2017年04月06日

「ビリギャル」その4 本当に頭のいい大人になる方法



物語は装置。道具。

人間が生み出した、危険ではあるけれども
それだけにやはりとんでもないパワーを
もっている大発明。

だと思いますね。つくづく。

わたしたちに気づきを促し
大人になるためのチャンスを示し、

オベンキョウだけができてバカな人
・・・にはならず、
学力には関係のない本当の意味での大人。

本当の意味での頭の良さを引き出してくれる
そんな装置でもあるわけですから。



1月期のドラマやアニメが終わっていったこと
よりも、2クール以上続く「弱虫ペダル」の
オープニング、エンディングのテーマ曲が
変わったことの方がより新しい季節を
感じてしまいました。桜よりペダル。

「ビリギャル」

ひとまず今回はここまで

偏差値30から慶応大学を目指し始めた
さやかちゃんは、
小学校レベルのドリルから初めて
英語も一からやり直し、
歴史はマンガで覚えて、
学力を伸ばしていきます。

しかし、模試を受けても
慶応大学が合格圏に入ってきません。

伸び悩みの時期。

受験までそんなに時間があるわけでも
ありません。

もういいや、慶応じゃなくても。

ここで目標を下げると
どんどん楽な方へ流されちゃうよ。

という坪田先生に

「先生みたいに、いつも前向きではいられない!」

なんて言い捨てて、
塾も出て行ってしまったり。

自分だけではなく、家では
父と弟がいざこざを起こしていたり・・・

そんなこんながありつつも
さやかは乗り越えていよいよ受験直前。

塾に通う最後の日に
「先生への卒業式」といって
卒業証書の代わりに手紙を渡しました。

さやかが出て行ってから、
坪田先生は手紙を読みます。



もちろん先生への感謝の手紙。

その中でさやかは自分のことを
客観的に書いていました。

尊敬できる大人なんていなかった。
先生みたいな大人は初めてだった。

「でも自分にはなにもない、
それは分かっていました。
反抗することで傷つけられまいと
していたのかもしれません」

聖徳太子を「せいとく たこ」さんという
太った女性だと思っていたほど
常識レベルで学力を持っていなかった
さやかでも、自分を見つめる目はもてた。

本当の意味での頭の良さは
この視点を持ち、そこから見えてくる自分を
受け止める力があるかどうか。

ですよね。

大人に反抗するのは、自分が正しくて
大人が間違っていたから・・・ではなく、
自分が傷つけされないように守っていた。

このブログでもよく書きますが
怒りは自己防衛本能。

さやかは坪田先生と一緒に
慶応受験に挑んできたこの時期に
自分で自分を振り返りそのことに
気づいたんですね。

昨日の記事では常識離れに知能の高い天才
・・・であるだろうfacebookの創業者
マーク・ザッカーバーグを描いた
「ソーシャル・ネットワーク」という映画を
取り上げました。

この映画の冒頭、彼がまだ成長できない
感情にまかせて女性にひどいことをしてしまう
頭の回転が異常に早い嫌な奴の頃、
それでも彼はハーバード大学の学生でした。

でもさやかは偏差値30から始めたギャル。
慶応大学というそれなりの大学に行けるほど
勉強をしましたが、
さやかがこの手紙を書いているのは
まだ、受験前。つまり高校生です。

でも、その時点で、すでに
「ソーシャル・ネットワーク」の冒頭の
ハーバードの学生である大天才よりも
大人ですよね。

「お勉強だけできるバカな人」
「本当の意味での頭の良さ」

なんて、言い方があります。

成長前のハーバード学生と
成長後の学年ビリだった女子高生。

この対比、とても良い例ですね。

どちらも実在の人物と実話を元に描かれた
エンターテインメントです。

実在のご本人のインタビューなどをみると、
どちらも映画で描かれたような
わかりやすいデフォルメされたキャラではなく
現実を生きている良識のある大人であることが
わかります。

でもだからこそ、エンターテインメントで
わかりやすく浮き彫りにしてくれる方が
わたしたちが自分と向き合うときに
考えを整理しやすいんですね。

テーマが絞られているから。

現実のわたしたちもさまざまな要素が
複雑に絡み合って構成されています。

そんな自分の中にある、ある一部分と
向き合うためには、自分の心のなかに分け入って
ソイツを見つけてあげないといけないわけです。

映画を観て、ドラマを観て、アニメを観て、
小説を読んで、マンガを読んで、

「あ〜わかるわかる」
「自分にもこういうところあるな〜」

と思えたら、かくれんぼしている自分の
一部分を見つけて、
向き合う手がかりになりますよね。

映画が好き、ドラマが好き、
アニメが好き、マンガが好き、
小説が好き、お芝居が好き・・・

それはつまりわたしたちが頭がいい
ってことでしょ?

お勉強ができるできないに関わらず。

(笑)自画自賛?


          全ての物語のために












タグ:ビリギャル その4 本当に頭のいい大人になる方法 物語は装置 道具 危険ではあるけれど とんでもないパワーを もっている大発明 気づきを促し 大人になるためのチャンスを示し オベンキョウだけができてバカな人 学力には関係のない本当の意味での大人 本当の意味での頭の良さを引き出して 弱虫ペダル オープニング エンディング テーマ曲 桜よりペダル 偏差値30から慶応大学 先生への感謝の手紙 尊敬できる大人なんていなかった 先生みたいな大人は初めてだった 自分にはなにもない 反抗することで傷つけられまいと 自分を見つめる目 この視点を持ち 受け止める力 怒りは自己防衛本能 Facebook マーク・ザッカーバーグ ソーシャル・ネットワーク 頭の回転が異常に早い嫌な奴の頃 ハーバード大学の学生 偏差値30から始めたギャル 慶応大学 高校生 ハーバードの学生である大天才よりも 大人です 成長前のハーバード学生 成長後の学年ビリだった女子高生 どちらも実在の人物と実話を元に描かれた エンターテインメント 実在のご本人のインタビュー わかりやすいデフォルメされたキャラ 現実を生きている良識のある大人 エンターテインメント わかりやすく浮き彫りにしてくれる 映画 ドラマ アニメ 小説 マンガ
posted by ストーリーセラピスト at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリーセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする