お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2016年08月31日

ドラマ「しんがり 山一證券 最後の聖戦 #4」安定した仕事ができるようになる軸を手に入れるドラマ



わたしたちは本能的に安定を求めます。

変化を恐れず、むしろ変化を求めて
アグレッシブに生きている人も
もちろんたくさんいるでしょう。

しかし、平均的な日本人。
とくに、サラリーマンや公務員、その家族。

となると、警察や海上保安、消防や救急という
特殊な仕事を除いては、“安定”ということに
重きを置いている人は多いのではないでしょうか?

いい加減、
いい大学に入って大きな会社に就職すれば将来安定…

なんて幻想を持っている人は年々減っていると
思いたいですが、それでも生物としての人間ですから
現状維持、つまり変わらないことを求めるという
本能的な心理は無意識に持っています。

これは、体温の自律的な恒常性を必要とする
恒温動物であることも無関係ではないのかもしれません。

いずれにせよ、“安定”を求めて“仕事”や
生きるための糧を求めていくのであれば、
安定した地盤なんてないという大前提から初めて
生きる糧を安定的に得るためのスキル…つまり
変化に対応するスキルや
不安定な世界の中でも心の安定を保つスキルを
身に着けていかなければならないのは事実です。



8月終盤、台風被害が危ぶまれる地域もあるようです。
今年の台風は、上陸が珍しい地域にも
大きく影響を及ぼしそうですね。気を付けてください。
まだまだ、これからが本格的な台風シーズンでしょうか?
上陸が珍しくないわたしたちも改めて気を付けなければ!

ドラマ「しんがり 山一證券 最後の聖戦」 第四話

を観ました。

2600億円の不良債権の存在を知り、
梶井たちギョウカン(業監)メンバーは愕然します。

そして、梶井は緊急役員会議で
不良債権の存在を口外しないよう命じた
能見社長(平田満)の態度に不信感を抱きます。

一方、自宅にも久々に帰った梶井。

数日前に妻から、息子の大輔(板垣瑞生)が
大学には行かないと言い出したと聞いていて、
息子の様子も心配していました。

そんな中、中央新聞の冨田(三浦誠己)から
東京経済新聞の朝刊の一面トップに
衝撃的な記事が出ていると連絡を受けます。

一面トップでは山一證券の自主廃業を
大きく知らせる文字が躍っていました…。



梶井の息子・大輔が梶井に言います。
勉強をするのは有名な大学に入るためで
有名な大学に入るのはいい会社に入るため…
子どものころからそう教えられてきた。

でも今、父さんは、高卒で苦労してまで入った
大きな会社で、家にも帰れずに働いて、
挙句の果てに、その会社がつぶれちゃったじゃないか。

本当に、大学には言っとけって…その将来で合ってるの?

そして、こうも問います。

そんな、つぶれてしまった会社のために
未だ家に帰れず泊まり込み状態で働く梶井に、
「それに何の意味があるのか?」と。

梶井は、何も答えられません。

バブルがはじけた直後。
終身雇用神話がまさにガラガラと崩れる
その崩れる地盤の上にまさに立っていた人たちのドラマ…
なんですねぇ〜

大輔が指摘した通り、
いい会社、安定した会社に就職することが目標で
有名大学に入る…なんて将来を
正しい将来だなんて盲目的に信じていいわけがない。

それは、2016年という現代においてはもう常識ですよね。
頭で考えたら、だれでもわかる常識。

ところが、無意識レベル、感情を左右する
潜在意識のレベルで言えば、
それが常識になっていない人が多い。

わたしもその一人だと自覚しているつもりです。

そもそも、地盤なんて安定していない。
それが地球の上で生きる、宇宙の中で生きる
ということなのでしょう。

それを踏まえて、安定的に生きていく…
生命としての命を、健康を、
安定的に維持し、次の世代へつないでいくという
営みの工夫が求められている。

安定を求めるとは、そういうことの正解は
きっとそういうことなのではないかと思っています。

心穏やかに生きていきたい。
将来に怯えずに生きていきたい。
生命体としての人間の根本的な欲求でしょう。

そのためには、状況に心を振り回されずに
どんな時も心を穏やかに保てるように
自分で自分の心を成長させていくしかない。

そのためにどうすればいいのか?
どう在ればいいのか?

その答えの一つが、梶井が言葉にはできなかったけど、
潰れて、みんなが急いで脱出しようとしている会社に
踏みとどまって最後の仕事を全うしようとする在り方の中に
あるように思えてなりません。

潰れる会社に残って最後の仕事をする意味。

誰かがやらなければならないこと。

以前の経済社会では、マネーゲーム的に
自社の資産価値の大きさみたいなことが
会社の価値、仕事の価値、そこで働く人の価値…
みたいな部分もあったと思いますが、

もう、多くの人が気づいている通り、
仕事の価値とは、人の役に立つこと。

その当たり前のことをわかっている人が多い以上、
潰れる会社に残って最後の仕事を全うしようとする
在り方、そのメンタリティは本当に問われている
仕事の価値に他ならないですよね。

これからの時代の仕事の価値。

誠実なもの、人に寄り添うもの…。

今、それが問われている時代だからこそ
このような物語がスポットを浴びるのでしょう。



                全ての物語のために












posted by ストーリーセラピスト at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック