お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2017年11月08日

アニメ「タツノコ・レジェンズ インフィニティ フォース #5 INVISIBLE FUTURE」穏やかな気持ちと怒りに狂いそうな気持ち、どっちを長く保ちたいか考えたことある?



わたしの弟はどうしようもなくイライラするとき、
大きく深呼吸をするようにしているそうです。

なるほど、気持ちを落ち着けるためには
とても有効ですね。

深呼吸をするなら最初に深く息を吐き切ってから
腹式呼吸を意識して大きく吸い込む。

そして、全身のリラックスをイメージして
力を抜きながら息を吐いていくと、
精神的にもとても効果があります。

わたしは普段、早寝早起きを心がけていますが、
それは生活時間帯のベースの精神状態を
できるだけ穏やかに保っておきたいからです。

睡眠不足だったり、疲れが溜まっていると、
感情がささくれやすくなっちゃうんから。

仕事中も1時間に1回はトイレに行き
深呼吸をしたり顔をお洗ったりしながら
精神のリセットをするようにしています。

少年期、青年期に自分の感情と向き合ってきて
中年期のわたしが現時点で出している答え。

怒りや憎しみ、悔しさや寂しさ、不安・・・
そんなマイナス感情のときよりも

そんな感情に支配されるよりも
穏やかな気分のほうが断然心地良いし、
パフォーマンスも数十倍高い。
そして、楽しさ、嬉しさを感じる感受性は
数百倍高いです。

自分がどんな状態だと穏やかでいやすいのか?
ず〜っと観察してきた自分、そして
今の自分の状態。

そういうものと話しあっての
自分メンテナンス方法なんですね。



さてヒーローひとりひとりの活躍と悪役たちの
紹介も終わったところで、
そろそろ次の展開を見せてくれる時期に入るのかな?
1クールだとするとそれもちょっと遅いくらい。
どんな広がりを見せるのか?

アニメ「タツノコ・レジェンズ インフィニティ フォース」
第5話「INVISIBLE FUTURE」


突然、笑の邸宅に姿を現した男。

Zの仲間の一人で、醜い怪物のような姿、
彼の名はラジャ・カーン。

しかし、彼は攻撃を仕掛けてくるでもなく
呼び鈴を押し、インターホン越しに挨拶をして
穏やかに部屋に招かれます。

そして5人を前にして淡々と語り出すのでした。

怪物の姿となった自らの生い立ちと、
Zとの出会い。

そしてラジャ・カーンは本題に入ります。

Zがケースに望む「本当の願い」を知った今、
ケースをZに渡すわけにはいかない。

Zを殺す手伝いをして欲しいのだと、
健たちに頼むのでした。

ラジャ・カーンが口にしたZの本名から
その正体を知ってしまった笑は…。



キャシャーンこと東鉄也は
こころ優しい青年ですね。

自分が拘束されていたとき、
見張り役をしていたというラジャ・カーン。

憎しみに怒り狂う彼に
それはお前の本当の願いではないと言い
彼の心を救おうとする。

寂しさや悲しさから自分を守るために
怒り狂っていることを
ちゃんとわかっているんですね。

猛り狂わなければ自分の心がもたない。
壊れてしまう。
それがラジャ・カーンの精神状態でしょう。

鉄也は同じような境遇で
同じような感情と向き合ってきました。

それでも世の中を恨むことで
自分を守ろうとはしない。

本当の自分の心の守り方を知っている。

現実を受け止めたうえで
決して絶望しないという覚悟を持つこと。

鉄也はいつも穏やかです。
一見冷めているようにも、
心がないロボットのようにも見える。

人間ではない、新造人間になってしまった。
という設定がさらにそのイメージを助長します。

でも、熱い熱い思いを強く持ち続けている。
そう在ろうと自分で決めて持ち続けている。

強い強い思いだけども決して激情ではない。
静かなで強い覚悟。

ラジャ・カーンのように憎しみで身を守ることが
どれだけ苦しいことかも知っている。

あなたは鉄也がラジャ・カーンを
守ろうとするように、
あなた自身を守れますか?


              全ての物語のために












posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。