お知らせ 2019年10月1日からこのブログ
「あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】」は
https://storytherapy.net/
へ移行します。

こちらのseesaa版は、これまでの記事のアーカイブとして残します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2019年05月15日

ドラマ「インハンド #5」感情の奴隷になるな

カフェや自分の部屋でもスマホですぐ見れます♪
インハンド.JPG
インハンドは無料で視聴できます
詳しくは
▼ ▽ ▼
クリック!

「インハンド」の無料視聴はこちら

リンクをクリックするとすぐに視聴できます。

Paravi(パラビ)は30日間無料で見放題です♪
最新ドラマを配信で観たい方には、独占見放題が多く
かなりメリットが多いのでぜひ利用してみてください。



壁に穴をあけたことがあります。

マンションの部屋の壁。

むしゃくしゃしてる時に蹴ったら、
軽〜く穴があいちゃいました。

賃貸マンションですからね。
箇所によってはもともと薄いんですよね。

あっけなく穴が開いて青ざめました。

ムカムカしてたのがスカッとどころか
激しく血の気が引いてしまいました。

帰宅した妻に怒られて
お小遣いで補修代を支払ったのは
言うまでもありません…


むしゃくしゃして暴れた勢いで
大切なものを壊してしまったことありませんか?

モノじゃなくて、相手が人の場合もありますよね。

ケンカで心ないことを言ってしまい
変な溝が出来てしまったことはありませんか?

そんな溝、欲しかったわけじゃないのに。

感情に流されるとロクなことはありません。
これはわたしの経験上からも言える本心です。

でもそれは、感情を否定しているわけではありません。



動画配信サービスのおかげで
いろいろ見れるようになったのはいいけど
時間管理もさらなる課題ですね…
2話飛ばしましたが、コレはちゃんと見てますよ!

ドラマ「インハンド」
第5話

を観ました。

紐倉(山下智久)は、幻肢痛に苦しんでいました。

ないはずの右手が痛むのです。
脳が、右手がなくなったことを受け入れていない…

5年前に亡くなった元助手、
入谷(松下優也)との辛い記憶。

それが幻肢痛の発作条件とのこと…

そんな紐倉の様子を見かねた高家(濱田岳)は
心理カウンセリングなどの治療を勧めますが、
そんな高家に、紐倉は「出ていけ!」と怒鳴ります。

高家が来てから幻肢痛がひどくなったと…。

研究所を出てカプセルホテルに泊まる高家に
牧野(菜々緒)はあるネット記事を見せます。

『危険な実験をしていた日本人科学者Hとは?』
『助手が謎の自殺!』

それが紐倉のことではと心配する牧野。

サイエンス・メディカル対策室では、
紐倉にアドバイザーを依頼する話があり
牧野も紐倉の潔白を証明したいと思っているのです。

牧野は、フューチャージーンという科学技術会社の
CEO、福山和成(時任三郎)の情報を高家に伝えます。

紐倉の大学時代の恩師であり、彼が勤めていた
CDC(アメリカ疫病予防管理センター)での
上司でも上司でもあった福山なら…。

インハンドは無料で視聴できます
詳しくは
▼ ▽ ▼
クリック!

「インハンド」の無料視聴はこちら

リンクをクリックするとすぐに視聴できます。

Paravi(パラビ)は30日間無料で見放題です♪
最新ドラマを配信で観たい方には、独占見放題が多く
かなりメリットが多いのでぜひ利用してみてください。


前半戦のクライマックスでしょうか?

紐倉の右腕と苦悩の秘密が明らかになりました。

そして、元助手、入谷と高家の共通点も
見えてきましたね。

ちょっと感動的な感じで…

紐倉自身は『感情の奴隷になるな』とよくいいます。

そして高家によく言う『中途半端な正義感』
という言葉。

どちらも入谷に言っていた言葉でした。

入谷も高家のように情に流されやすいヤツ…
つまり、いいヤツだったようですね。

『感情の奴隷になるな』…

感情を捨てろとか
冷酷になれということではありませんよね。

感情を否定しているわけではない。

……と信じたいですが、
「面倒だな…人間の感情は…」なんて
紐倉が言っていた回もありましたね。

こういうセリフを聞くと、紐倉自身は
感情がやっかいなものだと思っているのは
伝わっていきます。

やっかいだからこそ、ソイツに支配されるな…
…ということなのでしょう。

紐倉が感情は面倒だと言った時、
彼自身の中に芽生えた感情を指して
言っていました。

これはつまり、自分を客観的に観察できている
ということです。

冷静さを失っていない。
感情に支配されていない。
感情の奴隷にはなっていないということです。

その上で、その感情にも沿った行動を
ちゃんと選んでいましたよね。

冷静に考えて、感情も大切にして決断した。

逆に…今回のお話の冒頭で
高家に「出ていけ!」と怒鳴った紐倉はどうでしょう?

あれは、感情の奴隷になっていましたね。

感情の奴隷になる…

わたしも何度も経験がありますが
感情の奴隷になると大切にしているはずのこと
大切な人を結果的に傷つけることが多いです。

そして本来自分が望んでいる状態を
遠ざけてしまします。

怒りにかられて暴言を吐く…
落ち込んで自暴自棄になる…
寂しくて人やモノにすがる…
高揚して調子に乗り周りが見えなくなる…

マイナスの感情だろうが
プラスの感情だろうが同じことです。

感情に支配されるということは
自分を見失うということ。

自分を見失うと更なる悲劇を自ら生み出してしまう。

幸福感は喜びや感謝という感情から来ます。

そういった感情をしっかりと受け止め
味わうためにも、
そういった感情に溺れて支配されるのではなく
そういう感覚をできるだけ多く味わえるような
自分であり続けるために

感情に支配されず、自分で自分を整える。

紐倉は、その大切さをわかっているのでしょう。

人間ですから完璧じゃないですけどね…。

それでいいんだと思います。


            全ての物語のために

カフェや自分の部屋でもスマホですぐ見れます♪
インハンド.JPG
インハンドは無料で視聴できます
詳しくは
▼ ▽ ▼
クリック!

「インハンド」の無料視聴はこちら

リンクをクリックするとすぐに視聴できます。

Paravi(パラビ)は30日間無料で見放題です♪
最新ドラマを配信で観たい方には、独占見放題が多く
かなりメリットが多いのでぜひ利用してみてください。












posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。