2017年04月12日

「アンフェア the end」いっそのことそれはもう裏切りと呼ばなくても良いのでは?



本当の意味での裏切りって考えようによっては
なかなか起こらないんじゃないかと思います。

たとえば、友達だから信じて
借金の保証人になったら逃げちゃった・・・

となったとき、裏切られた!

と思うことはもちろん簡単ですが、
もともと裏切るつもりだった訳じゃない。
どうしようもなくなったんだろう・・・
と、保証人を頼んできた友人の気持ちに
嘘はなかったんだと信じる・・・

ということもできるし、

仮にはじめから逃げる気で、
はじめから騙す気で保証人を頼んできたんだとしても、
今はそんな生き方をしているけれど、
本当のアイツはそんな奴じゃないんだ・・・

という信じ方もできます。

そう信じている人にとっては
嘘をつかれて借金を肩代わりさせられたことも
騙されたことにはならない。
裏切りにはならない・・・なんてこともあります。

お人好しもはなはだしいと
気分が悪くなるたとえかもしれませんが
まあ、わかりやすいでしょう?

でも、この程度のお人好しではまだ足りない

…という信じ方をしなければならない関係も
身近にありますよね。

だれもが身近に持っています。
そしてそれができるかどうかは
幸せになれるかどうかのボーダーラインでもある。



長い間ふれていなかったせいか
完全に冷めていたんですが、
観れてよかったです。

「アンフェア the end

を観ました。

警察病院占拠事件、
ネイルガン連続殺人事件から、
国家を動かす謎の権力組織のデータを
入手した雪平夏見(篠原涼子)。

そのデータをどう公表するのが効果的か
模索していました。

そんなときある転落死が起こります。

現場で10年前に起きた推理小説事件の時同様、
「アンフェアなのは誰か」
と書かれたしおりを見つけます。

間もなく、転落死体が
ネイルガン連続殺人事件の首謀者、
村上克明検事(山田孝之)であること、
さらに推理小説事件の犯人たちを結び付けた
×(バツ)サイトが復活していることが判明。

何者かが自分を巻き込もうとしている・・・

そんな雪平の前に、ある協力者が現れます。



TVドラマが終わってしばらく経ったころ
DVDをレンタルして一気に見たシリーズ。

確か劇場版がDVDで出た頃かな…

そこまで見たらもう最後まで
つき合うしかないかと劇場に足を運んだ前作。

わたしの中ではそこで終わっていたので
この「the end」が公開されている頃は
完全に冷めた目でいました。

「もういいよ」って(笑)

DVDが出ても見向きもしなかったくらい。

失礼な話です。

今回、番組改編時期に地上波放送され、
妻が一生懸命みている音を
隣の部屋で聞きながら、
「アンフェア」の世界観・雰囲気が
記憶の中に蘇ってきて、
「ああ、やっぱり観てみよう」と思えました。

インターネットなどの評価では
そんなに多大な評価はされていませんが
わたしは最後まで楽しめました。

前作「the answer」がヘビーで
なかなかもう一度みる気になれないのに比べ、
ストーリーのテンポも軽快で
とても見やすかったです。

さて、雪平さん。

相変わらず、裏切られまくっていますね〜

誰が敵で、誰が味方なのか・・・

これがこのシリーズの醍醐味です。
ですがさすがにここまで繰り返されると
「ああ、この人とこの人は裏切りそうだな」

とわかってきますね。

その方が衝撃が大きいから
最後まで引っ張って「ええ!?」って
思わせるんでしょ?

みたいな見方をしちゃいますどうしても。
結果、裏切る人はハズしませんでした。

でも、味方は最後までわからなかったので
どきどきできたんだと思います。

そしてやはり雪平の優しさと強さには
観客として惹かれます。

最後まで信じる。

その雪平も最後の最後、今までとは
違う選択をしました。

「ホラ。またこうやって裏切られる」

という最後の裏切りのシーンで
これまでとは違う対応をする。

そこで観客であるわたしもふと思いました。

いままで雪平を裏切ってきた彼ら彼女ら・・・
は、完全に裏切っていたと言えるだろうか?

ただ、彼らなりの真実や
彼女たちなりの信条があって、
正義があって結果騙し合いになっていた。

雪平も誰を信用していいのかわからないから
周囲にすべてを打ち明ける訳でもありません。

今作の最後の雪平の決断は
わたしたちが実生活で常に決断して
おかなければならないことなんだよね・・・

というのを再確認させられるお話でした。

最後に裏切られたのに、
裏切られた今まさにそのときに

最後まで信じる

という決断をする雪平。

わたしたちの実生活では相手が
大切であればあるほど
そういう信じかたは必要になります。

結婚相手や親子なんてまさにそういう関係の
象徴ですよね。

実際に今回雪平を裏切った人物も
その人なりに大切なもののために必死でした。

だからある意味雪平の信じたとおり・・・
信じてよかった・・・

という結論を出すこともできる。

出来事、行動を信じるのか
心、存在を信じるのか
思い、可能性を信じるのか

何を信じるかで、その人との間に
何が起ころうとも関係をつなぎ止め
大切な存在であり続けることはできますよね。


         全ての物語のために

















posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448910548
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック