お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2017年11月11日

ドラマ「民衆の敵 世の中、おかしくないですか!? #3」自分らしくないことをしてみる



休みの日に朝の散歩をしてみました。

休日はほぼ家にいる。
出るとしても車でというのが
普通なのですが、
仕事がある日は6時半には家を出ているので
7時頃の近所の雰囲気を感じる機会は
滅多にない。

いつもなら会社近くの都会の中に
いる時間ですからね。

そう思ってふと歩いて観ました。

ホンの10分か15分の散歩。

特に何かが起きたなんてことはありません。
自宅マンション裏の川に放たれている鯉は
人に慣れていて、川沿いを歩く人間を
追ってくるんだな…
というのがわかったくらい。

でも、いつもはなんとなく
身体や頭が目覚めて行きますが
散歩帰りはもうシャッキリしてました。

おかげで、休日にやる仕事が
だいぶはかどりました。



自宅のHDDレコーダーには、ワタシが観ている
ドラマよりも1.5倍のタイトルが揃っています。
妻が観ている・・・「コウノドリ」「ドクターX」
などなど。観たい!けど時間がとれない!

ドラマ「民衆の敵 世の中、おかしくないですか!?」
第3話


を観ました。

佐藤智子(篠原涼子)は希望通り、
あおば市議会の教育こども委員会に入れたようです。

自宅では慣れない資料と格闘しますが、
会議に出てもみんなが何を話しているのか
内容について行けない様子。

そんな智子に小出未亜(前田敦子)が
市民の陳情を押し付けてきます。

話を聞くだけでいいという議会事務局職員、
それなら自分にもできそうだと、智子は引き受けます。

陳情を持ち込んだのは富子(梅沢昌代)。

富子はかつての隣人、今井一馬(渋谷謙人)が
誘拐犯人として逮捕されたが冤罪だと訴えます。

放っておけなくなった智子は早速動きます。

まずは、事件を平田和美(石田ゆり子)に調査依頼。
和美は担当警察官から話を聞きます。

事件の発端は、不審な男が少女を連れ歩いている
という市民の通報でした。

警察の捜査で少女は小川かのん(白鳥玉季)と判明。
すぐにかのんの自宅に行くと
彼女の母・裕子(安藤玉恵)が出ますが、
かのんは帰っていません。

警察は付近の家をしらみつぶしに調べ、
一馬のアパートでかのんを発見、
一馬の逮捕に至ったのでした。

智子の話を聞いた藤堂誠(高橋一生)は、
はじめは聞き流していたのですが・・・。



確かに「コード・ブルー」とは違いますが
今のところ面白くできていると思います。

ドラマ好きなのに観ないのはちょっと
もったいなくないですかね?
と思えるくらいのおもしろさはあります。

もちろん、好みはそれぞれですけどね。

さて、毎回藤堂のアパートと訪ねてくる
女性、商売女のようです。

彼女がケーキを作ってみたと言って
持ってきます。

冒険、自分らしくないことへの
挑戦なんだそうです。

藤堂はそれを聞いてハッとしたようです。
わたしもそれを聞いてハッとしました。

最近、なにか自分らしくないことに
挑戦しただろうか?

今年の後半になって
個性心理学を楽しく学べる
「動物キャラナビ」から、
2017年はとにかく丁寧に体調を整え
現状維持を心がける年なのだと
腑に落ちました。

思えば2017年の1月はいきなり
数年ぶりのインフルエンザから始まり
その後も、欠席、早退がありました。

数年間の皆勤記録がポロポロと崩れた。

なので、2017年も後少し、
焦って無理をせず、丁寧に淡々と
生きていきますが、

来年からは、少しずつ活動を
広げて、自分を広げて行かなきゃな
と思っていたところに
「自分らしくないことへの挑戦」
という言葉が心に刺さっちゃったんですね。

現状維持を淡々と続けるというのは
なかなか大変で、どうしても新しいことに
目がいってしまう。

2017年も新しい勉強を始めたし
コレまでに読まなかった本も読んだし
少しずつですが来年以降に向けての
準備もしています。

でも、これまでのように
勢いでがんばっちゃうようなことは
やっていません。

だから、休日に朝散歩に出かけたくなったり
したんだと思います。

いつもと違うことをしてみる。

自分を成長させたいなら
それって大切なことですもんね。

来年から、どんな自分らしくないことに
挑戦できそうか考えてみます。

いまは焦らず考えます。

それだけでもワクワクできそうだから。


         全ての物語のために



黒沢久子脚本作品







posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。