お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2017年07月05日

ドラマ「ウォーキング・デッド シーズン7 #12 覚悟(Say Yes)」俺たちはどうでも良い、未来のために



子どものころ、無邪気だったころは
今を生きている・・・なんてことは
まったく無意識で、
自然と今を生きていられたんだなと、

今はよくわかります。

思春期に入り、いろいろなことを考え、
無情や無慈悲、いろいろなことが
無意味に感じられたりして
虚しくなったりもして、
そこからまた、
いろいろ思考を巡らせて、
今度は“哲学”をし始める。

自分とは何者か?何のために生きているのか?

でも現実と思考とのギャップに戸惑ったり
現実を受け止めるのにせいいっぱいで
自分が感じていたはずの
大切な“哲学”を考えても仕方がないとばかりに、
いつしか忘れていく。

忘れていけない人は現実と気持ちに
折り合いをつけられずに引きこもったり・・・

どちらにしても“今ここ”を生きられなくなる。

もしかしたら成長には必要な時期なのかも
しれないけれど、やっぱりそういう時期を
過ごせること自体が平和に生きていることの証
ですよね。



日本のドラマ一気観はクールダウンするために
「99.9 刑事専門弁護士」は少しずつ
観るようにしています。その代わり、
こっちを一気に観ちゃったりして(笑)

ドラマ「ウォーキング・デッド シーズン7」
第12話「覚悟(Say Yes)」


を観ました。

ジェイディスが率いるコミュニティと
共に救世主と戦おうと交渉したリック。

ジェイディスが要求した条件は銃の調達。

調達に出たリックとミショーンは
道中で手付かずの廃墟を発見します。

一方、アレクサンドリアでは、
ロジータがなかなか動き出そうとしない
仲間たちに苛立ちを募らせていました。

そんなロジータをいさめようするタラ。

そんなタラの中にも葛藤が生まれています。
タラだけがしっている秘密・・・。

リックとミショーンが見つけた施設は
遊園地のようですが、
元、軍人と民間人のウォーカーが
大量にさまよっていました。

元軍人のウォーカーたちは、
肩にマシンガンを背負っているのでした・・・



リックとミショーンは2人だけで
ウォーカーたちを倒し
彼らの銃を奪おうとします。

そこで起きた事件で、
すっかり気をそがれたミショーンに
リック言葉をかけるシーンがありました。

「俺たちのことはどうでもいい。
ジュディスやグレンとマギーの子供たちの
未来のために・・・」

自分たちは危険を省みずに
どんどん前に進もうとしています。
救世主たちの規模を考えると
彼らとの決戦で何が起こるかわからない。

ミショーンはリックを失うことを
恐れていました。
そんなミショーンに自分たちが今、
何のために生きているのか、
今何を大切にしているのかを確認して
元気を取り戻してもらうために
力強くリックが伝えます。

このリックの語る言葉が
感覚として腑に落ちるようになったのは
紛れもなくわたしが父親になったからです。

それもごく最近。
もう息子は12歳だというのに
わたしが父親らしい感覚を自覚できたのは
本当にごく最近です。

今ここ。

今この瞬間に全てがある。
なのに、自分たちのことよりも未来?

昔のわたしならそう思っていたでしょう。

でも、今ここに全てがあることの意味こそ
リックたちの生き方そのものなんですよね。

今ここには全てがある。
全て・・・つまり過去も未来もある。

リックはそれをわかっているから
あれだけのリーダーシップを発揮して
今をいつも全力で生きている。

田舎道に車を停めた、
車中でのやりとりです。

お金のかかっているシーンではありません。

でも、胸に熱く
突き刺さってくるシーンでした。

やはり、このシリーズは日本のドラマとは
次元がいくつか違いますよ〜!


         全ての物語のために








posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック