お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2017年12月24日

アニメ「タツノコ・レジェンズ インフィニティ フォース #11 INDEPENDENT FLOWER」認めることからはじめるホンモノの引きこもり



引きこもり

という言葉が使われはじめてはや
20年ほど経つのでしょうか?

考えてみれば団塊ジュニア、
わたしたちの世代に多い
問題だったのかもしれません。

わたしはインドア大好き、
一日中ひとりで映画を観て過ごせるなら
それはそれでとても幸せな一日。

という人間です。

それでもおかげさまで、引きこもりには
なりませんでした。
ひとまず今までは・・・

でも、社会に出てみて感じるのは
自宅の一室に引きこもらずとも
普通に社会生活を送っているようでいて
自分の心の鎧の中に引きこもっている人は
非常に多いということです。

そして、それは部分的にですが
わたし自身にもある。

どちらかというと、非常に堅く強い鎧を
わたしも多くまとっているほう
なんじゃないかなということです。



さて、今年春あたりから
とても楽しみにしていたこの企画も
次回でひとまず最終回です。
でも、劇場版はシリーズ化されるのかな?

アニメ「タツノコ・レジェンズ インフィニティ フォース」
第11話「INDEPENDENT FLOWER」


ケースの力で世界を消していく界堂。

4人のヒーローは笑のために
界堂に立ち向かいます。

しかし、界堂の圧倒的な力の前に、
健たちの攻撃では歯が立たず、
ことごとく跳ね返されていきます。

傷つきながらも何度でも立ち上がるヒーローたち。

世界を、そして笑を救うために。

健は笑に言います。

界堂の心を救いだせ・・・と。

そして笑もまた、全てに決着をつけるため、
愛する父のために、自分の本当の人生のために
父の愛と悲しみに挑むのでした・・・。



こういったテーマを扱うには
本当に適した企画だったんじゃないかな
と思います。

架空のヒーローものであり
CGアニメーションというのが
絶妙に通常のアニメとは違う世界観で
表現できる。

世界観というか次元感。

だから内面的なことを
メタファーとして表現したときに
受け入れやすい。

これはもちろんわたしの個人的な感じ方
なのかもしれませんけどね。

今回は、界堂がまとっているコスチューム。

健は言いました。
悲しみから自分を守るための鎧だと。

わたしもよく心理描写として
心の鎧という言い方をしますが、
絵になってその心の闘いの世界を
ヒーローアクションとして見せてくれると
客観的に楽しみながら考えられます。

ヒーローというのはもともとが
そういうもので、
物語の主人公自体がそうで、
物語とはそういう現象を
わたしたちの中に起こすためのもの。

なので当然でもあるのですが、
この作品の異次元感は
わたしにはとても心地よいです。

わたしも心理学をはじめ
いろいろなことを学び
感じながら生きていますが、
よく自問自答します。

「これは自分を守るための理論武装か?」

と・・・

例えば「わたしはわたし、あなたはあなた」
という自他の区別も
わたし自身が傷つかないための鎧、
理論武装だという捉え方もできます。

もちろん、それは自分を守るため
人を傷つけないため、
そして、礼儀として作法として
人との健全な距離を保つための
正装という部分がある大切な事なので、
いつでもスッポンポンのポンでいるほうが
おかしいですよね。

でも、わたしの場合は
本当はさらけ出さないといけないときに
なかなかさらけ出せない。

そして、さらけ出すときに
さらけ出しすぎて人を傷つけることもある。

わたしの場合はそんな自分を自覚しているので
できるだけ客観的に自分を観るように
しています。

そして、このような作品を見て
ときどきこうやって自分を映して
考えてみる。

鏡として使うんですね。

その鏡に映ったわたしは
一見まともそうに見えるけど
ズボンの裾は理切れてボロボロだったり、
ネクタイも曲がっていたり、
よく見るとほころびがあちこちにある。

そういう部分も含めて
自分を認めたうえで人のことも認める。

それが、全身鎧で被ってしまって
人前にでるくせに引きこもっている
本当の引きこもりにならないための
最初の条件ですよね。


        全ての物語のために












posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。