お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2017年11月07日

アニメ「いぬやしき #4 鮫島」人の人生をめちゃくちゃにする身勝手な人たちの種類



酷いことをする人間がいるものです。

ここしばらく報道が続いている
自殺願望がある人をネットで
呼び出して9人も殺害したという彼も

ニューヨーク、マンハッタンで
突然車を暴走させて何人も殺傷した彼も

ラスベガスの野外ライブ会場に
ホテルの客室から銃を乱射した彼も・・・

動機はそれぞれに違っているのでしょう。

でも「鬱屈」だろうが「病」だろうが
「聖戦」だろうが、
あんな風に人の命や健康を傷つける暴力は
本当に・・・なんというか、
汚い言葉を使わせてもらいますが
「胸糞が悪い!」ですよね。

身勝手もはなはだしい。

「うらめしや〜」って、関係ない人を
呪う幽霊もワタシはその身勝手さに
腹がたちますが、まだ、
いるかいないかわからない幽霊の方が
救いがあります。

でも現実に身勝手で人を傷つける人間がいる。

そういう人間の心理を知っておくことは
わたしたち自身の身を守るためにも
無駄ではないことだと思っています。

もちろん彼らに言わせれば
「おまえ等にオレの何がわかるというんだ!」
としか思わないでしょうが、
彼らのためではなく、わたしはわたし自身や
わたしの周囲の大切な人たちを守るために
知ろうとしてしまいます。



久しぶりにアニメを観ていて
恐怖を感じていました。

アニメ「いぬやしき」
第4話「鮫島」


を観ました。

全身に入れ墨をまとった
極悪非道な暴力団員、鮫島。

彼は気に入った女性を見つけると拉致し、
薬漬けにした上で乱暴するということを
繰り返していました。

弁当屋で働くふみのは背は小柄な美人で、
恋人の悟ちゃんからのプロポーズを受け、
幸せな日々を思い描いていた。

そんなふみのに目をつける鮫島。

ある晩、ふみのは鮫島の手下たちによって
拉致されてしまいます。

ふみのは何とか鮫島の元から逃げ出して、
悟の家に逃げ込むのですが、
そこに鮫島たちが押し入ってきます。

ふみのを守ろうと泣きながら立ちはだかる
悟の首に鮫島が手をかけたとき、
仲間たちが何者かに吹き飛ばされます。

部屋に入ってきたのは老人のような犬屋敷。

犬屋敷は手下たちを全員殴り倒し
鮫島に掴みかかります。

その力に恐れおののいた鮫島は
たまらず犬屋敷の頭に銃弾を撃ち込み、
犬屋敷は昏倒してしまうのでした・・・。



「犬屋敷さん!早く来てくれ〜!」
視聴者のわたしが、ヒーローの登場を
待ちわびていました。

「やっときた!待ってました〜!!」
って・・・(笑)

ヒーローものの典型的な見せ方を
やってくれたわけですね。

さて鮫島さん、
さんざん身勝手をやっておいて、
それを阻む者が出てくると怒るんですね。

しかも鮫島さん、目は血眼になっていました。
血走って充血して凄い目になっていましたよ。

サイコパスといって著しく
人の痛みがわからない人というのがいる
みたいな学説的な言われ方もありますが
そういうのとはこの鮫島さんのような人たちは
ちょっと違いますよね。

わたしもエンターテインメントや
書物の中でしか知りませんが
サイコパスのような人は淡々と冷静な
イメージがあります。

なんだか自分の命にも執着しそうにない。
最近観た「BORDER」の「衝動」や「贖罪」に
出てくるような殺人犯みたいなのが
まさにそういう類ですかね。

でもこの鮫島のような人はもっと人間くさい。
怒りや憎しみやらもう鬱屈も憎悪も
暴力衝動も性的欲求もなんもかんも
一緒くたにごった煮にして
収集がつかなくなっている感じ。

激情ですよね。冷静とは真逆。

ただどっちにしても許せないわけです。

ひねくれてねじくれ曲がろうが
自分の命にすら執着しなかろうが
それはその当人の勝手ですが
それで人を巻き込むなという部分が
わからない人たち。

わたしが知ろうとするのは
「その気持ちわかる」という知りたいではなく
そういう人間がいる、
そういう人間の心の動きもある、
という事実を知っておきたいということです。

わたしたちは自分はまともだと思って
日々を暮らしていますが
いつ何時、鮫島のようになってしまうか
わかりません。

想像を絶する境遇がそうさせないとは
限りませんよね。

ちょっと読みかじったところによると
どうやらサイコパスというのは
先天的な部分が多いようですが
それでも現代社会は後天的に
それを生み出す要素は存分にはらんでいると
わたしは思っています。

正直、激情でも冷淡でもどっちでもいい。
とにかくその身勝手に人の人生を
めちゃくちゃにしてしますボーダーラインを
超えてしまう輩たち。

その種類は多くなってきているのですから
今を幸せに生きるにも、
未来の幸せにつなぐためにも
その現実から目をそらすのは危険ですよね。


       全ての物語のために










posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。