お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2018年01月25日

アニメ「僕のヒーローアカデミア 第2期 #18 騎馬戦決着」最後までじゃなくてその先まで全力で


 
息子が小学1年か2年生のころ、
運動会のかけっこでの全力の走りに
感動したことがあります。

順番に関係なく最後まで全力で走り切れと
伝えたのはわたし自身でしたが
それを見事にやってくれた。

1、2年生の短距離走は直線でした。
ゴールラインは白線を引かれてある。
で、ゴールラインの先に門のように
ポールが2本立ててあったのです。

ポールのところから曲がれば
ゴールした子たちの整列エリアに行ける。

ところが大人たちにそのポールの意味が
何となく分かっていても
子供たちにはわかりません。

先頭の子がゴールのテープを切ったあと
その子を皮切りにみんなゴールラインから
すぐに脇にそれて整列エリアへ
最短で行ってしまう。

だからみんなゴール手前ではもう
ブレーキをかけているんですね。

でも、みんながゴール手前で速度を
落としている中で一人だけ
全力で駆け抜けた子がいました。

息子です。

息子はゴールラインを抜けても失速しない。
彼が足をゆるめたのはその先のポールを
抜けた後でした。

彼のゴールはもっと先にあったんですね。

熱くならざるを得ませんでした。
誰よりも最後まで全力だった。
しかもみんなが思っていたゴールより
もっと先の自分のゴールまで
全力で走りきったのですから。
 
 
 
アニメ第2期の放送は昨年の4〜10月。
今年の4月からは第3期の放送が控えています。
アニメが始まるとブックオフから
原作コミックが姿を消す。
だから今の内に少しずつ今買い集めています。
 
アニメ「僕のヒーローアカデミア 第2期」
第18話「騎馬戦決着」

 
を観ました。
 
体育祭1年ステージ第2種目「騎馬戦」
は終盤戦に入っていました。
 
轟・飯田・八百万・上鳴チームは、
それぞれの“個性”を活かした攻撃で
他チームを足止めし、
出久チームに襲い掛かります。
 
出久チームも冷静に洞察して
かわし続けていました。
 
ところが飯田が捨て身で放った裏技で
形勢が一気に逆転してしまいます。
 
あくまで「完膚なきまでの1位」を目指す
爆豪は、自分を出し抜いた物間に突進。
 
そして、出久も決勝ラウンド進出を目指し、
逆転された形成をわずかな残り時間で
逆転仕返そうとします。
 
ワン・フォー・オールを発動させる出久。
 
決勝トーナメントに出場できるのは
上位4チームだけ。
 
出久のチームは・・・
 

 
毎回熱くなれる話を書けるって
本当にすごいですね。
 
わたしの中では本当に
十数年ぶりの大ヒット少年マンガです。
 
映像化作品なら「弱虫ペダル」も
そうなのですが、
自ら控えていたコミック本購入を
解禁してしまうほど
原作本まで迷いなくそろえてしまったのは
結婚前以来のことです。
 
騎馬戦、決着がついちゃいます!
 
出久も轟きも、そしてもちろん爆豪も!
最後の最後まで全力です。
 
その様子は終了のホイッスルがなった時の
全員の体制を観ればわかります。
 
誰もが次の目標に向かって
突進していました。
 
後何秒というアナウンスが鳴っていても
「ああ、もう終わる」と
足を止めたものは少なくとも
この3チームには居ませんでした。
 
爆豪などは騎馬からジャンプして
敵に向かって空中を突進中でした。
 
アニメーションの中の高校生を観ながら
現在中学生の息子の小学低学年時の
あの運動会を思い出しました。
 
いま、わたしは仕事をしていて
あのように常に最後まで全力でいれているか?
 
振り返ってみました。
 
正直言いまして残念ながら
毎回最後まであんなに全力だったかといえば
意識していなかった記憶の方が多いので
全く自信を持って答えられません。
 
ただ、あの時は大変だったけどよくやったな・・・
と思い出せる仕事に限っては
最後まで全力で走りきった感覚がある。
 
そういうことなんだろうなと思います。
 
それを常に持ち続けていられたら
やれること、実現できることは
もっともっと多いのかもしれません。
 
ああ、もうちょっとでゴールだ・・・
 
そう思ったときほど
ゴールの向こうのポールまで走り抜けた
息子の姿を思い出して
走り抜けられるように胸に止めておきます。
 
 
        全ての物語のために












posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。