お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2017年02月10日

アニメ「鬼平 #4 血闘」絶対に男が離れたくない離したくない妻のモデル



峰不二子は、女性からは嫌われるタイプ
なんですかね〜?
逆に憧れる女性もいるのかな。

ほとんどの男が憧れるアニメのお姉さんと言えば
峰不二子かメーテルか…音無響子さんか(これは好み)…
でしょうか。

わたしの年代で言えばですが。

でも、女性に言わせれば
「男が好きそ〜〜〜〜」って、
白い目で見られちゃうんでしょうかね。

このキャラクターの中で「カッコイイ」
という言葉が似合うのはやはり峰不二子でしょう。

「ルパン三世PARTW」で、
不二子ちゃんがえらくカッコイイ回がありました。

ルパンが惚れる女らしいカッコよさがあったし
30分のアニメとしてもとても粋な作品でした。

女性でも女性らしい“粋”というのはあるもんだな。
なんて思ったりもしました。

女性の“粋”には、ハッキリ言っておと子どもは
シビレます。ビリビリきます。

だから、飲み屋のおかみさんとか
スナックやクラブのママとか、
モテちゃうんですかね。

これが自分の夫や、夫の周囲に居る
夫にとっての大切な人に対して発揮されると
夫はどんなことがあってもその奥さんを
離したくなくなること間違いなしです。

それが例え、夫に惚れている
他の女性に対してでも。



インフルエンザになる数日前に
HDD&ブルーレイレコーダーを買いました!
DIGAです。念願のダブルチューナー。
インフルエンザやら仕事でちゃんと喜ぶの忘れてた。
っっっっきゃ〜〜〜〜〜〜〜〜!!嬉しい!!楽しい!!

アニメ「鬼平」
第4話 「血闘」


平蔵が若い頃に入り浸っていた
「盗人酒屋」の娘おまさが平蔵を訪ねてき来ます。

盗賊になっていたおまさは、
残虐な急ぎばたらきをする一味から抜け、
どうせなら平蔵のお縄になりたいと
出頭してきたのでした。

五日以内に新たな急ぎばたらきをするという
一味の情報を掴むためにはおまさに
情報をとってもらうしかありません。

おまさは密偵として平蔵に命を預けると
覚悟を決めるのでした。

一味の源八から、盗みの決行は明後日だと聞いたおまさ。

源八を尾行するのですが…。



長谷川平蔵の妻、久栄。

この人は本当に凄い奥さんだと思います。
ドラマでもその様子は非常に良く
表現されていました。

おまさは平蔵に憧れている。
恋というよりもう、
それは愛と言ってもいいのかもしれません。
久栄にはそれがわかっている。

平蔵の部屋でおまさが自分の覚悟を語ったとき
久栄はちょうどお茶を持って行こうとしていました。

でも、おまさが語った覚悟は愛の告白よりも重い
想いの表れでもありました。

久栄は、気づかれないように踵を返し
戻っていきます。
下働きの女性になぜ出さないのか?
聞かれると、「冷めたから入れ直す」
と笑顔で去っていきます。

おまさの女ごころに対して、
平蔵の妻である自分が出ていくという
野暮なことをすべき時ではない。

カッコよすぎます。奥さんとして。

こういうのを“器量”というのでしょうね。

こういうことをサラリとできる奥さま。

男性はシビレまくりますよ。

ある女性の友人が、「花より男子」は
日本の男性に読んで欲しいと言っていたことがありますが、
日本の奥さまたちに鬼平の奥さま久栄さんの
佇まいや振る舞いは、
男を掴んで離さないものだと是非知って欲しいですね。


                 全ての物語のために












posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。