お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2018年01月26日

「イップ・マン 継承」自分の心が整っているときの感覚をどうか感じてください


  
最近、「僕のヒーローアカデミア」の
アニメ第2期を観れてとても
ハマっています。
 
本当に元気が出てくるんですね。
 
「弱虫ペダル」もアニメ、ドラマともに
同じようなところがあって
「まだまだ!」って頑張る力が湧いてきます。
 
映画にしてもドラマ、アニメにしても
観客の感情に訴えてくるものですよね。
 
感情が全く動かない=面白くない
 
ということ。
それは間違っていないでしょう?
 
そして、面白い!
って思える感情にもいろんな感情がある。
 
一番多いのは、どの作品にも
共通していることですが
「先が気になる!」
という感情。
 
先の展開が気になって気になって
止められなくなっちゃう。
 
で、期待通りだったり期待以上だったりの
結末を観れると「面白かった〜!」
と思えますよね。
 
で、話を戻すと「面白い」の種類。
元気が出るという作品は意外と多いですね。
 
コメディで笑ったり、
ピンチを脱するアクション冒険ものを観て
手に汗握ったり、
そういうものって元気が出る。
 
すかっとして気分が晴れる。
というのも元気を阻害しているモヤモヤを
晴らしてくれるようなものですから
「元気が出る」の一種かもしれません。
 
逆に意外と少なくないのが
面白いのに気分が荒む作品です。
 
クールだったり、リアルだったり、
ドキュメンタリータッチだったりで
現実に起きていることをみんなで考える・・・
みたいな作品とか。
 
面白い=先が気になる
 
だったら面白いのかもしれないけど
喜ばしいというのとは違いますよね。
 
「ウォーキング・デッド」や
「ブレイキング・バッド」などは
ものすごいレベルで感情を揺さぶってくる
大傑作だと思いますが
喜ばしいとは言い難いです。
 
じゃあ、元気が出ればいいのか?
 
いいや、そういうことを言いたいのではなくて
老若男女問わず、この作品は
おすすめしたいと思っているんです。
 
 
 
「イップ・マン 継承」
 
を観ました。
 
武術家イップ・マン(ドニー・イェン)が、
香港でイギリス人ボクサーとの
死闘を繰り広げてから9年。
 
妻や息子と静かな毎日を送っていました。
 
香港の治安は悪化の一途をたどっていました。
 
そんな中、息子が通う小学校の土地を狙って
悪徳不動産業者が横暴な行動を繰り返します。
 
それを知ったイップ・マンは校長からも頼まれ
学校の警備をすることに。
 
暴力も辞さない悪徳業者の手下たちを
け散らしていくイップ・マンでしたが、
多忙な夫の気づかぬところで妻は
癌の宣告をされてしまいます。
 
そんな中、イップ・マンの息子が誘拐されて…。
 
 
 
「イップ・マン 序章」「イップ・マン 葉問」の
正式な続編です。
 
まさに満を持して!
 
最初の2作品がヒットして以来
「イップ・マン」とタイトルを付けた作品は
主演を変えていくつか作られました。
 
しかし、ドニー・イェン主演の
正式の続編は長らく出てきませんでした。
 
イップ・マンの妻役の女優さんも
前作までに引き続き好演してくれています。
 
イップ・マンという人は実在の人物で
ブルース・リーのカンフーのお師匠さんです。
 
詠春拳というカンフーの達人。
 
そのイップ・マンの人生を
カンフー映画の見所たっぷりに
娯楽作品としても楽しめるように作られた
傑作シリーズですね。
 
この映画が他のアクション映画や
カンフー映画と違うのは
夫婦の愛を根底にして
苦しい時代を生き抜いた実在の人物の
ドラマを描いているというところです。
 
そして、ここで描かれるイップ・マンという
人物の人柄、立ち居振る舞い、佇まい・・・
そういったものがとても凛としていて
美しいんですね。
 
本物の武術家でもある
ドニー・イェンだからこそ出せる味。
 
面白い映画、元気が出る映画、
感動するドラマ、
多くの名作がありますが、
 
心が整う映画
 
って考えてみると凄く少ないと思います。
 
感動だけじゃダメ、穏やかに
あるがままの今を受け入れる
 
そんな心の準備を整えてくれる映画。
 
作品自体が穏やかな作品という
意味ではありませんよ
激しいアクションシーンも多い。
 
エンターテインメントは絶対にはずさない。
 
でも、後半のマイク・タイソンとの
一騎打ちや最後の決闘までの
ドラマを踏まえての勝負。
 
元気が出る、興奮する?
そうじゃないんですね。
 
こころを整えてくれる
清らかな空気の中で
深く深呼吸をして、
いまここにいる自分をそのまま
凛と見つめる。
 
とくに中高年の方々は
夫婦でシリーズ通して楽しんで
観ていただきたい
素晴らしいアクション映画です。
 
 
       全ての物語のために
















posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。