お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2019年05月18日

ドラマ「わたし、定時で帰ります。 #5」遅れて感じる被害者の実感

カフェや自分の部屋でもスマホですぐ見れます♪
わたし、定時で帰ります。.JPG
わたし、定時で帰ります。は無料で視聴できます
詳しくは
▼ ▽ ▼
クリック!

「わたし、定時で帰ります。」の無料視聴はこちら

リンクをクリックするとすぐに視聴できます。

Paravi(パラビ)は30日間無料で見放題です♪
最新ドラマを配信で観たい方には、独占見放題が多く
かなりメリットが多いのでぜひ利用してみてください。



カツアゲに合いました。

15歳、中学の時の話です。

自転車で駅前のビデオレンタル店へ行ったとき
出口で高校生と思われる不良2人に捕まり
裏手へ連れて行かれてお金を取られました。

ちょっといいか?

と知らないお兄さんたちに呼ばれて
別に手を引っ張られるわけでもないのに・・・

財布も取り出されるわけではなく
「見せて」と言われただけなのに

まったく逆らえず言われるがまま。

ちょっと・・・と呼ばれた時点で
「え?なんで?なにこれ?おかしくない?」
と心の中では危険信号がついて
完全に感じているのに

拒否して逃げるという非日常の反応ができない。

自転車で20分くらいかけて帰宅し
自宅で母の顔を見たときに
初めて涙があふれ出てきました。

母が「怖かったねぇ。悔しかったねぇ」と
抱きしめてくれてやっと認めることができて
救われました。

非日常、他社からのいわれのない精神的な暴力。

そういうのって起きているそのときは
被害を受けている本人には
なかなか「これは被害だ」と認識できないってこと
あるんですよね。

日常の延長でこっそりと起こるから・・・



「ラジエーションハウス」動揺に録画されていたら
迷わず再生しちゃう作品!

ドラマ「わたし、定時で帰ります。」
第5話


を観ました。

制作4部のメンバーたちは
取引先のランダー社から緊急の要件と
呼び出されました。

ランダー社は担当が少し入れ替わっていました。
これまでいた部長がいなくなり
若い草加が新しく加わっていました。

さらに先日OKがでたはずの20周年サイトの
デザインに「ピンとこない」と言われ、
困り果てる結衣(吉高由里子)たち。

「桜宮さん(清水くるみ)に任せておけば問題なし!」
と笑顔で言う中西(大澄賢也)たち。

その場の全員が桜宮との間になにかあるのか…
と首を傾げます。

後日、吾妻(柄本時生)に呼び出された結衣。

吾妻と一緒にランダー社の草加がいて、
中西らと一緒に露出の多いユニフォームを着て
ランニングをする桜宮の動画を見せられます。

草加の話を聞いた結衣は
「殴り込み上等」と
ランダーとの打ち合わせに挑むことに・・・

わたし、定時で帰ります。は無料で視聴できます
詳しくは
▼ ▽ ▼
クリック!

「わたし、定時で帰ります。」の無料視聴はこちら

リンクをクリックするとすぐに視聴できます。

Paravi(パラビ)は30日間無料で見放題です♪
最新ドラマを配信で観たい方には、独占見放題が多く
かなりメリットが多いのでぜひ利用してみてください。


結構くい気味で見入ってしまいました。

けっこうリアルで見応えがありましたね。

セクハラ、モラハラは受け取る方がそう思ったら・・・

なんて基準はちょっと難しすぎないか?
という意見もありますが
今回描かれていることはまさに
被害者本人が声を上げてくれないと
表に出にくい例でした。

草加が結衣にはなして、
結衣が上司に報告して、
被害者であるはずの桜宮とも話して・・・

それぞれの反応もリアルでした。

いざ、その状況に直面したとき
被害者本人はなかなかそのことを
受け入れられないことがあります。

え?これおかしくない?

おかしな事って日常の延長で
起こるので起きているそのときは
「え?」と思っても流されちゃうことが
多いんですよね。

自分の気持ちもそのときに傷ついているんですが
傷ついていることにも気づけない。

先日観た「クリーピー 偽りの隣人」も
そうでした。

映画の中ではものすごく恐ろしい事が
起きているのにそのときは
意識できずに流されてしまいます。

ことが終わってからやっと
心底恐ろしさを感じていたのだ・・・
という叫び声をあげる。

今回のお話でも後になって気持ちが発露する・・・

というシーンが描かれました。

「NO」と言えない日本

なんて本もあったんですかね?
アレは国としての外交の問題を指している
タイトルなのでしょうが、

日本人は人の悪意に対する耐性というか
感覚が研ぎ澄まされていない・・・

というのはあると思います。

前回の記事では基本的には善意で
受け取りましょうみたいなことは書きました。

でも、警戒をしなくていいということではありません。

常に他者を疑えとはいいません。

警戒というのはそういうことではなくて
「ん?コレおかしいぞ?」
と感じる感覚を鈍らせないための警戒と
そう感じたときに、なすがままではなく
拒否したり逃げたり助けを求める
という事ができるように・・・

という意味での警戒は特に
わすれちゃいけないでしょう。

わたしも自信はありませんが、
それでも大人になってからは
幾度かは変だなという感覚に従って
やんわりとその場でお断りできた経験もあります。

また、周囲で実はあの人、声を上げられずにいる
という人がいたら、
その人自身も恐怖や悔しさ、情けなさを
受け止めきれずにいるかもしれません。

後でその人がその感情を認識したときに
寄り添って支えてあげて欲しいと思います。

今回の結衣はナイスでした!


           全ての物語のために

カフェや自分の部屋でもスマホですぐ見れます♪
わたし、定時で帰ります。.JPG
わたし、定時で帰ります。は無料で視聴できます
詳しくは
▼ ▽ ▼
クリック!

「わたし、定時で帰ります。」の無料視聴はこちら

リンクをクリックするとすぐに視聴できます。

Paravi(パラビ)は30日間無料で見放題です♪
最新ドラマを配信で観たい方には、独占見放題が多く
かなりメリットが多いのでぜひ利用してみてください。









posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。