お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2019年06月30日

アニメ『ワンパンマン (第二期) #22 正義の包囲網』人生再構築第一世代?肩書きやレッテルより本質を!

カフェや自分の部屋でもスマホですぐ見れます♪

ワンパンマンは無料で視聴できます
詳しくは
▼ ▽ ▼
クリック!

「ワンパンマン」の無料視聴はこちら

リンクをクリックするとすぐに視聴できます。

U-NEXTだと31日間無料で見放題です♪
かなりお得なのでぜひ利用してみてください。
------------------------------------------------------------------------
本ページの情報は2019年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。
------------------------------------------------------------------------




わたしは昭和50年、1975年生まれです。

阿部政権はわたしたちの世代に
またもや新たな世代名をつけてくれました。

「人生再構築第一世代」

(笑)

なんかカッコよく言ってくれてます。

あてにしてないので笑っていられますが
実際はこのカッコよさに鼓舞されて
頑張るのはいい事ですが
ただ、振り回されてもいけません。

自分の視点を持って俯瞰しながら
自分の置かれている状況を観て
時代の流れを読みながら
自分の進むべき方向を考えていかないと
いけませんよね。

政府の発表はいつも「いまさら」感が
否めません。

わたしは大学卒業前から20年考えながらも
結局ふるいOSを書き換えることに
まだ成功しきっていないので
いまもがいていますが、
少なくとも老後の貯蓄が2000万必要だと言われて
「そうなんだ」とは思いません。

どんなふうにみんなが健康でいれば
2000万円でたりるんでしょうか?

まだまだ、年金や子どもたちに面倒を
診てもらえるような「常識」的な感覚が
残っているから出てくる楽観的な試算だな
と感じてしまいます。

ですから、
わたしたちの世代が人生の再構築を
余儀なくされているのは事実です。

それは、もうバブルがはじけた時点で
分かりきっていた事。

何となくカッコよく「第一世代」
なんて言っちゃってくれていますが
実際には最初で最後の世代です。

自分たちが先陣切ってやってやろう!

なんて鼓舞されている場合じゃありません。

若い世代はとっくに始めていて
すでに本質を掴んで成功している人たちは
沢山いますからね。

むしろ、そこからわたしたちのほうが
学ばなければならない。

人が作り上げる肩書に振り回されず
本質を観ていればわかることです。

ロスジェネ=ロストジェネレーション

という言われ方の方がまだ
本質を突いてくれていたように思えます。

無理やり耳触りのよさそうな
変な価値をつけずにあるがままを
表現した言葉でしたから。

もちろん、わたしたちの古いOSを
押し付けられている子どもたちも
未だにいるので、
そこを危惧しての「第一世代」なのでしょうけれど。

なんだかんだ言ってもわたしたちが
これまで社会人になる前から
刷り込まれてきた社会人としての常識は
時代に全く合っていない。

根本的な価値観の転換が
鈍い国の政府ですら声を大にして言い出さないと
いけないくらい深刻なレベルで
今ここにある危機に
なってきちゃったということですよね。



クライマックスに向かっている感がイマイチですが
原作を知っているので安心して見ています。

アニメ『ワンパンマン (第二期)』
第22話「正義の包囲網」


を観ました。

「怪人協会」からヒーロー協会へのメッセージ。

それはヒーローたちへの挑戦状でした。

人質となったワガンマ救出の猶予は3日。

ヒーロー協会は怪人たちとの全面対決の
準備に取りかかります。

そんな中、S級ヒーローのメタルナイトは
作戦協力の要請を拒否します。

その頃、A級ヒーローのデスガトリングは
負傷したガロウの隠れ家を見つけ
A級の8人の実力派たちを集めて
包囲していました。

ところが、包囲される直前、
付近で遊んでいた子供たちのいいなりになった
タレオがガロウの隠れ家である小屋に
入り込んでしまっていて・・・

ワンパンマンは無料で視聴できます
詳しくは
▼ ▽ ▼
クリック!

「ワンパンマン」の無料視聴はこちら

リンクをクリックするとすぐに視聴できます。

U-NEXTだと31日間無料で見放題です♪
かなりお得なのでぜひ利用してみてください。
------------------------------------------------------------------------
本ページの情報は2019年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。
------------------------------------------------------------------------



サイタマ氏は前回、強くなりすぎて
感情が無くなってしまって刺激がない…

みたいなことを言っていましたよね。

今回は、その話を聞いていたキングと
サイタマがテレビゲームをしています。

感情がなくて無感動どころか
ムキになりすぎてブチ切れるほどの
大興奮をしていました(笑)

逆に普通の人間であるわたしたちの方が
羨ましくなるほど一生懸命に
ゲームに夢中になっていましたよ。

この変化のテンポがいいですね〜

こうやってポンポン視点を変化させて
ギャグなんだけど本質的な事が
表現されている。

おの手腕はONEさんならではですよね〜。


さて、視点の違いで言えば
今シーズンのテーマ的存在であるガロウです。

「正義は必ず勝つ」

ということでヒーローが必ず勝つことに
一方的な理不尽さを感じていた少年期が
以前チラッと描かれたことがありましたね。

現実には「正義」というのは
みんなの中にあって

「正義」VS「正義」

となってしまうからこそ戦争がなくなりません。

夫婦ゲンカも同じです。

ガロウはそれを象徴しているキャラですよね。

人間でありながら「俺は怪人だ」
と言っている。

『僕のヒーローアカデミア』では
ヒーロー殺しステインというカリスマ的悪が
出てきます。

ヒーローが公的に認められた職業となった世界。

就職先としてのヒーロー事務所。

そういう仕組みになってしまうと
ヒーローの本質を見失った偽物がはびこる。

そんなヒーロー飽和社会の目を覚まさせる。

そういう思想犯でした。

ヒーロー殺しステインは自覚して
「粛清」としてヒーローを殺していました。

言っていることは正しくても
選んだ手段が「悪」

人を殺めるわけですからね。

そのことをステインも
自覚しているんじゃないでしょうか?

ガロウは持っている役どころしては
このヒーロー殺しステインに
とても近いものがあります。

正義やヒーローの本質的な理解の前に
ヒーローが職業家されている社会。

そんな社会の常識に対して

「正義」ってなんだよ?
「ヒーロー」ってなんだよ?

というのを問いかける役割。

でも…ステインと違うのは
ガロウの場合は駄々をこねる子どもようです。

思想犯になりうる可能性があるけど
まだ、社会に駄々をこねて暴れている。

どうやら設定上も10代らしいですからね。

今回のお話ではタレオを守ろうとする
ガロウが描かれました。

傷だらけでA級ヒーロー達に囲まれた小屋。

ハッキリ言って深い傷を負っている今は
回復を待たなければ不利。

それは分かっていたはずなのに
自分が出ていかないとA級ヒーローたちは
容赦なく小屋ごと攻撃してくるでしょう。

そうなるとタレオが危険です。

ガロウは不利を承知でヒーローたちの前に
身をさらしました。

「出ていくから、小屋は攻撃しないでくれ」

と。

理由については強がって見せていますが
タレオを巻き込まないための配慮であることは
一目瞭然です。

ガロウとタレオの関係は
これまでも不思議なくらい自然と
仲のイイ「お兄ちゃん」と「弟」
みたいな関係性を醸し出していました。

今回のお話でも
小屋に入ってきたのがタレオだと分かり
ガロウは彼の事情を聞きます。

友達に無理やり小屋にいる人を
追い出してこいと言われて断れずに
やってきたらガロウがいた…

そんなタレオに「強くなれ」と諭しますからね。
また、傷が言えたら言われなくても出ていくから
心配するな…なんてことも言っています。

どう考えてもタダの近所のいいお兄ちゃんです。

自分のことを「おじさん」と呼ぶタレオに
「おじさんじゃねぇって」と返すのは
もう、いつもの2人の挨拶みたいになっています。

まさに近所のお兄ちゃんとガキんちょの
いい関係です。

こういう2人のやり取りを観ていて
小屋に子どもを匿っていることを知らずに
悪人だと決めつけて一方的に
数人でフクロ叩きにしようとしているヒーロー達。

一体、どっちがヒーローらしい?

という構図が出来上がっていますよね。

このガロウが『ヒロアカ』の
ヒーロー殺しステインのカリスマ的な
凄味とは違う部分はここにありますね。

まだ若くて本人が無自覚に発展途上
という点です。

それでいて自分を悪だと思い込んでいる。

この辺りが非常に興味深いキャラクターです。

興味深いけどガロウという
一人の青年の人生のことを考えると
とても危なっかしいですよね。

根はいいヤツなのに、
本物のヒーローになれる素質を持っているのに
本人が無自覚な上に思い込みも激しく
見えている世界が狭いだけに
まだまだ本当に悪に染まってしまう可能性もある。

そんなガロウが何を手に入れたら
より強くなれるのか?

これはわたしたちが
古いOSをインストールされていることに
気づき切れていないときと
全く同じことが言えるのではないでしょうか?


ガロウの現状、わたしたちの現状を打破する。

そのために必要なことは…

『無知の知』です。


わたしたちは自分が知らないということを
知っておく必要があります。

そこからスタートして学んでいく。

自分の視点を自分の世界の外へ
飛び出させてまずは「知る」こと。

価値観はそこからしか変わりません。

新しいOSをインストールするのは
本当に難しい事です。

少なくともわたしは20年もがいて来ました。

もうすでにこれまでのペースではダメだと思い
さらなるペースで意識改革を始めています。

政府や社会のせいにする前に
自分をサバイブできる自分に改革していきましょう!



            全ての物語のために

カフェや自分の部屋でもスマホですぐ見れます♪

ワンパンマンは無料で視聴できます
詳しくは
▼ ▽ ▼
クリック!

「ワンパンマン」の無料視聴はこちら

リンクをクリックするとすぐに視聴できます。

U-NEXTだと31日間無料で見放題です♪
かなりお得なのでぜひ利用してみてください。
------------------------------------------------------------------------
本ページの情報は2019年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。
------------------------------------------------------------------------























posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月29日

アニメ『MIX(ミックス) #12 なめてませんか』大切な家族だからこそ距離感が大切

カフェや自分の部屋でもスマホですぐ見れます♪

MIX(ミックス)は無料で視聴できます
詳しくは
▼ ▽ ▼
クリック!

「MIX(ミックス)」の無料視聴はこちら

リンクをクリックするとすぐに視聴できます。

U-NEXTだと31日間無料で見放題です♪
かなりお得なのでぜひ利用してみてください。
------------------------------------------------------------------------
本ページの情報は2019年6月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT
サイトにてご確認ください。
------------------------------------------------------------------------




遠慮なく何でも言い合える相手・・・
だったら遠慮なく罵倒し合って
傷つけ合っていいのか?

自分のこうあるべきという条件で
相手を断罪して攻撃して嫌って
突き飛ばして、突き放していいのか?

嫌いじゃない、愛しているから言うんだと
無闇に自分の正しさをぶつけていいのか?

家族関係も友人関係も
壁を作らないのが良い関係と言って
土足でぶつかり合うのが正解だと言って
譲らない人がいますが
それは、それだけ親しい人なら
その人を尊重しなくても良い
ということではありません。

共感をして相手の気持ちを自分のことのように
感じて上げられるのは素晴らしいですが
自分と同一視して良いと言うことではないんです。

親しい人、近しい人だからこそ
この距離が分からなくなっている人が
とても多い。

もっと余裕を持って水臭くなく
助け合って甘え合いたいからこそ
自己同一視、母子一体感ではなく
離別感を持って相手を受け入れる

そういう距離感が求められるんですよね。


いよいよ次回から第2クール・・・
おそらく第一期の後半戦ということになるのでしょう。
連載漫画の進み具合から言って
シーズン2が観れるのは果たして何年後か!?
気が遠くなる!

アニメ『MIX(ミックス)』
第12話「なめてませんか」


を観ました。

梅雨。
勢南のエース・西村拓味は屋内練習場で素振り中。
監督でもある父親の西村勇が、
投馬がいれば久しぶりに
明青学園との対戦が実現するかも
という話をします。

しかし拓味は相変わらず、
甲子園出場への最大のライバルは
東秀の三田だけだと思っている様子。

投馬と駒は、偶然音美のクラスメイト、
赤井遼の家の前を通りかかります。

そこには、赤井を見舞いにきた
三田亜里沙が立っていました。

投馬と駒は2階の窓から顔を出す
風邪を引いた様子の遼の姿を直前に見ていました。

亜里沙は見舞いの花を持って佇んでいます。

ちょうどそこに、野球道具を持った赤井遼の兄、
智仁が帰ってきます。

横暴な態度で
「弟はいない。ただのずる休みだ」
と亜里沙を冷たく追い払おうとします。

見かねた投馬と駒が割って入りますが、
赤井兄は相変わらず。

亜里沙は、あきらめて帰って行きます。

その騒動の後、投馬と駒は
赤井兄が健丈高校の野球部だと気付きます。

かつて明青学園と甲子園出場を争った
元・須見工が名を変えた健丈高校。

彼らもまた明青学園と同じく
長いあいだ低迷していました。

しかし、今年は一年生を中心に強力打線を組み、
復活の兆しを見せていました。

その頃、ヨシコの家を訪れていた音美は、
ヨシコの母親から、音美の実の父・澤井圭一が
元明青学園野球部で
凄いピッチャーだったことを聞かされます。

走一郎にその話をすると、
走一郎はすでに知っていました。

ラーメン・ドラゴンのマスターから
すでに聞いていたのです。

ちょうどそのときドラゴンで飲んでいた大山監督は、
マスターと澤井圭一の話で盛り上がっています。

翌日、大山監督は、走一郎に
父親の意思をついでエースを目指してみないか?
と尋ねました。

しかし走一郎は・・・。

MIX(ミックス)は無料で視聴できます
詳しくは
▼ ▽ ▼
クリック!

「MIX(ミックス)」の無料視聴はこちら

リンクをクリックするとすぐに視聴できます。

U-NEXTだと31日間無料で見放題です♪
かなりお得なのでぜひ利用してみてください。
------------------------------------------------------------------------
本ページの情報は2019年6月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT
サイトにてご確認ください。
------------------------------------------------------------------------



いよいよ来週から甲子園出場を競う
地区大会が始まるようですね。

実はわたし野球はまったく分かりません!
ついでにサッカーも詳しくありません。

そんなスポーツ音痴のわたしでも
あだち充さんの「タッチ」や「ナイン」は
一生懸命読んでいたんですよね〜

「タッチ」は野球を知らないわたしでも
試合の行方を手に汗握って読んでいました。

アニメもそうでした。

子供のころは「巨人の星」や「侍ジャイアンツ」を
一生懸命観ていました。

そういえば、石橋貴明さんが出演した
ハリウッド映画「メジャーリーグ」や
「フィールド・オブ・ドリームス」
「オールド・ルーキー」などなど
映画にも野球もので一生懸命観た名作がありますね。

次回からのお話、楽しめればいいな〜


さて今回のお話ですが、
ほんの1シーンだけ二階堂親子が出てきました。

投馬たちが中等部の野球部にいたころに
二階堂がエースをやっていて
投馬と走一郎のバッテリーが活躍できませんでした。

二階堂の父が大きな会社の社長で監督の友達。
野球部に多大なる援助をしてくれていて
監督は友達の期待を裏切れない・・・

しかしある時、二階堂はケガで野球を諦めることになり・・・

そんなエピソードがありました。

その二階堂親子です。

梅雨の時期、そろそろ始まる地区大会。
二階堂父は毎年恒例なのでしょう
「そろそろだ」とわくわくして言ってしまいます。

言ってしまって息子が隣にいたことに
はっとなり誤魔化すような態度をとりました。

不器用な親子の気の使い合い。

相変わらず直接てきな言葉ではなく
雰囲気で2人の気持ちを伝えてくる作品。

良い距離感だなと思いました。

二階堂息子(大輔)も
父の気持ちを察して誤魔化しているのが分かります。

普通のドラマやアニメだと
もっとあからさまに謝ったり落ち込んだり
不機嫌になってぶつけ合ったりしても
おかしくありません。

でもそうはならないのがあだち充作品です。

基本的になれ合ったりもたれ掛かったり
そういった甘えた関係にはならないんですね。

親子でも兄弟でもお互いに一線を引いて
人と人としての距離をちゃんと保っている。

突き放しているのとは違いますよ。

いつもお互いを気遣い合う。

変な意味の遠慮をし合っているのとも違います。

突き放すわけではなく近くにいるけど
近づきすぎもしない。

手を伸ばせば触れ合える距離で
見守り合っている人たち。

それがこの作品の世界観ですよね。

人の気持ちが自分のことのように感じられることは
とても大切な感覚なのですが、
問題なのは、自分と相手を一体化してしまうこととの
境界線の難しさなんですよね。

書いているわたしもとても苦労しますが
それでも全ての悩みは人間関係の悩みだと
言われるように、

この難しさを意識してバランスをとり続けることを
心がければいろいろな悩みから
自分の力で解放されていくでしょう。

本当の心の強さも間違いなく
育っていきます。


             全ての物語のために

カフェや自分の部屋でもスマホですぐ見れます♪

MIX(ミックス)は無料で視聴できます
詳しくは
▼ ▽ ▼
クリック!

「MIX(ミックス)」の無料視聴はこちら

リンクをクリックするとすぐに視聴できます。

U-NEXTだと31日間無料で見放題です♪
かなりお得なのでぜひ利用してみてください。
------------------------------------------------------------------------
本ページの情報は2019年6月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT
サイトにてご確認ください。
------------------------------------------------------------------------

























posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月28日

ドラマ『ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜 特別編〜旅立ち〜』使えない奴と言われたら

カフェや自分の部屋でもスマホですぐ見れます♪
ラジエーションハウス.JPG
ラジエーションハウスは無料で視聴できます
詳しくは
▼ ▽ ▼
クリック!

「ラジエーションハウス」の無料視聴はこちら

リンクをクリックするとすぐに視聴できます。

FODでは1ヵ月間無料キャンペーン中♪独占配信もあり、
月9大好きな人にはかなりお得なのでぜひ利用してみてください。



「こいつ、使えねぇな〜」

なんて視線を向けられて

「使えない人」のレッテルを貼られる。

頑張っているのに頑張りが足りないとか
結局怠けている、甘えている
なんて言われて苦しんでいる人は
頑張る場所を変えて良いと思います。

ぶっちゃけ言うと
そんなところからは逃げ出した方がいい。

特質上できないことを出きるように努力するより
ほかに持っている自分の得意なことを
どう活かすかに焦点をあてて仕事を選ぶ。

そういう努力をしたほうが
絶対に幸せになれるでしょう。

わたし自身そういう視線を受けることが
日常茶飯事でした。

今でもたまにあります。

確かにのんびりした性格も相まって
トロいのでいろいろな場面で迷惑をかけたり・・・

逆に迷惑をかけないためには
「邪魔しないようにあっちにいっとけ」的な
扱いを受けることもよくありました。

そんなわたしが最初に就いた仕事が
テレビカメラのアシスタントでしたから
まあ大変でした。

先を読んで人の空気を読んで
事前にテキパキ・・・

そんなのわたしに出来るわけがない。

こんな風に言ってしまうと
努力が足りないガマンが足りない逃げている
もっと辛抱しなきゃ

といろいろな言葉が投げかけられます。

それは、根性なしを忌み嫌う罵声から
わたしを思っての叱咤激励まで様々。

怖いやら有り難いやらでパニックです。

過去を思い返して冷静にひとりで
文章にしているからこうやって
言葉で説明できていますが、
同じことが起これば、今でもパニックになったわたしは
なにも言えず、どんな表情をしていいのかもわからず、
結果外から見ると

「なにを考えているのか分からないでくのぼう」

にしか見えないと思います。

発達障害グレーゾーン

正直ショッキングな言葉ではありましたが
「常識」からははみ出した特性・・・「個性」で
どうしても「常識」の話の中には入れない人はいる。

でも、狭い常識に縛られず
広い心や知識で見守ってくれる環境があれば
個性として受け入れられ
もっている得意な部分を生かして
役には立てるんですよね。

わたしは電話相談の仕事ではプロとして
胸を張れるレベルになりましたし
アシスタントではなくアシスタントを必要としない
ブライダルの映像カメラマンとしても
10年以上活躍できています。

「使えない人」その認識、
常識という捉え方の世界観の狭さ
これは実は才能殺しだし
人の尊厳を踏みにじるせまいせまい了見です。

発達障害グレーゾーンという言葉は
本当にショッキングですが、
実際にここに当たる人たちは
世間からは今でも

「それを言い訳にしている」
「結局は甘えでしょ」

なんて言われて苦しんでいたります。

そんな世の中でも自分の得意を生かして
自分の居場所を確立できている人たちも
たくさんいますから

世間の生にしたり世間に甘えすぎたりするのは
違うのも当然の話ですが
こういう人たちに吹く逆風はそれぞれに
大変なものであるくらいの想像はしたいですね。



番組入れ替え時期はHDDの整理に冷や汗状態。
パナソニックのDEGAを買って以来の
わたしの四季折々の楽しみの一つにもなりました。

ドラマ『ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜』
「特別編〜旅立ち〜」


を観ました。

唯織(窪田正孝)は、杏(本田翼)と
“新しい約束”をしました。

その約束を胸に、アメリカ行きの飛行機に乗ります。

機内である写真を見ている唯織。

不意に後ろから「いい写真だね」
と声をかけられます。

振り返ると、唯織が甘春総合病院に着任して
すぐに担当した元患者で写真家の
菊島亨(イッセー尾形)でした。

菊島は、サンフランシスコ経由でアラスカに向かい、
流星群を撮影する予定だと言います。

そのころ、甘春総合病院には、
高校球児の平山良平(前田旺志郎)が
診察の為に訪れていました。

右ヒジの痛みを訴える良平の
レントゲン検査を始める小野寺(遠藤憲一)。

一方、軒下(浜野謙太)は、良平が
有名な高校生投手だと気づいて
むりやり裕乃(広瀬アリス)にサインを
もらわせようと企みます。

唯織や菊島乗る旅客機では
外国人男性客が突然苦しみ出します。

アナウンスで医療関係者を探す
CAの鶴田夏葉(須藤理彩)たち。

唯織が声を上げる直前に、
乗り合わせていた東和医大の内科医、
黒川守(中島歩)が男性の元へと駆け寄りました。

発作を起こしていて黒川の質問にも
まともに返事できない男性。

その様子を遠目に観察していた唯織も駆けより
男性の腹部に発赤があることに気づき・・・。

ラジエーションハウスは無料で視聴できます
詳しくは
▼ ▽ ▼
クリック!

「ラジエーションハウス」の無料視聴はこちら


リンクをクリックするとすぐに視聴できます。

FODでは1ヵ月間無料キャンペーン中♪独占配信もあり、
月9大好きな人にはかなりお得なのでぜひ利用してみてください。


最終回の翌週にもうスペシャルドラマ?
と思える不思議な放送でした。

内容は総集編的な回想を交えながらの新作・・・
といった感じでしたね。

スペシャルドラマとしてはもの足りませんが
総集編としてはかなり贅沢な作り・・・
といった感じ。

春シーズンドラマで第1話から最後まで
パーフェクトで観れた唯一のドラマでした。

本編の今までのエピソードを振り替えれるような
状況を新作ドラマの中に上手に作り出しました。

機内で起きる乗客の発作もそうですが
機長のエピソードも。

そして甘春総合病院へやってきた球児、
良平のエピソードも。

それがただ総集編を引き出すための
無理矢理なオマケパートではなくて
彼らのドラマはそれぞれに
感情移入できる一つのドラマとなっていました。

新作パートだけで編集しても
ちゃんと1話分にはなるんじゃないかな?
というボリュームのお話。

わたしのライブラリーにはここまで入れて
一本のディスクに収めました。


唯織は普通のコミュニケーションに難がありますが
放射線技師としての腕は天才的です。
本当は医師としてもかなりのもの。

そんなが子供の頃に幼なじみの杏ちゃんと
約束したとおり、技師として杏の前に現れたとき、
杏は・・・覚えていませんでした!

というところから始まったこのドラマ。

杏が子供の頃の記憶を思い出すところで
クライマックスになるのかな〜
でも原作漫画はまだ連載中みたいだし・・・

なんて思いながら見守っていましたが
ついに杏が昔を思い出すことなく
最終回を迎えましたね。

だからこそ、新しい約束を交わしたとき
唯織の「約束、忘れないでくださいね」のセリフは
とても良い重みのあるセリフになりました。

でも、唯織は笑顔で爽やかに言いましたよね。

この唯織はとても優しいですよね。
そして、とても優しい視点によって
生み出されたキャラクターなんだろうな
と思っています。

伊織が杏に「あの時の僕だよ」と
思い出させようとしないのは
杏が過去の記憶に蓋をした理由を
知ってしまったからでした。

ボクのことを思い出すと、杏ちゃんは
つらい記憶も一緒に思い出しちゃうかもしれない。

そんな思いがあるのでしょう。

杏には父親のことだったり
跡取り娘としての気負いだったり
とにかくがむしゃらに頑張っている時期ですから
昔のことを思い出してもらうよりも
今、一生懸命な彼女を応援したい。

唯織の本音でしょう。

彼はそんな思いをひとり胸に秘め
ずっとやってきました。

しかもコミュニケーションが苦手ですから
周囲を誤解させっぱなしです。

しかもその誤解を解こうともしない。

前シーズンのドラマ、
「僕らは奇跡でできている」
の主人公、一輝(高橋一生)と同じものを感じます。

今回のエピソードでも、
旅客機に乗り合わせた東和医大の黒川が
はじめは敵意のようなものを見せますが
最後には唯織を認めていました。

こういう部分の描かれ方が
作っている人たちの唯織への優しい視点、
優しく見守るような視点を感じられるんですよね。

わたしたち人間の能力は
人それぞれですよね。

分布図をグラフにしたら
グラデーションになっていて
もっとも現代社会に適した能力の総合力を
中心に人が密集している部分があり
中心から離れていくに従って
密集度は薄くなるのだと思います。

で、どこかで線を引かれて
その中が「常識」
その外が「使えない人」

さらに極端に外側に行くと自閉症などの
診断を受けるような人たちがいる。

その手間には発達障害など
いろいろとショッキングな名前を付けられる
人たちもいるのですが、
常識の輪にも医療の線引きで○○傷害にも
入らない人たちもいるわけです。

そもそも線引きできない世界で線を引くわけですから
そりゃあそうですよね。

自分を知る。

それは成長しないとか向上心を持たない
という意味ではありません。

成長をするにも自分が今どうか
という地点に立つのは必要なことです。

だから「使えない」などというレッテルを
張られて苦しんでいる人は

本当に自分がやりたいこと・・・
本当に自分が幸せになれること・・・
やっていて苦にならないこと、楽しいことを
仕事にできるような思考の転換をして欲しいと
心から願っています。


             全ての物語のために

カフェや自分の部屋でもスマホですぐ見れます♪
ラジエーションハウス.JPG
ラジエーションハウスは無料で視聴できます
詳しくは
▼ ▽ ▼
クリック!

「ラジエーションハウス」の無料視聴はこちら

リンクをクリックするとすぐに視聴できます。

FODでは1ヵ月間無料キャンペーン中♪独占配信もあり、
月9大好きな人にはかなりお得なのでぜひ利用してみてください。
















posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月27日

アニメ『どろろ #24(最終話) どろろと百鬼丸』やる気のイメージが正しくないとやる気をもてません

カフェや自分の部屋でもスマホですぐ見れます♪

どろろは無料で視聴できます
詳しくは
▼ ▽ ▼
クリック!

「どろろ」の無料視聴はこちら

リンク、または画像をクリックするとすぐに視聴できます。

Amazon Primeでは30日間無料で見放題です♪
アマゾンでショッピングするならかなりおススメのプランです。


やる気が出ないとかやる気満々
という言い方をしますよね。

やる気ってどんなモノだとイメージしてますか?

今回考えてみたいのは
そもそも、「やる気」というものに対する
イメージが間違っていませんか?

ということです。

ちょっと自分自身に問いかけてみて欲しいです。
やる気があるときってどんな気分でしょうか?

もし今イメージした気持ちが
「戦意」やそれに近い感覚だったら
そりゃあ、長続きする訳ないです。

そして、それをやる気にしてしまうと
幸せにはなれない気がします。

本当のやる気、幸せに生きていくための
やる気というのはそういうモノではないと
思うのです。

もっと静かなもの、「戦意」を持って
向かってくるような相手でさえ
その「戦意」を殺がれるような穏やかさと強さ
戦意喪失させるような在り方・・・

そういう雰囲気を生み出す力、心持ち。

そういったものの源にあるのが
本当のやる気であり、
幸せで在り続ける努力を生み出すもの
なのではないでしょうか?



きっちり24話でお話をまとめ上げてくれましたね。
作品としてとてもまとまりがあり、
そして芸術品とも言えるくらいエモーショナルな
物語であり映像作品でした。

アニメ『どろろ』
第二十四話「どろろと百鬼丸」
(最終回)


を観ました。

炎に包まれる醍醐の城。

百鬼丸と多宝丸はその中で
激しい死闘を繰り広げていました。

血を分けた兄弟、憎み合う理由もない2人。

どろろはなんとか百鬼丸のもとへ
駆けつけたいのですが
城への通路は全て炎でふさがれていました。

琵琶丸を見つけたどろろ。

琵琶丸は縫の方を彼女が言う抜け道に
通すために彼女を井戸に降ろしていました。

また寿海も百鬼丸に対して、
やりのこしたことがあるようで
城にのぼっていました。

鬼神の眼を宿した多宝丸・・・
彼の中に百鬼丸は自分と同じモノを感じ・・・

どろろは無料で視聴できます
詳しくは
▼ ▽ ▼
クリック!

「どろろ」の無料視聴はこちら

リンクをクリックするとすぐに視聴できます。

Amazon Primeでは30日間無料で見放題です♪
かなりお得なのでぜひ利用してみてください。


終わってしまった〜!
終わってしまった〜!!
終わっちゃいました〜!!!

さ〜び〜し〜い〜!!!!

こんな気持ちになるとは思っていませんでした。

なんでそうね?
この歳で、どろろと百鬼丸と一緒に
旅をしていたような気持ちになっていたのでしょうか?

恥ずかしいですが本音です。

ここ数年、息子の成長に合わせてというのと
このブログのこともあり
ドラマやアニメをよく観るようになりました。

必然的にたくさんの最終回を
観てきたことになるのですが
こんな気持ちになる作品は珍しいです。

彼らが失ったもの、得たもの
それらを糧にまたステキな未来を
つかんで欲しいと願ってしまいますね。

百鬼丸を初めとした
醍醐家の面々・・・縫の方、多宝丸、
そして景光。

彼らの感情を想像できるほど
追いつけなかったです。

じっくり考えていかないといけませんね。

縫の方はまあ分からなくはないですが
多宝丸、景光は・・・

どんな感情を受け止めていたのか?
特に景光は正気を保っていられるのでしょうか?

でも、百鬼丸の心持ちは
わたしたちには一考に値するものですよね。

百鬼丸が多宝丸に向けた思い。
百鬼丸が景光に向けた思い。

それはまさに彼らの戦意を喪失させるものでした。

特にまだ若い多宝丸はそうでしょう。
彼の性根によってはあるいは
そんなことは無かったかもしれませんが
でも多宝丸はもともと
悪い子ではありませんでしたからね。

父である醍醐が兄である百鬼丸にしたこと。
そのむごさを最初に本能的に
「ひどい」と感じていたのですから。

景光は大人です。

最後に百鬼丸と景光とのシーンがあります。

景光は百鬼丸をあおるようなことを言います。
なにも考えずに聞いていると

「お前はまだそんなことを言っているのか?」
「いい加減目を覚ませよ」

みたいに思ってしまいそうですが
あれはもうすでに
百鬼丸に自分を討たせるための
方便だったのかもしれません。

方便でなかったにせよ方便であったにせよ
どっちの感情をああやって高ぶらせるには
「戦意」が必要です。

方便でなかったのなら
「俺はまだまだ負けん!この先も
鬼神に魂を売ってでも国を繁栄させるぞ!
天下をとるぞ!」
と・・・ストレートな戦意ですよね。

方便だったのなら
景光は相変わらずだと思わせる
自分を憎ませる、
自分を悪役にして我が子に斬られよう
それは自分自身との戦い・・・闘いですね。
それもある種の戦意と言って良いでしょう。

わたしたちが「やる気」をイメージするとき
「よ〜し!やるぞ〜!」
と気持ちをたかぶらせるもの・・・

こういった種類の気分だと思いがちです。

それはつまり「戦意」

でも、戦意喪失という言葉があります。
それはやる気を失うということなのでしょうか?

気をそがれる・・・という言い方をしますよね。
それはやる気をなくしちゃうということなのかな?

百鬼丸は多宝丸の戦意を喪失させました。
でも多宝丸は今まで得られなかった
心の安らぎを得たはずです。

百鬼丸は景光の戦意をそぎました。
景光がそれで幸せになったか?

さあ、それはご自身で観て彼らの心を
想像してみてください。

わたしは彼の命がこの先どうなっていようが
少なくとも鬼や悪魔ではなく
人間としての心に立ち返ったからこその
あの苦しみだったように見えました。

どちらに対してもそのときの百鬼丸には
「戦意」はありませんでした。

でもやる気がなかったとは絶対に言えない。

戦意的な気分をやる気というのなら
むしろやる気を越えるもだったでしょう。

これからを生きていこうとするのなら
きっと百鬼丸はより人間らしい豊かな感情を
感じながら生きていくのでしょうが
それは荒ぶるような激しさではなくて
もっと穏やかな方向へ向かっていくはずです。

それはやる気がないなんて言えない
むしろ鼻息荒いやる気なんかよりも
静かに着実に一歩一歩前進する
そんな生命力や気力を感じます。

多宝丸や景光の戦意を喪失させたのは
そんな百鬼丸の気分ですよね。

そちらの「気」の方が強いでしょ?

そちらの「気」の方が
「やる気」という称号にふさわしいと思いませんか?


            全ての物語のために

カフェや自分の部屋でもスマホですぐ見れます♪

どろろは無料で視聴できます
詳しくは
▼ ▽ ▼
クリック!

「どろろ」の無料視聴はこちら

リンク、または画像をクリックするとすぐに視聴できます。

Amazon Primeでは30日間無料で見放題です♪
アマゾンでショッピングするならかなりおススメのプランです。
















posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月26日

『ザ・ファブル』幸せになるために最初に手放すモノ【無料情報アリ】

ザ・ファブル 無料
ザファブルcast.JPG
原作漫画が無料で読めました!「まんが王国」凄い…
>>「ザ・ファブル」原作はこちらで無料試し読みできます
「ファブル」と検索するとすぐに読めます。
7/4までは3巻までまるまる無料試し読みできます!!贅沢!


怒りという感情は
本当に幸せを遠ざける感情だなと
つくづく思います。

怒りは動物としての自己防衛本能ですから
そのものを否定はしません。

それがなければ人間は
生存できなかったわけですから・・・

でも、それは危険が降りかかったとき、
危険を回避するための瞬発力を
引き出すための道具としての感情ですから
それに溺れていいことはありません。

ずっとフンフン鼻息荒く
起こり続けている状態が
一番穏やかで感謝できて心地良い・・・

なんてことはないですよね。

淡々と心を落ち着けて、感じるものの
彩り豊かなこと・・・

怒りの感情では絶対に感じ取れないものです。

嵐に激しく波打つ水面に木の葉が
落ちたところで飲み込まれて終わりですが、
しんと静まり返った湖の水面に
ひらひらと一枚の葉が落ちると
水の上に乗り、静かにキレイな波紋を
広げていきます。

わたしたちが普通に平和に暮らしたいと願うのは
そういう感性で「普通」の中にある彩り深い
幸せを感じ取りたいからじゃないですかね?



やはり映画館で映画を観れるというのは
わたしにとってはとても大切な喜びです。
映画が始まる前から感動してました(笑)

『ザ・ファブル』

を観てきました。

天才的な殺しの腕をもつ殺し屋、
裏社会ではファブル(岡田准一)と呼ばれ
都市伝説と化していました。

そんなファブルが、ボス(佐藤浩市)から
「殺し屋を1年間休業し、
大阪で一般人として普通の生活を送る」
というミッションを命じられます。

「その間、1人でも殺したら俺がお前たちを殺す」
という条件までつけたボスは、
ファブルと相棒の女性(木村文乃)に
佐藤アキラ、佐藤ヨウコという偽名の
身分証明書を渡しました。

2人は兄妹ということになっていました。

一般社会、普通の生活に溶け込む・・・

プロとして溶け込むことを
決めたファブルたちでしたが
大阪で彼らを客人として迎え入れ
住む部屋を用意したのはヤクザの真黒組。

2人の素性をボスから聞いて知っているのは
会長と若頭だけとは言え
2人の周りには騒動の気配が・・・

原作漫画が無料で読めました!「まんが王国」凄い…
>>「ザ・ファブル」原作はこちらで無料試し読みできます
「ファブル」で検索するとすぐに読めます。
7/4までは3巻までまるまる無料試し読みできます!!贅沢!




面白かったです。

正直に言うと、ちょっと期待していた感じとは
違ったんですけどね。

もっと、軽快なアップテンポの
アクションコメディかと思っていました。

一応アクションコメディではありましたが
ちょっとオフビート感がありました。

それもそのはずですね。

テーマが実はとてもキレイなテーマ・・・
下手をすると「綺麗事」とか言われて
一笑に付させるようなテーマを
真面目に扱っているので
そこを軽くではなくきちんと伝えるには
こういうテイストになるのかな。

前半はけっこうじっくりと状況を積み上げていきます。

ネットで3巻まで無料で原作を読めたので
(>>まんが王国で「ザファブル」と検索するとすぐ読めます)
漫画と比べると、それでもかなり詰め込んで
ポイントだけをぽんぽん追っている感じに
なっているのが分かります。

漫画は1話ごとに佐藤兄妹が
「普通」に生きようとする様子が
丁寧に描かれていました。

漫画のテーマを実写映画1本で
テイストを崩すことなく伝えようとして
それに成功しているのがよくわかりました。

出ている役者さんたちが
同じみの役者さんたちばかりなので
漫画よりもずっと多くの人が
受け入れやすいのは間違いないと思います。


さてファブル=アキラくん

岡田准一さんが演じると良い人感が拭えませんが、
漫画では顔は結構怖いです。

そもそも漫画全体のキャラクターのトーンが
一般の平和な人たちでさえ怖い感じの
目つきで描かれていますけどね。

それでもアキラはとてつもない素直さをもった
青年であることがわかります。

「プロとして」

彼の口癖です。それこそプロとしてのこだわり。

だから、プロの殺し屋が一般社会に潜る
ということに対するプロ意識も高いわけです。

完璧に普通にならないといけない。
それを実直にやっていこうとするんですね。

映画の予告編を観たときは
とても面白い設定だと思ったので
そのアイディアでおもしろおかしく
乗り切る映画なのかな・・・

と思っていましたがそれは舐めてましたね。
ごめんなさい。

原作ではボスに普通に生きるミッションを与えられ
大阪に向かう2人が高速道路の途中の
パーキングエリアで車上荒らしと揉める
エピソードが描かれます。

そのエピソードの最後にアキラが言います
「このミッションは思っていた以上に難しいのかも」

普通に生きることの大切さや難しさ
そこにこそ必要な強さみたいなものを
今からじっくり映画いていきますよ〜
みたいな作者の宣戦布告みたいな

そんな象徴的なシーンですね。

映画では真黒組の若頭が
アキラを追いつめるくだりが複線になって
ボスの再登場やエンディングまで・・・
つまり映画全体を通してそれを伝えようとしています。

そこで気づくのがアキラの感情の起伏です。

終始落ち着いているんですね。
一つだけ、大好きなお笑いタレントにだけは
我を忘れて爆笑する。

それ以外は感情が乱れない。

特に、怒りの感情は一切出しません。

そんなアキラがお笑いを観ての爆笑でもなく
怒りなどではもちろんなく
静か〜に、でもものすご〜く!
楽しそうにあることをやるシーンがあります。

ここはある意味作品のテーマ上の
クライマックスと言ってもいいのかもしれません。

アキラがもっと血気盛んでキレやすく
怒りで暴れ回るキャラだったら
感じ取れないもの・・・

わたしたちが今、幸せを感じられていないのなら
まずは怒りを手放すこと。

否定じゃないですよ。
本能だし必要な道具だけれど。
必要なときに必要な分だけ正しい使い方をする。

それ以外の時は握りしめずに
手は離して斜め後ろにでも置いておけばいいんです。

そういえばアキラが静かに楽しそうにしているシーンは
ある意味繊細なシーンで感情的にはスルーしたり
ただ笑いのシーンとして受け取る人も
いるかもしれないシーンですが、

子供の頃のシーンでアキラの感受性の豊かさを
表しているわかりやすいシーンも
ちゃんと描かれています。

見終えてから振り返ってみると
とても周到に丁寧に作られた作品だったなと
改めて思えますね。

漫画とあわせて、「幸せ」に必要な心を考えるのに
とてもオススメな作品です。

ー追伸ー
お父さんたちにはボスと若頭の
父性に心打たれる映画かもしれませんね。


               全ての物語のために

ザ・ファブル 無料
ザファブルcast.JPG
原作漫画が無料で読めました!「まんが王国」凄い…
>>「ザ・ファブル」原作はこちらで無料試し読みできます
「ファブル」と検索するとすぐに読めます。
7/4までは3巻までまるまる無料試し読みできます!!贅沢!














posted by ストーリーセラピスト at 08:58| Comment(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする