お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2017年02月03日

ドラマ「下剋上受験 #3」大切な人を大切に思うあまりに人間関係を壊さないように



身内…ミウチ…

の悪口を言われるとムカつきますよね。

言葉通り家族のこともそうだし、
同僚であったり部下であったり
チームメイト、クラスメイト…などなど。

例えば、夫婦ならお互いの家族への
悪口はタブーですよね。

恋人同士でもそうだし、
お互いの友達の悪口もタブーです。

悪口を言ったつもりが無くても
自分の大切な人の文句を言われたと
受け取られて酷く傷つけてしまうことも
ありますよね。

わたしもそれで大切な人を
傷つけてしまい自分自身が傷ついたことも
よくあります。



久しぶりに仕事をしたせいで興奮状態で
夜眠れなくなるということを体験したので、
帰宅中から気持ちを落ち着けることを
意識してみました。よく眠れるかな〜

ドラマ「下剋上受験」
第3話


を観ました。

“俺塾”と命名した自宅の勉強部屋で
本格的に受験勉強を始めた
桜井信一(阿部サダヲ)と娘の佳織(山田美紅羽)。

睡眠時間を削って勉強に励む2人を
妻・香夏子(深田恭子)は心配します。

信一が仕事を全て後輩の社員・楢崎哲也(風間俊介)に
任せきりにしていることで楢崎は悩んでいました。

そんなことには気づきもしない信一…。
あろうことか楢崎に対して受験相談ばかりを持ちかける始末。

そんな中、桜井家に佳織の担任・小山みどり(小芝風花)も
佳織が授業中に居眠りすることが増えたことから
家庭訪問を実施します。

みどりは桜井家の事情を知った上で
感情的になり「中学受験の大半は親の見栄”だ」
と猛反対します。

それを聞いていた香夏子は…



担任のみどり先生は、マジメな先生です。
大企業の社長が娘を転校させてきても
みんながペコペコするようなその社長にも
教師としてモノ申すべきことはキッチリと
言う強さを持っている。

だからこそ、佳織の両親へも話を聞きに
自ら出向いていったわけですね。

しかし、佳織の両親が佳織に中学受験を
させようと思っていることを知ると、
主張が強くなり過ぎます。

観ているとどうやら個人的な感情が
由来していることがわかってきます。

自分の親が学歴が低かったのに
自分には過度な期待がかけられた…
そんな経験があるようです。

大切な生徒である佳織が親の
過度な期待を押し付けられて
苦しんでいやしないか?

そういう心配をした…

先生も本気で佳織のことを考えた、
その結果の行動ではあったわけです。

しかし、それは自分の経験とダブらせ過ぎた。

過度に感情的になってしまったのが
その証拠ですね。

みどり先生は、佳織の涙ながらの訴えと
佳織の両親の対応によって、
スッと我に返り、身を引くことができました。

のみならず、後々自分を顧みた上に
教師として佳織とその他の生徒に対して
何ができるかと考えてあらたな行動にでました。

素敵な先生ですね。

佳織の両親とも、必要以上にことを荒立てはしませんでした。
ドラマの中では「中卒だ」「自分たちはバカだ」「頭が悪い」
と面白おかしく言っていますが、本当のバカではありません。

ちゃんとわきまえている。

しかし、自分の子どものこととなると
わたしもリアルに目の当たりにした事が
何度もありますが、親たちは感情的になりやすい。

佳織が「パパをいじめないで〜!」と
泣きじゃくったように、子どもたちだって
自分の親が悪く言われるのは快くはない。

これは血縁は理性が飛ぶほど強く、
顕著にでますが、ミウチとなると
血縁以外でもそうなりやすいです。

みどり先生にとっては大事な生徒…
それも同じことですよね。

だからムキになってしまった。

お互いに佳織のことを真剣に思っているからこそ
お互いの関係を悪くしかねないほど感情的になった。

これは非常にもったいないことですし無意味です。
無意味どころか、お互いの愛情が逆効果にすら
なりかねない。

わたしたちが、大切な人を大切にしていくために
知っておきたいことは、大切だと思う気持ちが
大きければ大きいほど、自分とその大切に思う相手との
境界線が曖昧になりやすいということです。

これを一体感とか母子一体感と言います。

このことを知っているか知っていないかで
大切な人を不幸にしてしまうか
本当に大切にして、大切に思う者同士
よりよい関係性を築いていけるかが変わってきますよね。

自分で自分が母子一体感に駆られていないか?
を把握するには、感情的になってしまっていないか?
がそのカギになります。

こうあるべきだ!こうあるべきではない!

みたいなべき論を主張したくなって興奮している時など
自分を顧みて、いったん冷静になりフラットな考え方を
取り戻すように意識するかしないか。

それで人との関係性が大きく改善する人は
沢山います。

是非、知っておいてほしいことです。


            全ての物語のために


















posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。