お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2017年04月30日

ドラマ「CRISISクライシス 公安機動捜査隊特捜班 #3」絶望は何度でも



土曜日、休日の朝、
わたしの次に起きてきた息子。

感心なことにその日の勉強を始めました。
早く終わらせて遊びに出たいのでしょう。
漢字の書き取りです。

その最中に息子が語りかけてきました。

「なんか最近、イヤイヤすると」

漢字をノートに書きながら
ザワザワしてイライラしてノートを
グチャグチャっと塗りつぶしてしまいたくなる
という話でした。

そんな自分の感情を観察して
言葉にできている息子に感心しながら伝えました。

よくわかるよ。父も同じ年の頃
いっぱいそんな気分になっていたから。
でも、正常に成長している証拠。
体の中が、今までよりも早く激しく
大人になろうと暴れてるんだよ。
だから安心して良い。それで正常。

「え〜」

(笑)

いつまででしょうか?
まあ、中学生の頃より高校生では
落ち着くし大学生くらいの年齢でも
さらに落ち着く。

ただ、この間にはいろいろな
感情的な経験をします。

難しい言い方をすれば、
彼はこの思春期という期間を
健全に乗り越えなければならない。

ここからも母性の力は絶大ですが
今まで以上に父性の役割が大幅に増えます。

そして、それは安定した情緒で見守るのが
もっとも望ましいと思っています。

本当の意味で強くたくましい
健全な心を育んでもらうために。



最後に大きく盛り上げてくれるのでしょうか。
あまり期待し過ぎてもよくないのでしょうが
スカッと終わらせてもらいたいですね。

ドラマ「CRISISクライシス 公安機動捜査隊特捜班」
第3話


を観ました。

白昼堂々の議員宅前、しかも報道カメラの前で
議員が射殺されます。

犯行声明を出してきたのは
権力の悪用を断罪する謎のテロ集団
“平成維新軍”。

この先も権力を利用して
私腹を肥やす者たちを排除すると、
テロの続行を宣言していました。

犯人を逮捕してテロを未然に防ぐよう
命じられる特捜班。

班長の吉永(田中哲司)から、
襲撃犯が使用していた特殊な拳銃をたどって
実行犯を洗い出すよう指示された
稲見(小栗 旬)と田丸(西島秀俊)は、
銃器マニアの暴力団組長が同じ型の拳銃を
買い集めていたという情報を得ます。

早速組長に接触する2人。

やはり拳銃は組長が所持していたもので、
しかも保管していた拳銃はすべて
組長の息子の譲(大和孔太)に
盗まれていたことがわかります。

やがて譲の潜伏先を突き止めた特捜班は、
拳銃を装備して現場へう。

吉永、樫井(野間口徹)、大山(新木優子)が
建物の周囲を固め、
稲見と田丸が部屋へ近づくと、
外出しようとしていた譲と鉢合わせ。

次の瞬間、譲は部屋の中の仲間に
「逃げろ!」と叫び、
同時に素早く拳銃を抜き、稲見と田丸に
銃口を向けるのでした・・・。



衝撃のラスト。どのようなラストかは
ここではあかしませんが
田丸が最後に言った言葉は印象的でした。

「俺たちに勝ち目はあるのか?」

第1話で田丸が言っていました

「この腐ったシステムを変えてみせる」

純粋な正義感。
田丸は目の前で、その正義感が絶望した
結果を見せつけられて、
「勝ち目があるのか?」と
自問自答してしまったのでしょう。

でも、田丸が突きつけられた
純粋な正義感の絶望と田丸自身の正義感とでは
その純粋さ、根っこの部分は
まったく同じなのに決定的な違いがある。

絶望しきってしまうか
絶望からはい上がれるか・・・?

はい、まあそれもあるかもしれませんが、
自分の生を肯定できるかどうかです。

自分の命を大事にできるかどうか。

正義感にあふれ、純粋で思いやりがあり、
自分のことよりも人のことを大切にできる。

とてもすばらしいことですが、
だからといって自分の価値が人より劣る
なんてことはないわけです。

人のことを思うなら自分のことも
大切にしなければ、
本当に人のことを
大切にしていることにはならない。

厳しい言い方をすれば、
それは自己満足だと言われても仕方がない。

この感覚を伝えようとすると
「幸せに育ってこれた人間の戯れ言だ」
みたいな言われ方をすることもありますが
ほとんどの場合、自分が親になればわかります。

それでも、やはり人を愛するだけで、
親になるだけでわかるというものでもない。

人間はどこまで行っても主観の生き物ですが
それを承知の上で、自分を客観しする。

専門的にはメタ認知とも言われますが、
その感覚を持てるかどうか?

が、健全に思春期を乗り越え、
大人の世界の絶望を突きつけられても
そこから希望を見いだし
何度でも立ち上がりながら、

自分を含めた他社を大切に、
よりよく在ろうと生きていけるようになる。

健全で強い情緒を育み
健全な大人になるとはそういうことでしょう。


          全ての物語のために












posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。