お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2017年03月25日

ドラマ「下剋上受験 #10(最終話)」勉強ってなに?を捉えなおしてみる。



このドラマの感動的なラストで
受験をのりきった後、中学生生活を送っている
佳織の言葉がとても印象的でした。

「勉強は、世界が変わります」

これは真理ですよね。
誠の理。とても当たり前の理屈。

勉強をすれば世界が変わる。

でも、不思議なことに社会人になってみると
沢山勉強をしてきて
そこそこの大学を出たエリート
・・・のはずの人たちが自分の世界を変えられず
四苦八苦しているのでしょうか?

それは結局、エリートというには中途半端で
勉強が足りなかったということでしょうか?

そこそこの学歴じゃダメで
やはり東大とか慶応とか名のある大学を出て
官僚なり医者なり弁護士なりに
なれるくらいの学力を付けられなかった
”負け組”ということなのでしょうか?

今でも、朝の電車の中や朝のコーヒーショップ
などなど、スーツを着た働き盛りの
おじさんたちが黙々とお勉強をしています。

わたしもそんな中で、勉強をしているひとりです。

さあ、コレでどう世界が変わるのか?



やっと観ていなかったドラマを
まとめて見れました。

ドラマ「下剋上受験」
第10話(最終話)


を観ました。

約1年半かけて桜井家が挑んだ中学受験。
その結果が今出ようとしていました。

佳織(山田美紅羽)に中学受験をさせる
と決めてから約500日。

紆余曲折を経て迎えた桜葉学園の合格発表。

信一(阿部サダヲ)と佳織は合格者の
受験番号が張り出された掲示板から
自分の番号を探します。

一方、香夏子(深田恭子)や一夫(小林薫)
居酒屋ちゅうぼうの仲間たちは
信一からの連絡を待っていました。



この作品も息子を妻が先に観ていて
「面白かった〜!」
と気持ちを込めて言うほどですから
ただのまとめ的な終わり方には
ならないだろうと思っていましたが
最後までちゃんと面白く、感動的に
魅せてくてましたね。

このドラマに関しては、わたしは第一話から
危惧しているというニュアンスを含めて
取り上げてきました。

誤解のないようにいっておきますが、
このドラマ大好きですよ。
毎回のように感動して泣いていましたからね。

家族全員で楽しみに観ていました。

でも、危惧はずっとしています。
アドラー心理学の団体と衝突したり
視聴率で伸び悩んだり、いろいろ話題のあった
「嫌われる勇気」よりずっと多くの人が
ある注意をしながら楽しむべきドラマが
この「下剋上受験」だと思って観てきました。

最後までその感触は変わりませんでした。

それは、なにかというと、
「お勉強」に対する捉え方です。

世の中にはお勉強ができてバカな人は
いっぱいいる。

学歴にコンプレックスがあって、
’エリート’という言葉にトゲを含ませてしまう
人たちの多くはお勉強ができてバカな人に
ひどい扱いを受けたりした経験がある人も
多いはずです。

でももちろんエリートの中にだって
マトモな人はたくさんいますよね。

このドラマに出てきた楢崎や徳川社長などは
マトモな人たちの方に入るでしょう。

そして、今現実に朝勉をしている社会人の人たち。

彼らもきっとそうでしょう。

でも、何かがズレている。
わたしたちがやらなきゃならないことって
そういうことじゃないんじゃないかな?

と、ずっと思っています。

新しいことを覚えるのはとてもいいことです。
でも学力を付けること、英検何級とか
なんたらの資格をとるとか、
そういうことではないんですよね。
勉強って。

たくさん勉強したはずなのになんで?
まだ足りないの?

と思っている人たちにこそ、
お勉強に対する捉え方を変えてみて欲しい。

お勉強はすれば学力はあがります。

佳織は公立とは違う学力という意味で
レベルの高い学校に行きました。

でも、佳織自信もそういう意味で
世界が変わると言ったわけではないですよね。

勉強をする喜びを知ったのでしょう。
それは、学ぶことそのものへの探求心かもしれないし、
学んだことでつながる新しい出会いかもしれません。

いずれにせよ、学ぶという行為により
知らなかったことを知り、
知ったことを使って、新しい可能性や価値を
自ら作り出していけている。

だから世界が変わる。
自分の人生、自分の世界を変えていける。
そういう意味ですよね。

英語力があがれば転職に有利なのも
資格があればキャリアアップに有利なのも
よくわかります。

でも、その英語力を使って誰になにを伝えるのか?
誰とどんなことを語り合うのか?

その資格勉強で身につけたスキルを
自分のどんな特性と組合わせて
どんな新しい価値を生み出していくのか?

そういうことですよね?

いっぱい勉強をがんばってきたのに・・・

そう、いっぱい頑張ってきた。
でもそれは今を変える力ではありません。
今を変える力を生み出す材料にすぎない。

いっぱいお勉強をしてきたというのは
いっぱい材料を集めてきたということ。

あるいは効率よく材料を集める
訓練をいっぱいしてきたということです。

じゃあ、次になにをするのか?

その材料を使って「作る」「造る」「創る」

あなたなりの今を変える力を生み出していく。

それがお勉強を頑張って
世界を変えるということです。


          全ての物語のために










posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。