2017年09月08日

アニメ「宇宙戦艦ヤマト2199 #22 向かうべき星」感動という感情から見えてくるもの



ローマのコロシアムで古来行われていた拳闘などは、
本当の殺し合いだったのでしょうか?

世界各国で、はるか昔は
そういう試合を観て観衆が沸き立つという光景が
実際に合ったようですね。

日本でもそういうことはあったのでしょう。

歴史上の事実としてそういうことを知ると、
人間って残忍なんだな…という思いがもたげて
胸を苦しめます。

現在も格闘技の試合を観ていると
わたしたちは興奮します。

しかし、彼らがスポーツマンシップにのっとり
正々堂々と戦ったあとにお互いを讃え合う姿を見ると
興奮は感動へと変わります。

歴史を観ても領土争いや政権争いで
殺し合うのが“当たり前”だった時代から
わたしたちは手を取り合って生きていけることを
学んできています。

これは人間としての知性の成長ということでしょうが
魂のレベルでは平和を望んでいたから
このような流れになり、お互いを讃え合う姿に
感動するんですよね。




「エヴァンゲリオン」など、
現在のロボットアニメに大きな影響を与えた
分岐点が「機動戦士ガンダム」なら
そのガンダムなど、日本のSFアニメに大きな
影響を与えたのが「宇宙戦艦ヤマト」でした。
それを素晴らしいクオリティで蘇らせた

アニメ「宇宙戦艦ヤマト2199」
第22話「向かうべき星」


を観ました。

ヤマトが向かっている目的地。

希望の星イスカンダル。

しかしそこは、敵であるガミラスと
二連惑星を形成する双子星でした。

目的地宙域は同時に
適地でもあるのでした。

戦術長、古代には南部から
ガミラスへ立ち寄り森雪を救出する作戦安が
提出されていましたが、作戦は却下。

沖田は総員第一種戦闘配置のまま
イスカンダルへ向け
最後の大ワープを命じます。

しかし、そんなヤマトを待ち構えていたのは・・・



どんどんクライマックスに向かっていく
盛り上がりを見せています。

毎週ではなくまとめて見れるのは良いですね。

この一つ前の話でガミラスの捕虜収容所がある
惑星にヤマトが立ち寄ったことで、
ガミラスの女性兵士メルダ・ディッツが
再びヤマトに登場することになりました。

この第22話では地球人の女性パイロット、山本玲と
イスカンダルの女王の妹、ユリーシャ・イスカンダルと
ガミラスの女性パイロット、メルダ・ディッツが
3人でパフェを食べるというほのぼのとしたシーンが
描かれました。

既にクライマックスに入っていますから
緊張感のあるシーンが続く中で
緩急をつけるための緩いシーンということなのでしょうが
こういうシーンでわたしは涙がにじんでしまいます。

確かこの1〜2話前だったと思いますが、
そこではガミラスの銀河方面作戦司令長官
ドメルとヤマトの沖田艦長とが
命がけで戦った男同士
お互いを讃え合う心の交流も描かれました。

また、ガミラス帝星には2等ガミラスと言われる
他の星々から吸収された民族の人たちもいます。
純潔のガミラス星人は肌が青く
2等以下の民は肌の色で区別されているようです。

2等以下のガミラス人の軍人も命を懸けて
任務を遂行する。
ヤマトに潜り込んで命を落としたガミラス兵を
同じく戦いの中で命を落とした地球人と等しく
とむらうシーンも描かれています。

わたしが幼少のころ一生懸命観ていた
旧シリーズでは、古代進とガミラスの総統デスラーの
友情も描かれていました。

どのシーンも緩急どちらの側で描かれるとしても
感動的なシーンです。

観ている方が感動してしまう。
こういうことに感動してしまえる日本人がもしかしたら
“甘ちゃん”みたいな言われ方をしてしまうという
側面も現実にはあるのでしょう。

でも、やはり魂が求めているから感動する。

夢見がちなロマンチストなのかもしれませんが、
これはハリウッド映画でもどの国の作品でも
やはり感動的なシーンとして描かれます。

仲の悪い人間同士が次第に友情を深めていく
バディムービーの定型は
ハリウッド作品でも王道ですもんね。

興奮は自分を困難に立ち向かわせるために
奮起させる手段としては良いとは思いますが
目的にするのはどうも違うようです。

しかし、感動はそこを注意深く観察すると
魂の底からわたしたちみんなが求めている
人類の願いにたどり着ける。

わたしたちが目指す目標にすることができる。
その手がかりになる感情ですよね。



         全ての物語のために









posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする