります。

深冬の腫瘍は脳内の出血によって
また難しい手術が必要となっていました。

そんな中で壮大が暴走し始め、
自分は未だ父の手術のときの失敗を
引きずっている。

そして、そんな自分の内面を
井川にも見抜かれ指摘されてしまいます。

イライラしたまま沖田が実家に帰ると、
退院したばかりの父・一心が、
店のカウンターの中で包丁を研いでいました。

一心の体を気遣いながらも
イライラをぶつける沖田。

一心のいつもの悪態を軽く流せなくなっています。
何かあったなと一心は悟った様子。

しかし、「何かあったのか?」
なんてそのときは聞きませんでした。

一瞬、動きが止まっただけで
また作業に戻ります。

そして、自分のこととして、
自分の仕事に向かうときの心構えを短く伝えます。

それで十分でした。

沖田は、自分が余計なことに捕らわれていたことに
気がついたのでしょう。

父の姿勢を観て、「病院に戻る」と
出て行ってしまいます。

一心が言った言葉は…
「雑念は入らねぇ。一途一心だ」
と、まさにそのキャラクター設定どおりのイメージ。

それでもあくまで自分の仕事の準備に対する話であって
沖田の話を聞いたわけでもないので、
沖田は相手が相手の話をしている中で
自分で勝手に気づいた…と思っている状態です。

まさに、カウンセリングの目指すところです。

でも、こういうことはわたしたちは
カウンセリングの技術なんて学んでいなくたって
日ごろやっていたりしますよね。

相手が大切な人であればなおさら
土足で踏み込むような野暮なことはせず
相手を慮って、見守る。

そういう気づきの促し方、勇気づけの仕方をしますよね。

心のことを勉強するには、
知識だけ詰め込んでもダメです。

人と人の心の触れ合い。

知識なんてそのためのほんの参考に過ぎません。

本物はもっと、今目の前の関係の中にある。

相手のことをどれだけ思っているか?

一心のわが子を思う親ご心。

これに勝るカウンセリングなんてないでしょう。


             全ての物語のために







posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック