お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2017年03月31日

スペシャルドラマ「リーダーズU」その2 目標を実現させるためのスケジュール、わたしの案配。



よく、大目標を立てたら、
それを実現するために必要なことを書き出して、
それぞれに期限を決めて細切れの目標にして
スケジュールを作っていく・・・

という夢の叶え方、目標実現の方法が
ビジネス書や自己啓発本でも言われます。

わたしにはそのやり方がどうもしっくりこない。

やりたいことややり方についても
やっているとどんどんアイディアが沸いてきて
軌道修正ばかりすることになる。

計画が足かせになって逆にストップしちゃう。

だから嫌いなんですね。

じゃあ、未来を見据えずにその日暮らしを
しているのか?

そんな風に見ている人もいるようですが、
そんなことは決してない。

具体的に200年先を見て今を生きている。
そう言い切れるわけです。

このあたりの案配を、自分でも把握していく
頃合いなのかなという感じがしてきました。



お、お、お、「鬼平」〜!!
来週の13話目で終わりじゃないか〜!!
いいアニメだったのに!
また、近いうちに復活して下さい!

スペシャルドラマ
「リーダーズU」


1934年(昭和9年)、日本の自動車需要が
急速に加熱していたころ。

欧州勢に加えて、アメリカのフォード、GMの
本格参入によって日本の市場はまさに
外国車販売の戦国時代へ突入していました。

愛知にあるGM車販売店「日の出モータース」
ここの支配人、山崎亘(内野聖陽)は
アメリカ流の販売方針に抵抗し、
常々改善を訴えていました。

しかし、大阪に拠点を置く
「日本ゼネラルモータース(GM)」は、
一販売店の意見に耳を傾けけません。

ある日、山崎が大阪か戻る途中、
鈴鹿峠の山道で立ち往生している
シボレーのような車が目に留まります。

背広のまま車の下に潜って修理する男は、
愛知佐一郎(佐藤浩市)でした。

「アイチ自動車」販売店第一号となり、
佐一郎を支え続けることになる山崎亘。

佐一郎と彼の運命の出会いです。

国産自動車を売るためには
どうしてもトラックを売らなければならない。

その時、佐一郎の頭に浮かんだのは、
鈴鹿峠で出会った山崎でした。



再び取り上げます。
先日取り上げた時は
まだ観ている途中でしたが、
見終えました。

すぐにまた2回目を観ちゃおうかな。
って思ってしまうくらい面白かった!

後半、別のメーカー若草自動車の
営業マン菊間(大泉洋)が
アイチ自動車にやってきます。

彼もまた、佐一郎の人間性に惚れ込みます。

佐一郎は石油を奪い合って起きた戦争を観て
二度とこんなことが起こらないように、
低燃費の自動車を作ろうとしていました。

国産自動車で日本を豊かにする。
そして世界から戦争をなくすことまで
彼の頭の中にはあったんですね。

無限動力という言葉が、「リーダーズ」では
よく出てきていました。
佐一郎の父が夢見た動力。

「リーダーズ」の中では人間の情熱こそ
無限動力だと結論めいたことも出てきますが
佐一郎たちはもっと現実的に
無限動力を考えていたのでしょう。

「あの人は50年先を見ている」と菊間が言います。

確かに日本は豊かになりました。
今は電気自動車も普通に走り始めています。

しかし、まだまだ戦争はなくなっていません。

愛知佐一郎・・・現実の豊田喜一郎は
どうだったのでしょうか?

50年とは言わないのかもしれませんね。

わたしはリアルにこの手で触れられる未来、
せめて孫の世代が大人になるころ
その孫たちがまた触れられるさらに孫を思う。

そう考えて200年先をみているわけです。

でも、それだと結局漠然としてきて
現実味がわかない部分が大半だな…
とも実は思っています。

でも50年先ならどうでしょうか?

まだわたし自身も生きているかもしれない、
そして、息子や孫たちのその時を
生きて目の当たりにしているかもしれない。

そう考えると幾分現実味が増します。

でもまだ、それまでの行動予定を
手帳に書いて、分厚いスケジュール帳を
持ち歩いて自分の人生を管理する気にはなれません。

でも、いつまでもそんなことも言っていられない。
やるべきことは成し遂げないといけないし、
実際には成し遂げてきたこともあります。

実際に結果を出してきたことを振り返ると、
いつまでに・・・という期日が定まっていて、
それまでにやるべきことを精一杯やってきた
自分がちゃんとそこにいたんですよね。

それは、漠然とした未来ではなく
具体的な目標があるときだったことは
間違いありません。

でも具体的な目標があれば必ず
いつまでにコレをして・・・とスケジュールを
細切りにして管理してきたのか?
というとそれも違います。

もっと、ざっくりしていました。

ざっくりだけれども、全体でここまでは
達成しておかないと、というところを
見据えて、少し余裕を持つようにイメージして
毎日の作業もこれまたざっくりとこなす。

日によって1時間の時間をとれる時もあれば
30分しか時間をとれないこともある。

それはその瞬間にやってくる事情ですから
前もってわかることではありません。

そんな状態でキッチカッチリ
スケジュールなんて作ってやるのは
やっぱり性に合わないんですね。

200年先、50年先、
その誤差を考えたときに、そんなのは
その人の頭の中にある理想の世界を
なんとなく口に出した数字であるだけ。

でも、ただなんとなくなのでもない、
そしてキッチリカッチリ正確で具体的なのでもない。

『なんとなく正確に感じられる』

わたしが現実に成し遂げてきたこと、
「計画通り」に実行し成し遂げられたことには
そんな案配が全てに共通していました。

これからも成し遂げたいことがある以上
この共通点は無視できない。
利用していくべき案配ですよね。

        
          全ての物語のために












posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。