お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2016年11月30日

ドラマ「弱虫ペダル #2 鳴子章吉参上!」なりたい自分のとらえ方



なりたい自分になる。

それがわたしの目指すところです。

じゃあ、そのなりたい自分てどんな自分?

…それが、いまだにおぼろげなんですね。
20代、30代のころに比べると
かなりハッキリとはしてきましたが、
40代にもなったというのに

「アレ?オレって、こんなことにもわくわくするの?」

と新しい自分や、自分の魂が求めていることの
可能性を感じることがある。

わくわくする。何かを感じてる。
興奮している。ドキドキしている。
魂が喜んでいる。

自分がなりたい自分。

それを見極めるために、そんな感覚には
敏感でいたいんですね。


原作やアニメファンの期待を裏切らない
見事な実写化作品。

ドラマ「弱虫ペダル」
第2話 「鳴子章吉参上!」


を観ました。

オタク高校生の小野田坂道くん。

アニメ研究部の部員は集まりませんが、
ロードレースに情熱を燃やす今泉から
自転車競技部に入らないかと声をかけられ驚きます。

しかし運動は苦手だと自信を持てずにいました。

そんな矢先、大好きなアキバを訪れていた坂道くん。

「君、オタクやろ!?」と声をかけ来た
赤い髪の少年、浪速のスプリンターこと
鳴子章吉にアキバを案内することになります。

鳴子とともにアキバを歩いたことが楽しくて
勇気を出して自転車で一緒に帰らないか?
と鳴子を誘う坂道くん。

鳴子と走ることで自転車の魅力を
肌で感じることになります。

翌日、坂道くんは総北高校で鳴子と再開。
実は鳴子が入学したのも総北高校でした。

鳴子も自転車競技部に入ると知り、
坂道くんの気持ちは自転車競技部へ入るか
改めて真剣に考えるのでした…



とまあ、ここまであらすじを紹介しておいて
結局、自転車競技部にもちろん入るわけですが…。

前回、坂道くんが今泉との勝負を
真剣に勝ちに行ったのは、
「友達をつくりたい!」という
魂の叫びからでした。

そして今回、坂道くんは
自転車競技部への入部を決断します。

その理由は、自転車が
自分と友達をつなげてくれたから。

友達と走ったことが楽しかったから。
わくわくしたから。

そして、そこに自分の可能性を感じたから。

…でした。

坂道くんは友達が欲しかった。

頭に思い描いていたのは、
自分と同じようにアニメが好きな友達と
アニメの話しをする自分の姿でした。

でもそれはイメージの一つにすぎない。

自分が好きなもので、
友達と本気で語り合えるなら、
それはアニメに限る必要は無かった。

この場合の「本気で語り合う」ということの意味も、
ただ会話で語り合うと言うだけではなく
一緒に体験して感じるということ。

アニメ好き同士なら、一緒にアキバに行ったり、
一緒にアニメ作品を観て感動することでしょうし、
自転車なら一緒にトレーニングをして
一緒に走る…

手段は違っても、中身は何も変わらない。

坂道くんがなりたい自分というのは、
友達と切磋琢磨しながら
自分の好きなことや自分の可能性を、
突き詰めていく姿だったのではないでしょうか?

だからイメージとは違っていて戸惑ったけれど
心が…魂が反応する方に従った。

坂道くんを観ていると、
まだまだわたしも自分の魂にたいして
敏感に研ぎ澄ますことができるんじゃないか?
という気がしてきます。

自分がわくわくする方へ、自分の可能性を信じて。


             全ての物語のために












posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。