お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2016年09月14日

アニメ「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない #24 シアーハートアタックその2」周囲を優しくさせる人



人柄、というのはどこから来るのでしょうか?

わたしは、有り難いことにわたしの人柄を
好意的に見てくれる人の方が多いです。

もちろん、接する人全員がそうではありません。

酷い人、冷たい人…

そんな言われ方をすることもあります。

「誰からも好かれる」

というのはあり得なくて、
本来は自分のことを好きでいてくれる人の数だけ
自分のことを嫌いだという人がいておかしくない。
そう思っています。

でも、その「好き嫌い」とは違う部分で、
周囲の人に影響を与える人がいますよね。

なぜかあの人には優しくしてしまうな…とか。



Wifiの調子がおかしくて、あたふたしています。
インターネットにつながらないだけで、
色々なことが困る…
いつの間にかライフラインになってしまっている。
いつの間にか依存している…怖いですね〜

アニメ「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」
第24話 「シアーハートアタック その2」


を観ました。

進化したエコーズACT3の能力で
シアーハートアタックを重くし、
なんとか難を逃れていた康一でしたが、

そこへ殺人鬼・吉良吉影が姿を現します。

ついに目の前に現れた殺人鬼に
怒りを抑えることができない康一は
エコーずACT3で吉良に対抗しますが、
まったく歯が立ちません。

静かに平和に暮らしたかっただけなのに
公衆の面前で恥をかかされたことで
気がおさまらない吉良は、
助けが来る前に康一を殺すと宣言し…。


息子とともにハマってみているアニメです。

この「ダイヤモンドは砕けない」は
「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズの
第四部ということになるそうです。

原作漫画も有名ですが、わたしは読んだことがないので
毎回ワクワクしながら観ています。

第三部は「スターダストクルセイダーズ」
という副題がついていました。

今回の話ではボロボロになって
康一の後ろで倒れていた真っ白い服の空条承太郎。

その承太郎が第三部の主役でした。

自分の祖父を「ジジィ」と呼ぶ不良で
荒っぽい性格の男でしたが、
この第四部では、成長した大人として登場します。

それでも人に対する言葉遣は変わりません。
呼び捨てで人を呼ぶのは当たり前。

その承太郎が、なぜかこの康一にだけは
「康一くん」と呼ぶのです。

この作品の中で特に血が通っている感があって
一番好きな部分。

それが承太郎が康一にだけ「くん」づけするところです。

この第四部の主人公、東方仗助は康一の同級生ですが、
彼やその他の同級生は「康一」と呼びます。

友達だから不思議でもなんでもない。

ずっと年上である承太郎は
この主人公たち高校生のことも呼び捨てなのですが
なぜか康一だけ「康一くん」なんですね。

自然とそう呼んでしまっている感じです。

康一のキャラを観ると
それも普通に納得できる。

理屈ではなく、雰囲気なのです。

とくにこの場合は、承太郎からみた康一という
相性と言うか、組み合わせの問題もあるのでしょうか?

これまた息子と共に好きなアニメで
「弱虫ペダル」という自転車競技の作品がありますが
その主人公・小野田坂道くんも
周囲から優しくされるタイプの少年でした。

仗助も康一を呼び捨てにこそしますが、
康一に悪意を向けることはない。
そういう雰囲気を持っているんですね。

周りを優しくさせる人柄が康一にはある…

これは個性なのでしょうが、
小野田坂道くんや康一がもっている雰囲気、
そこから醸し出される何か…

は、わたしたちが人間関係において
日ごろ起きる不要な摩擦を
起こさないようにするために
非常に大きなヒントを与えてくれる気がしてなりません。

このことについては、
今後も研究していきたいと思っています。


                全ての物語のために






posted by ストーリーセラピスト at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。